メインメニューを開く

フジサンケイレディスクラシックは、産経新聞フジテレビなどで構成するフジサンケイグループ主催の日本のゴルフトーナメント

Golf pictogram.svgフジサンケイレディスクラシック
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1982年
開催地 静岡県
開催コース 川奈ホテルゴルフコース 富士コース
基準打数 Par71(2019年[1][注 1]
ヤーデージ 6376yards(2019年[1]
主催 株式会社フジテレビジョン
株式会社産業経済新聞社
株式会社文化放送
株式会社ニッポン放送
株式会社ビーエスフジ
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 8000万円(2019年)[1]
開催月 4月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -14 日本の旗 佐伯三貴2013年
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
大韓民国の旗 申智愛(2019年)[1]
テンプレートを表示
第24回フジサンケイレディスクラシック 1番ホール 岡本綾子のテイーショット(2005年4月23日撮影)
15番ホール ティーグラウンド(2005年4月23日撮影)
二日目のスコアーボード(2005年4月23日撮影)

目次

概要編集

本大会は1982年にスタートした。

長年にわたり2004年まで9月に山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部で行われていたが、男子の「フジサンケイクラシック」と入れ替える形で2005年から開催時期を4月(ゴールデンウィーク)に変更し、会場も静岡県伊東市川奈ホテルゴルフコース 富士コースに変更された。

2019年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円[1]

補足編集

  • 優勝賞品にはSUBARU車(2013年まではアウディ車)が贈られる。
  • 17番ホールでは「ホールインワン賞」として賞金100万円×出なかった年数分(キャリーオーバー旭化成提供 2012年より)が贈られる。
    • 2013年大会では最終日には下川めぐみがホールインワンを達成した(当時800万円)。
  • 表彰式でのプレゼンターはフジテレビの男性アナウンサーが担当している(フジサンケイクラシックでは女性アナウンサーが担当)。

歴代優勝者編集

開催回 開催期間 優勝者 スコア 開催コース
第1回 1982年8月13日15日   小林洋子 -8 ファイブハンドレッドクラブ
第2回 1983年8月19日21日   大迫たつ子 -8
第3回 1984年8月17日〜19日   高村博美 -8
第4回 1985年8月16日18日   涂阿玉 -9
第5回 1986年8月15日〜17日   日蔭温子 -7
第6回 1987年9月4日〜6日   シンディ・ラリック -3
第7回 1988年9月2日〜4日   安井純子 -9
第8回 1989年9月1日〜3日   中島恵利華 -2
第9回 1990年8月31日〜9月2日   平瀬真由美 -8
第10回 1991年9月6日〜8日   寺沢範美 -6
第11回 1992年9月4日〜6日   岡本綾子 -9
第12回 1993年9月3日〜5日   シェリー・ヒギンズ -2
第13回 1994年9月2日〜4日   黄玥珡 -6
第14回 1995年9月1日〜3日   安井純子 -4
第15回 1996年8月30日〜9月1日   岡本綾子 -6 富士桜カントリー倶楽部
第16回 1997年9月5日〜7日   高村亜紀 -2
第17回 1998年9月4日〜6日   石原端子 EVEN
第18回 1999年9月3日〜5日   米山みどり -6
第19回 2000年9月1日〜3日   平瀬真由美 -8
第20回 2001年8月31日〜9月2日   島袋美幸 +1
第21回 2002年9月6日〜8日   具玉姫 -7
第22回 2003年9月5日〜7日   塩谷育代 -11
第23回 2004年9月3日〜5日   藤井かすみ -5 富士レイクサイドカントリー倶楽部
第24回 2005年4月22日24日 -3 川奈ホテルゴルフコース富士コース
第25回 2006年4月21日23日   大山志保 -1
第26回 2007年4月20日22日   佐伯三貴 -6
第27回 2008年4月25日27日   上原彩子 -8
第28回 2009年4月24日〜26日[注 2]   タミー・ダーディン -7
第29回 2010年4月23日〜25日   服部真夕 -7
第30回 2011年4月22日〜24日   金田久美子 -5
第31回 2012年4月20日〜22日   大江香織 -9
第32回 2013年4月26日〜28日   佐伯三貴 -14
第33回 2014年4月25日〜27日   フェービー・ヤオ -9
第34回 2015年4月24日~26日   藤田光里 -7
第35回 2016年4月22日〜24日   大山志保[2] -11
第36回 2017年4月21日〜23日   吉田弓美子[3] -12
第37回 2018年4月20日〜22日   永峰咲希[4] -10
第38回 2019年4月26日〜28日   申智愛[1] -8

テレビ中継編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2017年まではPar72で施行。
  2. ^ 2日目がサスペンデッド、最終日が強風のため中止。36ホール競技に短縮。賞金ランキング加算額も75%に減額された。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 申ジエ史上3位タイ7打差大逆転V レコードで2勝 - 日刊スポーツ、2019年4月28日配信、同日閲覧
  2. ^ 大山が通算17勝目 フジサンケイ・レディース最終日 - スポニチアネックス、2016年4月24日掲載、同日閲覧
  3. ^ 吉田弓美子が2シーズンぶり6勝目 3位タイに松森姉妹 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年4月23日閲覧
  4. ^ 永峰咲希が初優勝 菊地絵理香とのプレーオフ制す - 日刊スポーツ、2018年4月22日配信 同日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集