メインメニューを開く
フスタフ・ワッペルス

フスタフ・ワッペルス(Gustaf Wappers、本名:Egide Charles Gustave, Baron Wappers、1803年8月23日 - 1874年12月6日)はベルギーの画家である。作品にはフラマン語風のスタイルのGustaf Wappersとサインした。

略歴編集

アントウェルペンで生まれた。アントウェルペン王立芸術学院でファン・ブレー(Mathieu Ignace van Brée) や Guillaume Jacques Herreynsに学んだ後、パリに出て、ルーブルの巨匠たちの作品を模写して修行した。ヤーコブ・ヨルダーンスピーテル・パウル・ルーベンスに最も影響を受けたとされる。

1830年に27歳となったワッペルスは八十年戦争におけるライデン包囲戦を描いた歴史画を描き認められた。ブリュッセルの宮廷に招かれ、1832年にはアントウェルペン王立芸術学院の教授に任じられた。1835年にベルリー独立革命(1830年)を題材にした歴史画が評判となり、ベルギー王レオポルド1世の宮廷画家に任じられた。ファン・ブレーが没した後、アントウェルペン王立芸術学院の校長となった。1844年に男爵の称号を得た。

作品編集

参考文献編集

  • Wappers, Gustave. In: Meyers Konversations-Lexikon. 4. Auflage. Band 16, Verlag des Bibliographischen Instituts, Leipzig/Wien 1885–1892, S. 387–387.