フセヴォロド・グレボヴィチ

フセヴォロド・グレボヴィチロシア語: Всеволод Глебович、? - 1207年)は、リャザン公グレプの子である。プロンスク公:? - 1186年、1188年 - 1207年。コロムナ公:1186年 - 1188年。

フセヴォロド・グレボヴィチ
Всеволод Глебович
プロンスク公
コロムナ公
Всеволод Глебович Пронский.png
フセヴォロドの死
在位 プロンスク公:? - 1186年1188年 - 1207年
コロムナ公:1186年 - 1188年

死去 1207年
子女 ミハイル
家名 リューリク家
父親 リャザン公グレプ
母親 エヴフロシニヤ・ロスチスラヴナ
テンプレートを表示

生涯編集

フセヴォロドは1180年に、ウラジーミル大公フセヴォロドの支援を受け、兄弟のウラジーミルと共に、兄のリャザン公ロマン(ru)イーゴリを攻撃した。その後、弟のスヴャトスラフ(ru)と共にプロンスク公国を統治した。1186年、兄弟のロマン、イーゴリ、ウラジーミルは同盟を結び、プロンスクを包囲した。都市は降伏を余儀なくされ、スヴャトスラフはロマンらに従属した。フセヴォロドは2年の間コロムナに拠ったが、ウラジーミルのプロンスク統治期において、その支援を受けてプロンスク公に復位した。

子にはプロンスク公位を継承したミハイルがいる。

参考文献編集

先代
ウラジーミル・グレボヴィチ
プロンスク公
? - 1186年
1188年 - 1207年
次代
ミハイル・フセヴォロドヴィチ