メインメニューを開く

概要編集

英国海軍サミュエル・フッド提督にちなんでウィリアム・ロバート・ブロートンが命名した。日本人や日系人の間ではオレゴン富士とも呼ばれる。

山体上部へのアクセスが非常に容易であるため、夏は登山客、冬はスキー客で込み合う[2]。カスケード山脈の中では、最も人気の高いリゾート地域である[2]

山体は安山岩質溶岩と火山砕屑物から成り[2]、火口の中央部には、200-300年前の噴火によって生じた幅300-400m、高さ170m程度の溶岩ドームが形成されている[2]

伝承編集

歴史編集

国有林としての歴史は古く、まず1892年にブルラン森林保護区(Bull Run Forest Reserve)として指定された。1908年にカスケード国有林(Cascade National Forest)の一部と合併しオレゴン国有林(Oregon National Forest)となった。1924年にマウント・フッド国有林(Mount Hood National Forest)と改名された[3]

1906年にはフッド山鉄道英語版が開業し、2018年現在もフッド山を望む観光鉄道として営業している。

1952年の映画『怒りの河』(Bend of the River)は一部マウント・フッド国有林で撮影された[4]

1984年から1996年までフジテレビ系で放映されたテレビドラマ「オレゴンから愛」はセントラル・オレゴンを舞台としており、フッド山の映像がオープニングや作中で用いられた。

2010年にアメリカ・ザ・ビューティフル25セント硬貨に採用されている。

スキー場編集

2009年現在、下記の6施設がある。中でもティンバーラインスキー場は年間を通してスキーを楽しめる北米唯一のスキー場である。

  • ティンバーラインスキー場
  • マウントフッドメドウススキー場
  • スキーボウルスキー場
  • クーパースパースキー場
  • スノウバニースキー場
  • サミットスキー場


脚注編集

  1. ^ Hood - Smithsonian Institution: Global Volcanism Program
  2. ^ a b c d 山田孝、米国アラスカ, カスケード山脈の火山 『砂防学会誌』 1995年 48巻 4号 p.49-57, doi:10.11475/sabo1973.48.4_49
  3. ^ Davis, Richard C. (September 29, 2005) (pdf). National Forests of the United States. The Forest History Society. http://www.foresthistory.org/ASPNET/Places/National%20Forests%20of%20the%20U.S.pdf. 
  4. ^ Maddrey, Joseph (2016). The Quick, the Dead and the Revived: The Many Lives of the Western Film. McFarland. Page 184. 9781476625492.

関連項目編集

外部リンク編集