フューネラル (映画)

フューネラル』(原題:The Funeral)は、1996年制作のアメリカ合衆国クライム映画アベル・フェラーラ監督。マフィアの三兄弟がたどる血の宿命の悲劇を描く。タイトルの意味は「葬儀」。第53回ヴェネツィア国際映画祭助演賞受賞(クリス・ペン[3]

フューネラル
The Funeral
監督 アベル・フェラーラ
脚本 ニコラス・セント・ジョン
製作 メアリー・ケイン
製作総指揮 マイケル・チャンバース
パトリック・パンツァレッラ
出演者 クリストファー・ウォーケン
クリス・ペン
ヴィンセント・ギャロ
ベニチオ・デル・トロ
音楽 ジョー・デリア
撮影 ケン・ケルシュ
編集 ビル・パンコウ
メイン・ロー
配給 日本の旗 ギャガヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月1日
日本の旗 1997年5月24日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,227,324[2]
テンプレートを表示

日本でのビデオタイトルは『フューネラル/流血の街』。

あらすじ編集

1930年代半ばのニューヨークで、三兄弟が仕切るマフィアのテンピオ一家の三男ジョニーが何者かに殺された。ファミリーのドンで冷徹な長男レイと、気が短い次男チェズは復讐を誓い、犯人探しに奔走する。

そして、かねてから対立していたガスパーが犯人だとにらみ、彼を捕らえて訊問するが、やがて事態は思わぬ方向へ…。

キャスト編集

※新盤DVDには吹替音声未収録。

脚注編集

外部リンク編集