メインメニューを開く

フョードル・ケーネマン

フョードル・ケーネマンロシア語: Фёдор Фёдорович Кёнеман ; Fyodor Keneman, 1873年4月8日 モスクワ1937年3月29日)はロシアピアニスト作曲家キリル文字の読みに従うとフョードル・フョードロヴィチ・キョーネマンとなる。

モスクワ音楽院にてニコライ・ズヴェーレフ(ピアノ)、ワシーリー・サフォーノフ(指揮)、アントン・アレンスキーセルゲイ・タネーエフ(作曲)に師事。1897年に金メダルを得て卒業。以後は、伴奏者や編曲者として24年間にわたってフョードル・シャリアピンと協力関係を結ぶ。ケーネマンが編曲した《ヴォルガの舟歌》は、シャリアピンの亡命後に外国で有名になった。

1912年から1932年までモスクワ音楽院の教授に就任した。

参考文献編集