メインメニューを開く

フライトナイト』(Fright Night )は、1985年アメリカ合衆国コメディホラー映画。第13回(1985年度)サターン賞ホラー映画賞など3部門で受賞した(詳細は後述)。

フライトナイト
Fright Night
監督 トム・ホランド
脚本 トム・ホランド
製作 ハーブ・ジャッフェ英語版
出演者 クリス・サランドン
ウィリアム・ラグズデール英語版
アマンダ・ビアース英語版
ロディ・マクドウォール
音楽 ブラッド・フィーデル
主題歌 J・ガイルズ・バンド
「フライトナイト」
撮影 ジャン・キーサー英語版
編集 ケント・ビーダ英語版
製作会社 コロムビア映画
ヴィスター・フィルムズ
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年8月2日
日本の旗 1985年11月2日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $24,922,237[1][2]
次作 フライトナイト2/バンパイヤの逆襲
テンプレートを表示

1988年に続編『フライトナイト2/バンパイヤの逆襲』が公開され、2011年に『フライトナイト/恐怖の夜』としてリメイクされている。

キャッチ・コピーは「闇夜 それは人間のものではない」。

目次

ストーリー編集

ある日の夜、チャーリーの隣の家に2人の男が棺桶を運んでやってきた。その途端、近所で殺人事件などの奇妙な出来事が多発。しかしそれらはある“恐怖”の序章に過ぎなかった。

ある晩、勉強中だったチャーリーは隣家の男が女を殺害して遺体を隠す場面を目撃、相手にも目撃したことを気づかれてしまう。翌日チャーリーは隣家に殺人犯がいると警察を連れて乗り込むが、途中で「犯人はヴァンパイアだ」と口走ったことで、呆れた警察は帰ってしまう。その夜、チャーリーの家にジェリー・ダンドリッジと名乗る隣家の主人が現れ、チャーリーを人知れず殺そうとする。難を逃れたチャーリーは『フライトナイト』という怪奇ドラマ番組のホストであり、ドラマ内ではヴァンパイアハンター役でもあるピーター・ヴィンセントに悩みを打ち明けるが、視聴率の低下で司会を降ろされたばかりのピーターはチャーリーを頭のおかしい青年だと相手にしなかった。窮地に追い込まれたチャーリーは一人で家に立てこもって戦う準備をするが、その様子を見て心配したガールフレンドのエイミーと友人エドはピーターを金で雇い、チャーリーの思い込みを解こうと4人でジェリーの家を訪れる。ジェリーはチャーリー以外の3人を騙し通していたが、ピーターがかつてヴァンパイアハンターのドラマで使った小道具の鏡で何気なく髪を整えようとするとそのドラマのヴァンパイアと同じようにジュリーが鏡に映らないことに気づく。動揺するピーターだったが、係わり合いになるのを恐れて慌てて帰ってしまう。チャーリーとエドはエイミーを家まで歩いて送っていくことにしたが、人通りの多いところを行こうとするチャーリーに反発したエドは狭い路地へ歩いていきジュリーの餌食となってしまう。ヴァンパイアとなったエドはピーターを襲うがピーターは辛くも十字架で返り討ちにする。一方ジェリーに追われたチャーリーとエイミーは逃げ込んだディスコからピーターに電話で助けを求めるが、その間にジェリーはエイミーを魔力で誘惑し、チャーリーに対してエイミーを殺されたくなかったらピーターと二人で自分の家に来いと言ってエイミーを連れ去ってしまう。チャーリーはピーターに再び助力を求めるも、ピーターはヴァンパイアと化したエドに襲われた恐怖で街から逃げ出そうとしていた。チャーリーはピーターが一緒に来なければエイミーは殺されると説得し、渋々ながらもピーターの同行を取り付け、自分はヴァンパイアハンターだと繰り返し唱えるピーターと共にヴァンパイアの屋敷に乗り込むこととなる。

キャスト編集

ジェリー・ダンドリッジ
演 - クリス・サランドン、日本語吹替 - 安原義人
ヴァンパイア。正体を隠しながら暗躍する。ヴァンパイアである証拠として、人間のときの姿は鏡には映らない。光に弱く、浴びると蒸発し弱るという致命的な弱点がある。とどめを刺され、醜いモンスターの正体を晒しつつ炎上し、断末魔とともに爆発四散した。
チャーリー・ブリュースター
演 - ウィリアム・ラグズデール英語版、日本語吹替 - 大塚芳忠
17歳の普通の高校生。隣家に住むジェリーがヴァンパイアであることに気付くが、誰にもまったく信用されない。
ピーター・ヴィンセント
演 - ロディ・マクドウォール、日本語吹替 - 羽佐間道夫
『フライトナイト』のホスト。チャーリーからの相談を受ける。最初は番組の中だけの偽物のバンパイアキラーだったが、本物のバンパイアキラーとなりチャーリーたちを守っていく。
エイミー・ピーターソン
演 - アマンダ・ビアース英語版、日本語吹替 - 高島雅羅
チャーリーのガールフレンド。テレビの人気ホラー番組『フライトナイト』に夢中。チャーリーと喧嘩ばかりしているが、実は仲むつまじい。ジェリーにつけこまれて女バンパイアへと変貌するが、ヴィンセントとチャーリーの活躍により元に戻る。
エド・トンプソン
演 - スティーヴン・ジョフリーズ英語版、日本語吹替 - 三ツ矢雄二
チャーリーの悪友。通称「Evil Ed」。チャーリーとは違い頭は良い様子。オカルトに精通しており、隣人を吸血鬼と信じ切っているチャーリーに対してバンパイア対策を講じたりする。「Oh you so cool,brewster!」というセリフはエンディングの決め台詞であり、同作品のドキュメント映画のタイトルにもなった。はじめはチャーリーたちとバンパイアから逃げていたが、ジェリーに漬け込まれて狼男などのモンスターに変身し、十字架を刺され息絶える。
ビリー・コール
演 - ジョナサン・スターク英語版、日本語吹替 - 大滝進矢
チャーリーの隣家にジェリーと暮らす若い男。ヴァンパイアではないが生身の人間でもない。ゲイ設定ははっきりとは明言されていないが、ビリーの肩にジェリーがもたれたり、チャーリーに手の甲を鉛筆で刺されたジェリーを労わるなど、ほのめかすシーンがいくつかある。
ジュディ・ブリュースター
演 - ドロシー・フィールディング、日本語吹替 - 藤田淑子
チャーリーの母親。天然な性格だが優しい母親。チャーリーとエイミーの仲を見守っている。夜勤が多め。
レノックス刑事
演 - アート・エヴァンス
チャーリーが最初に救いを求めた殺人課の刑事。だが、チャーリーをまったく信用しないどころか、変人扱いして相手にしなかった。少し余裕がなくなると声が裏返る。ウソをつき通そうとするチャーリーに対し、「それが真実なら俺はダーティ・ハリー」と、まるでとりあわなかった。

日本語吹替:初回放送1989年4月30日テレビ朝日日曜洋画劇場』(ソフト未収録)

受賞歴編集

サウンドトラック編集

フライトナイト
J・ガイルズ・バンドシングル
初出アルバム『フライトナイト オリジナル・サウンドトラック』
B面 Boppin' Tonight
(ファビュラス・フォンテーンズ)
リリース
ジャンル ロック
レーベル CBS・ソニー
テンプレートを表示

本作の音楽は当時『ターミネーター』などを手掛けたブラッド・フィーデルが担当。サントラ盤ではブラッドによるヴォーカル曲も収録されている。

J・ガイルズ・バンドが歌った主題歌は日本でもシングル・レコードがリリースされた(1985年10月21日発売/07SP-919)。

収録曲
  1. Fright Night(主題歌)/J・ガイルズ・バンド
  2. You Can't Hide From the Beast Inside/オートグラフ
  3. Good Man In a Bad Time/イアン・ハンター
  4. Rock Myself to Sleep/エイプリル・ワイン
  5. Let's Talk/ディーヴォ
  6. Armies of the Night/スパークス
  7. Give it Up/イヴリン・キング
  8. Save Me Tonight/ホワイト・シスター
  9. Boppin' Tonight/ファビュラス・フォンテーンズ
  10. Come To Me/ブラッド・フィーデル

出典編集

  1. ^ a b Fright Night (1985) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年12月24日閲覧。
  2. ^ Fright Night (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集