フライペーパー! 史上最低の銀行強盗

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗』( - しじょうさいていのぎんこうごうとう、Flypaper)は、2011年アメリカ合衆国で製作された犯罪コメディ映画

フライペーパー!
史上最低の銀行強盗
Flypaper
監督 ロブ・ミンコフ
脚本 ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
製作 マーク・ダモン
ピーター・サフラン
パトリック・デンプシー
モシュ・ディアマント
製作総指揮 クリスチャン・アーノルド=ボイテル
ジョアニー・バースタイン
スティーヴン・A・フランケル
フドゥルン・ギディングス
ボビー・ランゲロフ
マーカス・ショファー
ティロ・サイファート
タマラ・ステューパリッチ・デ・ラ・バーラ
ニック・サーロウ
グレゴリー・M・ウォーカー
出演者 パトリック・デンプシー
アシュレイ・ジャッド
音楽 ジョン・スウィハート
撮影 スティーヴン・ポスター
編集 トム・フィナン
製作会社 Foresight Unlimited
Safran Films
VIP Medienfonds 4 他
配給 アメリカ合衆国の旗 Foresight Unlimited
The Safran Company
日本の旗 アルバトロス
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年1月28日(限定)
日本の旗 2012年6月16日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $3,142,154[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $5,043[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

閉店間際のとある銀行。慌ただしい店内に一人の男が現れる。男はトリップと名乗り、窓口係のケイトリンに対して、大量の小銭を両替してほしいと頼む。彼のおかしな態度に不信感を持つケイトリンだったが、一方のトリップは彼女のことが気にいったのか度々話しかけてくるのだった。するとそこへ、突如銃を持った銀行強盗が多数押し寄せてくる。しかし、よく見ると強盗は二組に分かれており、片やハイテク装備に身を包んだ特殊部隊の様な風貌の三人組、片やラフな格好をしたチンピラ風の二人組であった。両強盗団共に、自分たち以外の強盗団がいる状況が理解できず、動揺を隠しきれずにいると、そこへ銃声が響きわたる。ロビーを見渡すと、なんと客の一人が射殺されていた。これがきっかけで二組の強盗団は相手を威嚇し合い、銀行内は一触即発の状況に陥ってしまう。ただならぬ緊張感が銀行内に広がったその時、トリップが両強盗団に驚くべき提案をする。それは「双方の目的が金庫とATMといった異なる物なのだから、相手の事は気にせず自らの計画に集中すればいい」という突拍子もないものだった。この彼の発言を支持した両強盗団は、自分の計画を完遂することだけに集中するが、奇妙な事件は更におかしな方向へと進んでしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ a b Flypaper”. Box Office Mojo. 2012年11月3日閲覧。

外部リンク編集