メインメニューを開く

フライング・ヘリテージ・コレクション

フライング・ヘリテージ・コレクションFlying Heritage Collection :FHC)はアメリカ合衆国ワシントン州エヴァレットペインフィールド空港に隣接する私設の航空機博物館。収蔵機は全機が資産家のポール・アレンが所有する機体である。種類は主に第二次世界大戦時利用されたアメリカ、イギリス、ロシア、ドイツ、日本の軍用機である。正式にはフライング・ヘリテージ・空中戦・兵器博物館(Flying Heritage Air Combat & Armor Museum:FHCAM)である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg フライング・ヘリテージ・
コレクション

Flying Heritage Collection
N3852 1 Mitsubishi A6M3 Zero Flying Heritage Coll PAE 01AUG13 (9416970669).jpg
所有する零戦二二型 中島3852号機
施設情報
正式名称 Flying Heritage & Combat Armor Museum
愛称 FHC/FHCAM
専門分野 航空
収蔵作品数 62
(航空機26機、その他武器等36台)
館長 ポール・ガードナー・アレン
延床面積 約75,000ft
(約6968m2)
開館 1998年(移転開館 2004年)
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州エヴァレット市
外部リンク http://www.flyingheritage.com/
プロジェクト:GLAM

機体の展示だけでなく、故障した機体をレストアリビルドで飛行可能状態ないしそれに準ずる状態に復元し、定期的に展示飛行も行っている。

収蔵機は零式艦上戦闘機の二二型(稼働機)と五二型(展示機、破損機)、P-51BやD[1]Bf 109[2]などの著名な機体の他、世界で唯一機体・エンジンともにほぼオリジナルかつ飛行可能状態である旧日本陸軍航空部隊一式戦闘機『隼』[3][4]など、この博物館のみが所蔵する貴重な機体も多い。

航空機に限らず、M4 シャーマン中戦車九五式軽戦車などの装甲車両、一式機動四十七粍速射砲8.8 cm FlaK 37と対空サーチライトケッテンクラートなど陸上兵器、静態展示ではあるがV1飛行爆弾V2ロケットMe 163コメートなどの特殊兵器もコレクションに加わっている。

MiG-29 ファルクラムF-105G、さらには有人小型宇宙船スペースシップワンホワイトナイトなど第二次世界大戦以降の航空機も順次追加されている。

この他にノルマンディー上陸作戦時に上陸部隊が掲げていた星条旗エニグマなども所蔵しており、運営こそ財団が行っているが実質ポール・アレンの個人コレクションを公開する施設となっている。

入場料は大人18ドル(軍人は16ドル)からと格安ながら大半の展示品に触れることが出来ることもあり、地元の学校の学習などにも活用されている。

2013年には増加する収蔵物に対応するため格納庫を追加建設した。

出典編集

  1. ^ NORTH AMERICAN P-51D MUSTANG
  2. ^ MESSERSCHMITT BF 109 E-3 (EMIL)
  3. ^ NAKAJIMA KI-43 HAYABUSA (OSCAR)
  4. ^ 元の機体は1942年12月18日もしくは1943年1月9日に、ニューブリテン島ラバウルへ進出した飛行第11戦隊機(第750号機)。Australian War Memorial - P00001.340

関連項目編集

リンク編集