フラウエンロープ

フラウエンロープ

フラウエンロープまたはハインリヒ・フォン・マイセン1250年-1260年頃 - 1318年)は、中世ドイツ詩人。彼は優れた音楽の才能を持ち、プラハの宮廷での地位を確立していた。彼の名「フラウエンロープ」とは「女性への賛美」または「聖母への賛美」という意味であろう。

作品編集

フラウエンロープは「フラウエンリッヒ」を1290年に創作した。この歌は黙示に関係する女性について歌ったものである。