メインメニューを開く

概略編集

元々、現在の川里循環コースが鴻巣市と鉄道の走っていない旧・北埼玉郡川里町を跨いで広域的に運行されていたコミュニティバスで、「鴻巣市・川里町広域循環バス フラワー号」を正式名称とし、朝日自動車加須営業所に運行委託していた。その後、2005年10月1日に鴻巣市が川里町を編入合併したことで鴻巣市単独のコミュニティバスとなった。なお、合併後しばらくは川里循環コース各停留所の「鴻巣市・川里町広域循環バス」の表記を消す作業は行っていなかったが、現在は消されている。

また、こうした経緯から、旧・川里町と共に編入合併された旧・北足立郡吹上町域には一切経由していなかったが、2008年1月21日より実証運行の形で新路線を開設し、それまでのフラワー号は「川里コース」と呼称を変更すると共に「フラワー号」は旧フラワー号と新路線を合わせた総称となった。また、鴻巣市南西部の住民の要望に応える形で、隣接する北本市北本駅まで至る新路線も同時に開設された。新路線はいずれも朝日自動車加須営業所が運行している。

2009年4月1日には全体的な再編が実施された。新たに、ロイヤル交通が運行する常光コースと笠原コースの2路線が新設された。また、川里コースを広田コースと共和コースに分割したほか、吹上コース・田間宮コースでも一部区間でルートの変更が実施された。さらに、運賃体系も変更された。

2011年4月1日には、常光コースでルートの変更が実施され、一部便の上谷総合公園乗り入れが廃止となり、代わりに一部の便が鴻巣市人形地区への乗り入れが行われるようになった。

2014年4月1日には、田間宮コース・馬室コースが朝日自動車からロイヤル交通に移管、広田コースと共和コースが再統合されて川里循環コースに変更の上で屈巣・柿ノ木地区への乗り入れ開始、吹上コースを吹上北コースと吹上南コースに分割(吹上南コースの一部便は川里循環コースの鴻巣駅東口・市役所まで乗り入れ)、乗車方法が前乗り先払いに変更されるなどの変更が実施された。

馬室コース・常光コースは、コミュニティバスとしては珍しく市境を越え、北本市北本駅に乗り入れる一方で、反対側の行田市行田駅へは乗り入れない(2019年4月の再編前の吹上北コースが行田駅まで1km程の距離を走っていたにも関わらず乗り入れていなかった)。

沿革編集

  • 2002年1月 - 路線バス川里循環線・鴻巣鎌塚線の廃止代替として、鴻巣市・川里町広域循環バス「フラワー号」運行開始
  • 2005年10月1日 - 鴻巣市が川里町・吹上町を編入合併
  • 2008年1月21日 - (路線新設)
「フラワー号」を鴻巣市コミュニティバスの総称とする
旧フラワー号を「川里コース」と名称設定
「馬室コース」・「田間宮コース」・「吹上コース」を新設
川里コースを「広田コース」・「共和コース」に分割
田間宮コース・吹上コースを再編
「笠原コース」・「常光コース」を新設
運賃体系を変更
  • 2011年4月1日 - (路線再編)
常光コースを再編。
1日券を値下げ
広田コース・共和コースを「川里循環コース」として統合
吹上コースを「吹上北コース」・「吹上南コース」に分割
田間宮コース・馬室コースの運行事業者を変更
乗車方法を変更
  • 2019年4月に以下の再編を行った[1]
    • 広田コース・共和コース : 川里循環コースをかつて一時期分割していた形に再分割、更に鴻巣駅-箕田地区-北鴻巣駅間を廃止(中山道コースに移管)
    • 吹上コース : 吹上南コースと吹上北コースを再び吹上コースとして再統合、北回りと南回りの交互運行の形で運行。北コースの鎌塚・新宿地区及び南コースの一部で直通していた北鴻巣駅西口、鴻巣駅方面への区間を廃止、現吹上南コースの一部を田間宮コース一部経路廃止の代替として東側へルート変更。
    • 常光コース : 一部停留所の廃止。なお、当初は人形町経由を廃止し、市役所入口経由に経路統一する形で検討していたが、代替の中山道コースによる人形町乗り入れが頓挫した為、断念した。
    • 田間宮コース : 一部大回りしているルートを廃止、一方で北鴻巣駅西口へショートカット。利用客の見込める関東工業自動車大学校及び箕田幼稚園を経由するよう変更。
    • 笠原コース : 鴻巣市中心部の一部ルートを変更
    • 馬室コース : 北本市内の一部ルートを変更
    • 中山道コース : 鴻巣駅東口から旧中山道を通る最短ルートで北鴻巣駅西口、更に一部は吹上駅南口を結ぶ新路線(鴻巣駅東口-前砂東間は吹上南コース・川里循環コース・田間宮コースの廃止区間と同ルート)。なお、当初は鴻巣駅から更に南下して人形町に乗り入れ、広田屋駐車場での折り返しを想定していたが、現地調査の結果、断念した。
    • デマンド交通を導入(実証運行は2018年6月より実施、2019年4月以降も当面実証運用を続行)

運賃編集

  • 全線大人150円、小中学生・高校生・65歳以上100円(前払い・前乗り後降り)。
  • 朝日バスが運行している広田・共和・吹上・中山道コースではICカード乗車券PASMOSuicaが利用可能となっており、通常の路線バスと同様にバス利用特典サービス(バス特)対応。以前はこれらのコースでは通常の路線バスとは異なりPASMOの導入はされずにバス共通カードのみが利用可能だったものの、共通カードが2010年7月31日をもって廃止となったため、代替として翌8月1日よりPASMOが導入(相互利用でSuicaも利用可能)された。以前は田間宮・馬室コースも朝日自動車担当だったため使用できた。

ロイヤル交通が運行している笠原・常光・田間宮・馬室コースでは、ICカードは利用できない(共通カードも利用不可だった)が、代替として共通カードと同等の割引額に設定した回数券を発売している。

  • このほか、全路線乗り放題の1日券も発売している。(大人300円、小中学生・高校生・65歳以上200円)

路線編集

広田コース編集

  • ふるさと館 - 花久の里 - 川里工業団地 - 川里支所 - フラワー通り - 箕田公民館 - 北鴻巣駅東口

一部便は花久の里もしくは川里工業団地-北鴻巣駅間のみの運行。北鴻巣駅発の朝便は川里支所などを通過。

共和コース編集

  • ふるさと館 - 花久の里 - 北根新田 - 県央みずほ斎場 - 関東福祉専門学校前 - 鴻巣市役所入口 - 女子高入口 - 鴻巣駅東口

一部便は花久の里もしくは北根新田-鴻巣駅間のみの運行。更に一部便は北根新田など・内郷など(いずれかもしくは両方)を通過。

中山道コース編集

  • 鴻巣駅東口 - 鴻神社 - 箕田郵便局前 - 北鴻巣駅西口 - 吹上保健センター入口 - 吹上駅南口

駅への接続経路を除く全区間が旧中山道県道164号鴻巣桶川さいたま線県道365号鎌塚鴻巣線)を経由し、高崎線沿いに同線の市内3駅を結ぶ路線。ただし、ほとんどの便が、鴻巣駅-北鴻巣駅間(旧川里循環コースから分離した区間)のみの運行で、一部の便が吹上駅まで延長しているような形のダイヤとなっている。

吹上コース編集

  • (南回り)吹上駅南口 - 吹上支所 - コスモスアリーナふきあげ - 吹上ふれあいセンター入口 - 袋 - 三ツ木交差点 - 北鴻巣駅東口
  • (北回り)吹上駅北口 - 下忍農村センター入口 - 吹上郵便局入口 - 吹上ふれあいセンター入口 - 袋 - 三ツ木交差点 - 北鴻巣駅東口

旧吹上町域東部を北回りと南回りの交互運行で結ぶ路線。吹上ふれあいセンター入口-北鴻巣駅東口間は南北ルート共通。

田間宮コース編集

鴻巣駅西口から市西部の田間宮地区・旧吹上町南西部の三町免地区を経由して北鴻巣駅西口に至る路線。

馬室コース編集

  • 鴻巣駅西口 - 鴻中陸橋西 - 馬室陸橋 - 馬室小前 - 白雲荘 - あたご公民館前 - 松原小入口 - 鴻巣南中入口 - 西高尾郵便局前 - 北本駅西口

鴻巣駅西口から市南西部の馬室地区・松原地区を経由して北本駅西口へ至る路線。北本市内の西高尾地区にもバス停が数ヶ所設置されている。また、途中の白雲荘へは日中の便のみ乗り入れる(土休日は早朝の運行は無い為、全便が白雲荘経由)。

笠原コース編集

  • 鴻巣駅東口 - 中央図書館入口 - 総合福祉センター前 - 鴻巣フラワーセンター入口 - 笠原公民館 - 上谷総合公園

鴻巣駅東口から八幡田地区・笠原地区を経由して上谷総合公園へ至る路線。なお、鴻巣駅東口発の最終便は二貫野前止まりとなる。

常光コース編集

  • (鴻巣市役所入口経由)鴻巣駅東口 - 女子高入口 - 鴻巣市役所入口 - 関東福祉専門学校前 - 太平住宅団地 - 常光公民館入口 - 常光果樹集荷場 - 北本市体育センター入口 - 宮内交差点 - 北本駅東口
  • (人形町経由)鴻巣駅東口 - 富永町 - 人形町 - 太平住宅団地 - 常光公民館入口 - 常光果樹集荷場 - 北本市体育センター入口 - 宮内交差点 - 北本駅東口

鴻巣駅東口から市南東部の常光地区を経由して北本駅東口へ至る路線。北本市内の宮内地区にもバス停が数ヶ所設置されている。鴻巣駅東口 - 太平住宅団地の区間は市役所入口経由と人形町経由の2つのルートがあり、平日は交互運行、土休日は人形町経由のみ運行。太平住宅団地-北本駅間は両ルート共通。なお、平日の北本駅発の最終便は太平住宅団地止まり、北本駅東口行きの始発便は鴻巣市役所入口始発となる。

利用状況編集

  • (旧川里コース)川里地区には駅がないため、このバスを使って、鴻巣駅北鴻巣駅を経由して東京大宮熊谷方面や鴻巣市街地へ行く人が多いようである。

車両編集

  • 全コースで37人乗りの小型バスである日野・ポンチョ(専用カラー車)を使用している。
    • 朝日バスが5コースを運用していた時代は、旧フラワー号(川里コース→共和・広田コース)運行開始時に導入された日野・リエッセ(専用カラー車または朝日グループ共通カラー車)と日野・ポンチョを吹上・田間宮・馬室コース運行開始時に導入した。当初は川里コースではリエッセを、吹上・田間宮・馬室コースではポンチョを使用していたが、後に両者が5コース共通で使用された。田間宮コース・馬室コースをロイヤル交通に移管してからは、全て専用デザインのポンチョが標準となった(車検等の場合を除く)。
    • ロイヤル交通が運行している2コースでは原則として朝日バスと同仕様の日野・ポンチョ(専用カラー車)を使用。ただし、代走で日産ディーゼル・スペースランナーや日野・リエッセ(ロイヤル交通カラー車)などが使用される場合もある。

市担当部署編集

  • 生活安全課生活交通担当
    • (2009年3月までの担当)
      • 旧川里コース:くらし支援課生活交通担当
      • その他路線:経営政策課政策推進担当

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集