メインメニューを開く

フランクフルト動物園(フランクフルトどうぶつえん、ドイツ語: Zoo Frankfurt)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州フランクフルト・アム・マインにある市営動物園[4]。敷地面積は13haを超え、約450種4,500頭以上の動物を飼育する。1858年に創設されたドイツで2番目に古い動物園である[1]。動物園はインネンシュタット英語版インナーシティ)の東部に位置する。第二次世界大戦後の1945年から1974年までベルンハルト・グジメック英語版が園長を務めた。グジメック園長は戦後の荒廃した動物園の再建に着手、サルの繁殖を精力的に行うなど世界中から注目される動物園へと発展させた[3]オカピの繁殖に世界で初めて成功した動物園である[3]。柵やネットを撤廃した鳥舎、爬虫類館と水族館を合わせた「エキゾタリウム」、夜行性動物の行動する様子を観察できるよう照明を落とした「グジメック・ハウス」など展示方法に工夫がなされている[2]ラクダが飼育され、乗ることができるため子供に人気がある[5]。各動物舎は中央にある池を取り囲むように配置されている[3]

フランクフルト動物園
Giraffe der Zoo Frankfurter.jpg
施設情報
正式名称 Zoo Frankfurt
所有者 フランクフルト・アム・マイン
面積 13ha
頭数 450
種数 4,500
開園 1858年
所在地 60316
ドイツの旗 ドイツヘッセン州フランクフルト・アム・マイン市ベルンハルト・グジメック通り1番地
位置 北緯50度6分56.3秒 東経8度42分10.9秒 / 北緯50.115639度 東経8.703028度 / 50.115639; 8.703028座標: 北緯50度6分56.3秒 東経8度42分10.9秒 / 北緯50.115639度 東経8.703028度 / 50.115639; 8.703028
アクセス フランクフルト地下鉄 (U6) 動物園駅より徒歩すぐ[1]
公式サイト / www.zoo-frankfurt.de
テンプレートを表示
入り口の建物
イタリアルネサンス風の建物で、レストラン会議室がある[2]。街の景観形成に寄与しているだけでなく、都市の喧騒を遮る遮音壁の役割も果たす[3]

フランクフルト動物学協会英語版 (ドイツ語: Zoologische Gesellschaft Frankfurt) は、1858年にフランクフルト動物園を創設するために市民によって設立された組織であり、第一次世界大戦まで運営を行った。1950年まで運営に責任を持っていたと推定され、以降は動物園の発展組織となった[6]

脚注編集

  1. ^ a b 伊東剛史 (2002年4月15日). “フランクフルト動物園”. 市民ZOOネットワーク. 2014年8月15日閲覧。
  2. ^ a b 近藤(1998):184 - 185ページ
  3. ^ a b c d 近藤(1998):184ページ
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. “フランクフルト動物園とは”. コトバンク. 2014年8月15日閲覧。
  5. ^ 奥宮(2008):81ページ
  6. ^ The Frankfurt Zoological Society”. The Frankfurt Zoological Society. 2011年10月14日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集