フランクリン・ルーズベルト

第32代アメリカ合衆国大統領

フランクリン・デラノ・ルーズベルトFranklin Delano Roosevelt [ˈfræŋklɪn ˈdɛləˌnoʊ ˈroʊzəˌvɛlt], 1882年1月30日 - 1945年4月12日)は、アメリカ合衆国政治家。姓はローズベルトローズヴェルトとも表記[注釈 1]

フランクリン・D・ルーズベルト
Franklin D. Roosevelt
FDR 1944 Color Portrait.tif
レオン・パースキー撮影(1944年)

任期 1933年3月4日1945年4月12日
副大統領 ジョン・N・ガーナー (1933-1941)
ヘンリー・A・ウォレス (1941-1945)
ハリー・S・トルーマン (1945)

任期 1929年1月1日1932年12月31日

任期 1913年3月17日1920年8月26日
元首 ウッドロウ・ウィルソン大統領

任期 1911年1月1日 – 1913年3月17日

出生 1882年1月30日
Flag of the United States (1877-1890).svg アメリカ合衆国
ニューヨーク州ハイドパーク
死去 1945年4月12日(1945-04-12)(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州ウォームスプリングス
政党 民主党
出身校 ハーバード大学
配偶者 エレノア・ルーズベルト
子女 アナ・ルーズベルト・ハルステッド
ジェームズ・ルーズベルト
フランクリン・D・ルーズベルト・ジュニア(3世)
エリオット・ルーズベルト
フランクリン・D・ルーズベルト・ジュニア
ジョン・アスピノール・ルーズベルト
署名 Franklin Roosevelt Signature.svg

民主党出身の第32代アメリカ合衆国大統領1933年 - 1945年)。

FDRという略称でよく知られている。

概説編集

世界恐慌第二次世界大戦時のアメリカ大統領であり、20世紀前半の国際政治における中心人物の1人。彼の政権下でのニューディール政策と第二次世界大戦への参戦による戦時経済はアメリカ合衆国の経済世界恐慌のどん底から回復させたと評価される[注釈 2]

ラジオを通じて国民との対話を重視した。歴代アメリカ合衆国大統領のランキングでの人気投票でほぼ上位5傑に入るなど、現在でもアメリカ国民からの支持は根強い。また、アメリカ史上唯一の重度の身体障害を持った大統領で、両足が不自由であった。

その一方、日独伊の枢軸国勢力を敵視する一方でソビエト連邦の独裁者ヨシフ・スターリンに対する容共的な姿勢を取り、その侵略行為を黙認したことは後に批判の対象となった。中国に対しては中国人排斥法を廃止し、日中戦争の際に蔣介石を強く支持し莫大な軍事費の借款を行っていた上に、同国との利権も多かったために「中国びいき」と言われた。

ルーズベルトはアメリカ政治史上で唯一4選された大統領である。初代のジョージ・ワシントン大統領が3選を固辞した故事から大統領は2選までというのが慣例だったが、戦時・有事を理由に1940年・1944年の大統領選に立候補し当選した。後に憲法が改正され(修正第22条1951年)、正式に大統領は2期までと定められた。

アメリカ経済の回復は同時に、第二次世界大戦が起こるまでの間、デトロイト市の大工業地帯[要出典]を枢軸国に対する「民主主義の兵器廠」に発展させた。これは戦後、アメリカが国際的な覇権を握る原動力となった。連合国を提唱したルーズベルトの平和に対する国際組織の展望は死後に国際連合として結実した。

ルーズベルトの評価は立場で大きく分かれる。リベラル派(自由主義)から見ると、ニューディール政策をはじめとしたケインズ福祉国家的政策の開始は「恐慌への対策を具体化したもの」として評価され、「はじめて本格的な貧困層対策に取り組んだ」大統領として評価される。それまで南部地域政党的色彩が強かった民主党に「世界恐慌の結果発生した貧困層の救済」という新たな目的を打ち出し、この2つの支持基盤を合わせる事によって「ニューディール連合」と呼ばれる大きな民主党支持基盤を形成してその後数十年に渡る議会における民主党の優位をもたらした。

保守派の中でも、ロナルド・レーガンは、ルーズベルトのリーダーシップを賞賛した。他方、小さな政府を唱える保守派はニューディールにきわめて否定的な評価をしており、民主党のニューディール連合を崩すことで1980年代以降の共和党の勢力拡大は成功したといえる。

ニューディール政策については、現在でも経済学者の間でその評価は分かれている。

また、最高裁判事の人事への介入による三権分立の民主主義原則への抵触や、大戦中に日系アメリカ移民強制収容を行った事や、政権期間を通じて行われたアフリカ系アメリカ人公民権運動に対する事実上の妨害という人種差別的観点から行われた政策は、その立場を問わず各方面からの大きな批判をまねいただけでなく、アメリカにおける人種差別の解消を遅らせる要因の1つとなった。

民主党政権としての「貧困層」と「人種マイノリティ」という別々の背景を持ったアメリカ社会における弱者に対する矛盾した態度の解決は、1960年代ジョン・F・ケネディリンドン・B・ジョンソンの政権まで持ち越された。

在任日数4422日は、アメリカ合衆国大統領史上最長の任期である。

生い立ちと家族編集

 
1884年撮影。
当時のアメリカなど西洋社会の上流階級の家庭では、6~7歳になるまで男児にも女児向けの格好をさせることが一般的に行われていた。

1882年1月30日ニューヨーク州北部のハイドパークで誕生する。父ジェームズ・ルーズベルト(1828年 - 1900年)は、デラウェア・アンド・ハドソン鉄道の副社長であり裕福な地主であった。ルーズベルト家[注釈 3]1650年頃にオランダハールレムからニューヨーク(当時はニュー・アムステルダム)に移住したクラース・ヴァン・ルーズベルトに始まる。1788年にアイザック・ルーズベルトがポキプシーで行われたアメリカ合衆国憲法制定会議のメンバーとなり、それは曾々孫であるフランクリンの大きな誇りとなった。

 
父親とともに

18世紀にルーズベルト家は「ハイドパーク・ルーズベルト」家(19世紀から民主党支持)と「オイスター・ベイ・ルーズベルト」家(共和党支持)の二つに分かれる。オイスター・ベイの共和党員であった第26代大統領セオドア・ルーズベルトはフランクリンの遠縁の従兄であった。両家は政治的な違いにもかかわらず、親交が続いた[注釈 4]

フランクリンの母親サラ・デラノ(Sara Delano, 1854年 - 1941年)は、フランスプロテスタント教徒(ユグノー)であり[注釈 5][要出典]、デラノ一族は阿片戦争の頃から中国()とアヘンを含む貿易を手広く行って財を為していた[2][疑問点]。フランクリンは母サラの唯一の子供(大変な難産)として、再婚だった父ジェームズが54歳の時に生まれた。母違いの長兄ジェームズにはすでに息子があり、つまり父には孫より幼い息子であった。サラはフランクリンの幼少時のみならず、生涯、支配的な影響を与えた[注釈 6][要出典]

 
愛犬ファラとともに

この時代の富豪の子弟の例に漏れず、フランクリンは家庭教師の手によって教育を施された。同世代の子供と交流する機会はほとんどなかった。14歳の時、名門グロトン校に入学を果たしたものの、寄宿舎生活にはなじめなかった。1904年ハーバード大学1908年にはコロンビア大学ロースクールを卒業。大学時代のフランクリンは学内紙の編集長を務める活躍ぶりを見せる一方で、セオドアも会員名簿に名を連ねていた名門クラブ『ポーセリアン』への入会に失敗している。

1908年にウォール・ストリート法律事務所での仕事を引き受ける前、1905年聖パトリックの祝日にセオドア・ルーズベルトの姪(弟の子)のアナ・エレノア・ルーズベルトと結婚した。この結婚式で、すでに亡くなっていた実父に代わり花嫁エレノアの腕を取ったのは大統領セオドア・ルーズベルトである。6人の子供(5男1女)[注釈 7]をもうけ、4番目に生まれた息子エリオットはのちに作家となった。

1911年10月11日にフリーメイソンに加入した[3][4]

初期の政治経歴と海軍との関係編集

1910年の州議会議員選挙でダッチェス郡から州上院に出馬。同郡では1884年以来民主党からの議員を選出していなかった。選挙では地滑り的勝利で当選する。1911年1月1日に議員に就任し、彼は民主党を支配していた「タマニー・マシーン」に対する「反対分子」グループのリーダーとなった。連邦上院議員選挙が1911年1月16日、民主党幹部会議と共に始まり、二つの派閥の争いのため74日間行き詰まることとなる。3月31日にジェームズ・A・オゴーマンが選出され、タマニー派の候補ウィリアム・F・シーハンを打ち破ることでルーズベルトは目的を達成し、ニューヨークの民主党においても名声が高まった[注釈 8]

1913年、ウッドロウ・ウィルソン大統領によって海軍次官に任命。ジョセファス・ダニエルズ海軍長官の下で同職を務め[注釈 9]、海軍の拡張に尽力し、海軍予備役部隊を設立した。中米およびカリブ海諸国への干渉のために海軍と海兵隊を派遣した。1920年の大統領選挙において、副大統領候補のルーズベルトは海軍次官として1915年にハイチに課した憲法を起草したと主張した[注釈 10]

ルーズベルトは生涯を通じて海軍への愛情を育んだ。彼は海軍予算を承認させるため議会のリーダーとその他の政府の各省と交渉した。潜水艦の導入と、ドイツ潜水艦による連合国船団への脅威に対抗する戦力導入の熱心な支持者であった。そして、ノルウェーからスコットランドまでの北海に機雷を敷設し、機雷原を作り上げるよう提案した。1918年にはイギリスフランスを訪問し、アメリカ海軍の施設を視察した。この訪問で彼は初めてウィンストン・チャーチルと面会した。1918年11月に第一次世界大戦が終了すると、ルーズベルトは復員業務を担当し、一方海軍の完全解体計画に反対した。1920年7月、ニューポート・セックススキャンダル(en)に関連した報道で海軍次官を辞職し[注釈 11]、副大統領候補として大統領選に出馬した。

1920年民主党全国大会でルーズベルトは副大統領候補に選出され、大統領候補、オハイオ州知事ジェームズ・コックスと共に選挙戦に突入した。しかし両候補は共和党ウォレン・ハーディングに大敗。ルーズベルトは政界から引退しニューヨークで弁護士業を始め、新たに結成されたニューヨーク・シビタンクラブに加わった[7]

ニューヨーク州知事から大統領選まで編集

1920年代、ニューヨークで態勢を立て直し、ニューヨーク市のタマニー派の対抗馬としてその名を馳せたものの、1922年のニューヨーク州知事選ではアルフレッド・E・スミスを支援し、自らのいとこである共和党候補のセオドア・ルーズベルト・ジュニアと対抗した[8][注釈 12]。そのスミスは1928年大統領選で大統領候補に指名されると、ルーズベルトに自分に代わって州知事選挙に出馬するよう依頼した。一方のスミスは自らの地元でも共和党のフーヴァーに敗れ、大統領選で大敗したが、他方のルーズベルトは知事に当選、改革派知事として多くの新しい社会計画を行った[注釈 13]。1930年の再選の選挙運動では、ルーズベルトはニューヨーク市のタマニー協会の協力を必要とした。しかしながら、共和党の対抗馬チャールズ・H・タトルは選挙の争点としてタマニー協会の不正を取り上げるが、ルーズベルトは70万票以上の差をつけてタトルに勝利、知事2期目を務めることとなった[10]

こうしてルーズベルトは民主党の主要候補となり、1932年の大統領選に出馬する。現職のフーヴァーの劣勢が明らかだったため、指名戦は激しい争いとなった。アル・スミス(ニューヨーク州)は1928年の立候補に続き何名かの有力者の支持を取り付けるが、ニューヨーク民主党はルーズベルトが支配した。ルーズベルトは個人的なつきあいのある新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストアイルランド系アメリカ人コミュニティの指導者ジョセフ・P・ケネディ、カリフォルニアの有力者ウィリアム・マカドゥーらの人脈を、自らの全国的な支援運動に組み込んだ。テキサスの指導者、ジョン・N・ガーナーがルーズベルト支持を表明し、ルーズベルトから副大統領候補に指名された。選挙戦は「三つのR - 救済、回復および改革」[注釈 14]の綱領で世界恐慌と戦うとして行われ、そのスピーチの中でニューディール(新規まき直しの意味)という用語を使用[注釈 15]。選挙戦では、フーバー大統領の財政政策を無駄使いの権化(ごんげ)と徹底的に批判し、連邦政府の運営コスト削減の仕事を自分に任せてほしいと、緊縮財政を主張して政権を奪取した[11]。1932年の選挙に勝った翌1933年2月15日、フロリダ州マイアミでルーズベルトは暗殺の難を逃れ[12]、暗殺者はシカゴ市長アントン・J・サーマクを殺害した。


大統領職編集

ニューディール政策
 
米国の実質GDP(1910-1960年)、赤色強調は大恐慌時代 (1929–1939年)。ルーズベルトの大統領就任は1933年。
 
米国の失業率(1910-1960年)、赤色強調は大恐慌時代 (1929–1939年)。1939年以前は推定値、ルーズベルトの大統領就任は1933年。

世界恐慌に対しては有効的な対策を取れないまま大統領職を退いた前任のハーバート・フーヴァーに対し、「ニューディール政策」と呼ばれる、政府による経済への介入(積極的な経済政策)を行なった。テネシー渓谷開発公社、民間植林治水隊(Civilian Conservation Corps, CCC)、公共工事局 (Public Works Administration, PWA)、公共事業促進局社会保障局、連邦住宅局 (Federal Housing Administration, FHA)などを設立し大規模公共事業による失業者対策を行うなど、ケインジアン的な政策であった。ほか団体交渉権保障などによる労働者の地位向上・社会保障の充実などの政策を行った。ルーズベルトが就任した1933年以降、景気は回復過程に入り、実質GDPが1929年を上回った1936年[13]大統領選挙では当時の一般投票歴代最多得票率(60.80%)で再選を果たした。しかし、1937年の金融・財政の引き締めによる景気後退[14]もあり、結局任期の1期目と2期目である1933年から1940年の期間には名目GDP[15]や失業率[16][17]は1929年の水準までは回復しなかった。

その後1941年12月の第二次世界大戦への参戦による史上最大の軍拡、軍需経済、戦時経済の著しい増大[18]によってアメリカ経済は完全に回復し、失業者も激減した。近年では第二次世界大戦が無くても成功したのではないかという意見と、最初から大戦の開戦が無ければ成功しえない政策であったという意見(ミルトン・フリードマンら)がある。アメリカ合衆国連邦政府が公開している経済統計によると、アメリカ合衆国の実質GDPが1929年を上回った年度は1936年[13]、名目GDPが1929年を上回った年度は1941年[15]、失業率が1929年を下回った年度は1943年である[16][17]

前政権に増しての財政緩和政策、大統領令[19]によって市民に金貨、金塊の保有を禁止しての管理通貨制度の確立は、ケインジアンの立場からは有効な政策であったとされている。

炉辺談話
 
マイクの前に座るルーズベルト

当時最も浸透していたメディアであったラジオ放送を通して演説し、直接国民に訴えかけるスタイルを重視した、メディアを巧みに利用した大統領として知られている。ルーズベルトの行った毎週のラジオ演説は「炉辺談話」fireside chats と呼ばれ、国民に対するルーズベルトの見解の発表の場となった。それはルーズベルトの人気を支え、大戦中のアメリカ国民の重要な士気高揚策となった。

大統領顧問団編集

職名 氏名 任期
大統領 フランクリン・D・ルーズベルト 1933 - 1945
副大統領 ジョン・N・ガーナー 1933 - 1941
ヘンリー・A・ウォレス 1941 - 1945
ハリー・S・トルーマン 1945
国務長官 コーデル・ハル 1933 - 1944
エドワード・ステティニアス 1944 - 1945
陸軍長官 ジョージ・ヘンリー・ダーン 1933 - 1936
ハリー・ハインズ・ウッドリング 1936 - 1940
ヘンリー・L・スティムソン 1940 - 1945
財務長官 ウィリアム・ウッディン 1933 - 1934
ヘンリー・モーゲンソウ 1934 - 1945
司法長官 ホーマー・S・カミングス 1933 - 1939
ウィリアム・F・マーフィー 1939 - 1940
ロバート・H・ジャクソン 1940 - 1941
フランシス・ビドル 1941 - 1945
郵政長官 ジェームズ・A・ファーレイ 1933 - 1940
フランク・C・ウォーカー 1940 - 1945
海軍長官 クロード・スワンソン 1933 - 1939
チャールズ・エジソン 1940
ウィリアム・フランクリン・ノックス 1940 - 1944
ジェイムズ・フォレスタル 1944 - 1945
内務長官 ハロルド・L・アイクス 1933 - 1945
農務長官 ヘンリー・A・ウォレス 1933 - 1940
クロード・レイモンド・ウィッカード 1940 - 1945
商務長官 ダニエル・カルフーン・ローパー 1933 - 1938
ハリー・ロイド・ホプキンス 1939 - 1940
ジェス・H・ジョーンズ 1940 - 1945
ヘンリー・A・ウォレス 1945
労働長官 フランシス・パーキンス 1933 - 1945
最高裁判所判事

第二次世界大戦への参戦編集

1910年代から1930年代の戦間期のアメリカ海兵隊は、独立した戦闘能力を維持するために小規模な師団的な部隊を大隊単位で恒常的に設置するようになり、中米カリブ海諸国に派遣されていたが(バナナ戦争)、1927年ニカラグアで始まったサンディーノ戦争で、アウグスト・セサル・サンディーノ将軍率いるゲリラ部隊に苦戦し、1933年に大統領に就任したルーズベルトは、ニカラグアと他の中米諸国から海兵隊を撤退させ、軍事占領を解く代わりに、キューバにはバチスタ政権ニカラグアにはソモサ政権などのアメリカ合衆国の傀儡(かいらい)政権を樹立して間接的に支配する政策に転換し、ドミニカ共和国トルヒーヨ政権のようにすでに樹立されていた傀儡政権に対する支配を継続した。ルーズベルトを支持する人はその政策を軍事占領を解いたことを論拠にして、傀儡政権による間接支配政策は論拠にせずに善隣外交と表現している。1933年12月、海軍長官命で艦隊海兵軍が創設された[20]。これは、海兵隊に長期遠征から敵海軍基地の奪取という任務の変化をもたらした[21][22]

就任後から1937年の隔離演説発表まで、表面上は日本に協調的姿勢を見せて日本中国間の紛争には一定の距離を置く外交政策を取っていた[23]

1939年9月、ヨーロッパ第二次世界大戦が勃発。アメリカ政府は、イギリス寄りだが武器援助以外には基本的に介入しない政策を取っていた。これは、第一次世界大戦に参戦した経験からヨーロッパの戦争に関わるのは極力避けたい、と考えていたアメリカ国民の世論を意識してのことであった。

また、名目上でもそうしなければならなかった理由として、ルーズベルトは大統領就任前の選挙中から「戦争はしない」という公約を掲げており、対日開戦はその意味でアメリカ国民に対する公約違反だとする批判も存在する。

戦時下のヨーロッパでナチ党アドルフ・ヒトラー率いるドイツ国防軍に、バトル・オブ・ブリテンにおいてイギリス本土上陸寸前まで追いつめられていたイギリスウィンストン・チャーチル首相や、日華事変で日本と戦闘状態にあった中華民国蔣介石総統の夫人でアメリカ留学経験もある宋美齢が、数度にわたり第二次世界大戦への参戦や日中戦争におけるアメリカの支援、参戦をルーズベルトに訴えかけていた[注釈 16]

当時、アメリカ政府はイギリスや中華民国に対し多大な支援を行っており、特に多額の戦債をつぎ込んだイギリスが負けることは避けたかった。ルーズベルト自身も選挙では、戦争に介入しないと宣言して当選しており、参戦をしたくても出来ない状況にあった。ルーズベルトはモンロー主義に閉ざされていたアメリカ国民に対し、「欧州やアジアの戦争はアメリカに関係ないという人たちがいる。しかし、戦争を引き起こしている者にアメリカにつながる大海原の支配権を渡すわけにはいかない」とラジオで諭している。

隔離演説から参戦まで編集

隔離演説編集

1937年には、最高裁改革の失敗や労働争議の頻発、景気後退、さらにはまたルーズベルトと同じ民主党の保守派議員が、ニューディール阻止の為に共和党との超党派ブロックを結成するなどして、ルーズベルトは孤立し、議会に対する影響力を低下させており[24]、その様子はまるで「まったく棄てられた指導者」であったといわれる[25]

1937年8月30日、中華民国は国際連盟に対して、日本の行動は不戦条約および九ヶ国条約に違反すると主張し、措置を取るよう提訴した。9月6日にはルーズベルトは「世界の政府間の平和のためにアメリカが先頭に立って 大掃除をする準備ができていることを公にする」とヘンリー・モーゲンソー財務長官とハル国務長官に語り[24]、1937年(昭和12年)10月5日、世界で行われつつあるとする侵略行為を非難するために「病人」になぞらえて隔離演説(隔離声明、防疫演説)(en:Quarantine Speech)をシカゴで行った[24]

「世界の九割の人々の平和と自由、そして安全が、すべての国際的な秩序と法を破壊しようとしている残り一割の人々によって脅かされようとしている。(中略)不幸にも世界に無秩序という疫病が広がっているようである。身体を蝕む疫病が広がりだした場合、共同体は、疫病の流行から共同体の健康を守るために病人を隔離することを認めている」[26][24][注釈 17][要ページ番号]

演説は直接には特定の国家を名指しすることはなかったものの、一般には従来の棍棒外交をあらためて否定し、ドイツやイタリア、日本などの国政実行を非難するルーズベルトの政策理念を表明する演説と考えられている。演説のなかでは、「宣戦の布告も警告も、また正当な理由もなく婦女子をふくむ一般市民が、空中からの爆弾によって仮借なく殺戮されている戦慄すべき状態が現出している。このような好戦的傾向が漸次他国に蔓延するおそれがある。彼ら平和を愛好する国民の共同行動によって隔離されるべきである」とも語られた[28]。なおハルの証言では、アメリカ国務省が作成した演説原案には「隔離」の部分はなく、演説直前にルーズベルト自身が入れた[29][24][30]

翌1938年10月6日には国務省声明を発表し、中華民国における日本の行為を、アメリカは九カ国条約とケロッグ-ブリアン条約(パリ不戦条約)違反とみなし、声明は国際連盟の決議に沿うものとして、日本を明確に名指した[31][24]。ただし、アメリカはその加盟国ではなかった。

隔離演説の反響編集

隔離演説はニューヨーク・タイムズやコロンビア大学学長のニコラス・バトラーから賞賛される一方、ウォールストリート・ジャーナルは「外国への手出しをやめろ、アメリカは平和を欲する」という記事を掲載し、シカゴ・ トリビューンは、ルーズベルトはシカゴを「戦争恐怖の世界的ハリケーンの中心」に変えたと報じ[32]、またハル国務長官もこの「隔離」や「伝染病」というレトリックは無用の反対をもたらしたとして批判した[24]。さらに『クリスチャン・センチュリー』誌(en)は「もしアメリカが中国のために参戦すれば、その結果はひとりソビエトの勝利に終わるであろう」と警告した。挑発的な内容を持つこの隔離演説はアメリカ国内で非難を受け、演説後、6つの平和主義団体が「ルーズベルトはアメリカ国民を世界大戦の道に連れて行こうとしている」との声明を出した。アメリカ労働総同盟は「アメリカの労働者はヨーロッパ、アジアの戦争に介入することを欲しない」との決議を行った。アメリカを参戦させないための請願に2500万人の署名を求める運動も始まった。

日本でこの隔離演説が報道されると、毎日新聞は「米大統領の諷刺演説に應酬―率直にわが眞意吐露‘戦争’も已むを得ず」「紛争國“隔離”を提唱―米大統領演説」[33]と題した記事で、朝日新聞は「米大統領獅子吼―平和確保に協力せん」[34]と題してこの演説が日本を指すものとして報道した[24]。また松方幸次郎は日本駐在のユージン・ドゥーマン参事官に対して日本海軍はこれまで慎重論であったが、この隔離演説に対して強烈な反感を抱いていると伝えた[35][24]

駐米ドイツ大使のハンス・ディックホフ(en)は、演説の直接的なきっかけは、中国での日本の行動にあり、また大統領を悩ませていた黒人アフリカ系)問題から大衆の気をそらせる意図もあるとドイツ本国へ伝えた[36][24]。 なおニューヨークタイムズ記者のアーサー・クロックは「隔離声明以来、ルーズベルト大統領は、日本の敵意を煽り、枢軸側へ追いやるために、あらゆる手段を駆使した」としている[37]。日独伊を敵視する一方で、共産主義の下に恐怖政治を敷いていたスターリンと親交のあったルーズベルトは、ソ連によるフィンランドポーランド、およびバルト三国侵略については黙認していた。

また隔離演説は、アメリカ国民を戦争に順応させるレトリック的キャンペーンの始まりを告げるものであったともいわれる[38][24]

ブリュッセル会議とパナイ号事件編集

中華民国の国連への提訴と、アメリカ大統領による隔離演説を経て、同年11月3日から24日にかけて、ブリュッセル会議(九ヶ国条約会議)が開催。日本側は出席を拒否した。アメリカは隔離演説で見せたような挑発的な言明は避け、会議でウェルズ国務次官は「日本を侵略者呼ばわりするのは我々の考えではない。日本を懲罰するのではなく単に意見を交換するだけだ」と述べ[39][24]、中国を失望させた。

12月12日には、日本海軍機が米国の警備船「パナイ号」を爆沈したパナイ号事件が起きるが、アメリカはこの事件をもって開戦とはしなかった。西川秀和はその理由を「日本政府が速やかに賠償に応じたことも一因であるが、アメリカ国民の一般感情が強硬策を求めるまでに沸騰しておらず、第一次世界大戦後の孤立主義的傾向を完全に払拭するまでに至らなかったことに大きな原因がある」としている[24]。ルーズベルトはパナイ号事件に激怒していたが、隔離演説で予想を上回る反発が世論に起きたため、挑発的な言辞を使用することも報復的な対策をとることもなかった[24]

対中支援工作編集

ルーズベルトは、1937年7月7日盧溝橋事件勃発後の日中戦争(当時日本側呼称:支那事変近衛文麿首相・第1次近衛内閣)にあたり、大量の軍事物資を援蔣ルートを通じて蔣介石率いる国民党政権に送り続けた。1939年7月には日本政府(平沼騏一郎首相、平沼内閣)に対し日本の中国侵略に抗議するとして日米通商航海条約の廃棄を通告した。通告6カ月後の米内内閣米内光政首相)下の1940年(昭和15年)1月26日に同条約は失効し、日米関係は無条約時代に入った。また、クレア・リー・シェンノートが当時は国民党に雇用されていて、シェンノートの指揮のもとに組織されたアメリカの退役軍人を中心とする義勇軍「フライング・タイガース」を1941年に中華民国へ派遣させるなどした。なお蔣介石は、1928年からドイツ軍事顧問団による指導を受けていたが、1938年に軍事顧問団は引き上げている。また蔣介石の顧問に任命されていたオーウェン・ラティモアは日本軍の中国撤兵を要求する暫定協定に反対するよう蔣介石に助言してもいる。

 
駐機するアメリカ軍機を警護する中華民国軍の兵士

レンドリース法編集

1940年7月10日、スティムソンが陸軍長官に復帰した。同時にやはり共和党員であるフランク・ノックスが海軍長官となる。これらの人事は、第2次大戦への参戦を意識したものであった。スティムソンは、9月には選抜徴兵制を導入して、140万人以上の兵員動員を可能とした。

1941年3月にはレンドリース法(武器貸与法)を成立させ、大量の戦闘機・武器や軍需物資を中華民国、イギリス、ソビエト連邦、フランスその他の連合国に対して供給した。終戦までに総額501億ドル(2007年の価値に換算してほぼ7000億ドル)の物資が供給され、そのうち314億ドルがイギリスへ、113億ドルがソビエト連邦へ、32億ドルがフランスへ、16億ドルが中国へ提供された。

日米交渉から開戦まで編集

 
大西洋会談において、戦艦上のルーズベルト米大統領とチャーチル英首相

1941年4月からは日中間の戦争調停と日米間の和平合意を目指す日米交渉が本格化した。しかし、日独伊三国同盟問題や満州国など日米の溝は大きく、交渉はまとまらなかった。当時日本の指導部(第2次近衛内閣)は日米の国力の差を考え対米戦争に対して消極的であった[40]

しかし、1941年7月2日に策定された情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱によるフランス領インドシナやオランダ領東インドへの進駐計画はアメリカとの衝突をも予期したものであった。7月18日第3次近衛内閣発足後、日本が平和目的であるとしながらも南部フランス領インドシナ進駐をほのめかすようになると、7月25日に在アメリカの日本資産凍結を行った。しかし7月28日に進駐が実行され、8月1日にアメリカは「日本を含む全侵略国」への石油禁輸を行った。第二次世界大戦における自陣営拡大の希望を持つドイツとイギリスは日米交渉打ち切りを外部から働きかけていた。


またこの間の1941年8月9日から12日にかけて、イギリスのチャーチル首相と大西洋会談を行い米英首脳共同の調印で、「大西洋憲章」を発表した。

8月17日の野村・ルーズベルト会談において、豊田貞次郎外相は首脳会談による調整を提案したが、ルーズベルトは日本側の態度変更がない限り応じられないと回答した[41]。またハミルトン・フィッシュ3世en:Hamilton Fish III)によれば、近衛首相はルーズベルト大統領との会談を希望したが、すでに対日戦を決意していたルーズベルトは会談の要請を拒絶したという[注釈 18]。また駐日米国大使のジョセフ・グルーも首脳会談の開催を強く要請したが、ルーズベルト政権は「会談の必要なし」として却下している。

以降10月18日に発足した東條内閣東條英機首相)と水面下の対日交渉に臨むものの、11月27日に日本側が最後通告と受け取ったハル・ノートが手交された。日本側は12月1日御前会議で対米開戦を正式決定したが、12月6日にルーズベルトは昭和天皇宛に「平和を志向し関係改善を目指す」親電を送った[42]。しかしこの日は日本側の交渉打ち切り文書である「対米覚書」が野村吉三郎大使に渡された日だった。

1941年12月7日(日本時間で12月8日)の日本軍の真珠湾攻撃により太平洋戦争(開戦直後の閣議決定における日本側の呼称:大東亜戦争)が勃発し、翌日(12月8日)には、「Pearl Harbor Address to the Nation」(=真珠湾攻撃を国民に告げる)として、日本への宣戦布告を議会に求めた[注釈 19]

アメリカ議会の上院は全会一致、下院は1人が反対したのみで、宣戦布告を承認した。その後、ルーズベルトがイギリス首相ウィンストン・チャーチルに「我々は同じ船に乗りました、日本は攻撃してきました」と報告した際、チャーチルは手を叩いて喜んだ[43]。その後議会で日本軍の「卑劣な騙し討ち」を非難し、その日のうちに宣戦布告の誓約に署名して日本との戦争に突入した。

 
日本への宣戦布告を行うルーズベルト米大統領
 
アメリカ軍兵士の監視下で強制収容所に運ばれる日系アメリカ人

対日・対中政策編集

中国が経済的・軍事的に弱体化して日本と単独講和をする可能性があったため、ルーズベルト政権は対中援助政策を積極的に行った[44]蔣介石の国民党軍が日本軍に敗北を繰り返し、多くのヨーロッパ諸国やアジア諸地域が枢軸国に占領され連合国戦線から脱落しているにも関わらず、ルーズベルトは中国を戦線からの脱落をさせないために軍事援助の借款や蔣介石のカイロ会談出席と台湾の返還、さらに沖縄の中国による領有を主張し(蔣介石は沖縄領有を断った)、中国の常任理事国入りを強く希望し、米英ソ中が世界平和の維持する「四人の警察官構想」を抱いていた。ルーズベルトは米英の支援を受けた中国軍が中国の日本軍を撃破して、米軍のB29機が中国から日本本土へと空襲、中国軍が朝鮮半島から日本本土に侵攻する対日戦略を想定したが、これは中国の戦力の実態を認識していないルーズベルトがテヘラン会談におけるソ連の役割をカイロ会談で中国に当てはめたようなものであまりにも無理な作戦であった。しかも、ヨーロッパ戦線がアメリカの主要な関心事だったので、中国戦線に十分な物資を割り当てることができず、1942年のビルマの戦いで日本軍によって援蔣ルートが遮断されると、1944年にそれが復活されるまでの間は物資輸送は空輸に頼らざるを得ず、深刻な物資不足に陥った。また、中国は列強のソ連とは軍事力も工業力も経済力も大きく隔絶していた。

アメリカが参戦して以降、ルーズベルトは外交政策について国務省をほとんど頼らず、ハリー・ホプキンスのような個人的特使や大統領付軍事顧問であるウィリアム・リーヒなどとだけ相談して物事を進めてしまったため、国務省はルーズベルトが描いている戦争の遂行、終結についての構想を全く知らされていなかった[45]

カイロ会談で米英中は対日戦継続を宣言したが、ルーズベルトの期待に反して1944年の大陸打通作戦で中国国民党軍は日本軍に大きな打撃を受け、軍事的考慮よりも政治的考慮を優先したルーズベルトの対中政策は統合参謀本部から強硬に批判され[46]、アメリカ側は対日戦略をアイランド・ホッピングに変更した。

ルーズベルトの対中姿勢は理想的であったが、チャーチルとスティルウェルの対中姿勢は現実的であった。チャーチルは、中国を対日軍事拠点とする事、蔣介石をカイロ会談に出席させる事、台湾を中国に返還する事に反対し、さらにスターリンに対してと同じく中国へも常任理事国入りするのを反対した。回顧録では「(カイロ会談の時)蔣介石は権力の絶頂に立っていた。アメリカ人の目には彼は世界第4位の国の指導者であり、新アジアのチャンピオンだった。私はこういったものは過剰であって、中国の戦闘能力にしても未来の地位にしても疑問に思っていた」[要出典]

これ以外にも、歴史家や野党の共和党議員などからは、「ルーズベルトは日本軍の真珠湾攻撃についての情報を前もって入手しており、アメリカが第二次世界大戦に参戦する理由づけとしてそれを看過した」と主張がなされることがある。


また、アヘン戦争の頃から中国アヘンを含む貿易を手広く行って財を為した母方の祖父の影響で、ルーズベルト本人が幼い頃から中国文化に深い愛着を持ち、中国人に対して同情的かつ友好的な考えを持つ親華派であることを明言していた[47]

レイシスト・「人種改良論者」編集

ルーズベルトの人種観、特に異人種間の結婚に対する考えは、現代的な視点から判断すれば基本的にはレイシズムに基づいていると言えるが、その上でもやや一貫性のないものである[48]。太平洋戦争会議(Pacific War Council)では、「人類は、均等な機会が与えられるのならば、うまく混ざるだろう。(戦後は[引用者註])我々が知っているような人種差別は軽減されて、世界の国々は人種のるつぼのようになるだろう」と語る一方で[48]、駐米イギリス公使ロナルド・キャンベル(Ronald Hugh Campbell)との私的な会話では、ルーズベルトは、スミソニアン博物館の研究者であるアレス・ハードリチカによる、日本人の頭蓋骨は「われわれのより約2000年、発達が遅れている」という見解を紹介した上で、「人種間の差異を重視し、人種交配によって文明が進歩する」などと語り、「インド系やユーラシア系とアジア人種、欧州人とアジア人種を交配させるべきだ。だが日本人は除外する」、「日本人が敗北した後は、他の人種との結婚をあらゆる手段を用いて奨励すべきである」などとキャンベルに語ったという[48][49]

このような自らの人種差別的感情と、第二次世界大戦以前からのアメリカにおける日本人に対する人種差別的感情を背景に、1941年12月の対日開戦後には妻エレノアからの反対をも押しのけて、大戦中にアメリカ国内とアメリカの影響下にあったブラジルメキシコペルーなどの中南米諸国において、ヒトラーのユダヤ人強制収容と同様の日系人の強制収容政策を推し進め、自由を束縛するとともに財産を放棄せざるを得ない状況に追い込んだ。

さらに1944年6月13日には、アメリカの新聞が「ルーズベルト大統領が、フランシス・E・ウォルター連邦議会下院議員からレターオープナーを贈呈されたが、それが日本兵の腕の骨から作られたものである」と報じた。なおルーズベルトは、このような猟奇的な行為を隠しも恥じてもいなかった。

原子爆弾の開発政策(マンハッタン計画)編集

ルーズベルトは、1939年にレオ・シラードアルベルト・アインシュタインのからの書簡を契機に、原子爆弾の開発計画であるマンハッタン計画を推進した。1941年にイギリスからユダヤ系科学者オットー・フリッシュルドルフ・パイエルスの記した核エネルギーの兵器応用のアイディアを伝えられ、核兵器実現の可能性が高まると、1942年6月、ルーズベルトは国家プロジェクトとしての研究着手を決意する。プロジェクトの実施にあたっては「陸軍マンハッタン工兵管区」と名称が付けられた組織が行うこととなった。責任者はレズリー・リチャード・グローヴス准将が1942年9月に着任した。

連合国首脳との会談編集

 
カイロ会談で蔣介石とチャーチルとともに
 
ヤルタ会談の三巨頭

ルーズベルトは、大戦中に数度にわたり他の連合国首脳と会談している。 1943年1月14日には、イギリスのチャーチル首相と会談するためフロリダ州マイアミからモロッコカサブランカに出発した。彼は飛行機で外国を訪問した最初のアメリカ大統領になった。 会合は1月24日に終えたが、会談最終日にルーズベルトは第二次世界大戦の趨勢に重大な影響を及ぼすことになる「枢軸国との一切の和平交渉を拒絶し、無条件降伏を唯一の戦争終結とする。」という原則を表明した。

これは戦争の終結において条件付き講和という方法が遮断され無条件の降伏しかないならば、枢軸国は敗戦濃厚となっても休戦という決断は取らないで必然的に破れかぶれで戦争の継続を突き進む可能性が高いと考えられ(実際にドイツはそうなった)、弊害の方が大きいとしてチャーチルはじめ反対意見が少なくなかった。 またチャーチルはイタリアを枢軸国側から離脱するよう誘うためにも、枢軸国一律に無条件降伏を要求することは同意していなかった。 しかしこうした重大な政治的、軍事的要素をはらむ問題にもかかわらず、ルーズベルトは事前に国務省から意見を聞いたり、チャーチルから承諾を得たりすることも無しに、独断で連合国首脳の総意であるかのように記者会見でコメントした。

これは当時、アメリカ世論がルーズベルト政権に対して「戦争の早期終結のため枢軸国勢力と安易に取引するのでは?」と不信感を抱いており、ルーズベルトはこの疑惑を払拭する何らかの意思表示をする必要性から無条件降伏の原則を発表した。 ルーズベルト政権に疑惑が生じた背景には、その前年の1942年に米英軍が実施した親ドイツ姿勢のヴィシー・フランスが支配する北アフリカへの上陸作戦(トーチ作戦)がある。自国内でナチス・ドイツが行うユダヤ人迫害政策に加担したヴィシー・フランス軍司令官フランソワ・ダルランと、ルーズベルト政府が秘密裏に休戦交渉していたことが露見、アメリカのマスコミに「ルーズベルトはファシズム勢力と妥協した」と激しく非難される経緯があった[45]

同年11月にはエジプトで行われたカイロ会談において、中国蔣介石総統とチャーチル首相とアジアにおける戦後処理について話し合った。その後チャーチル首相とともにイランテヘランに移動してソ連ヨシフ・スターリン書記長と会談。

1944年10月14日、ルーズベルトは日本の降伏を早めるために駐ソ大使W・アヴェレル・ハリマンを介してスターリンに対日参戦を提案した[50]。同12月14日にスターリンは武器の提供と南樺太千島列島の領有を要求[51]、ルーズベルトは千島列島をソ連に引き渡すことを条件に、日ソ中立条約の一方的破棄を促した。また、このときの武器提供合意はマイルポスト合意といい、翌45年に米国は、中立国だったソ連の船を使って日本海を抜け、ウラジオストクに80万トンの武器弾薬を陸揚げした[54]

翌1945年2月4日から11日にかけて、ソビエト連邦クリミア半島のヤルタで、ルーズベルト、チャーチル、スターリンによるヤルタ会談が開かれ、大戦後の国際秩序や発足が議論されていた国際連合についての協議が行われた。また、日本の領土分割などについても話され、ヤルタ会談ではこれが秘密協定としてまとめられた[57]


この会期中2月9日に開かれた英米軍事会議においてルーズベルトは、チャーチルから「戦争が1年でも半年でも短縮されるならば意味がある。」としてドイツ、日本との戦争終結に際しての降伏条件をいくらか緩和するように提言された。それに対しルーズベルトは「そうした考えは、世界情勢に無知であり、今なお自国に有利な譲歩を得られると考える日本人に、そのような条件緩和を行うことが有効だとは思えない。」と一蹴し、あくまでも無条件降伏を要求し続けるとの姿勢を固持した[58]

そしてヤルタ会談においてルーズベルトは、ドイツ降伏後も当分の継続が予想された対日戦を、降伏条件を緩和することなしに早期に終結させるため、スターリンに対し千島列島南樺太のソ連への割譲を条件にドイツ降伏後3ヶ月以内の対日参戦を要求した。 後にソ連が満州に侵攻する。

勝利を目前にした死編集

ルーズベルトは共和党候補トーマス・E・デューイに勝ち、1944年11月7日に先例のない4選を果たした。しかしながら肖像画の制作途中、1945年4月12日の昼食前に脳卒中で死去。死因は高血圧性脳出血であり、死亡日の血圧は300/190 mmHgであった。1年前から最高血圧は200 mmHgを超えていた。当時、高血圧の薬は実験的な報告が出たばかりであり、治療法はなかったという[59]。これに伴い、副大統領ハリー・S・トルーマンが大統領に昇格した。その後、5月にはドイツ、8月には日本が降伏し、第二次世界大戦の終結とその勝利を目前にした死であった。墓はニューヨーク市のウッドローン墓地にある[要出典]

その他編集

 
愛犬ファラを抱え、庭師の孫娘と共に写った一枚。車椅子姿のルーズベルトを写した稀少な写真。
  • 1911年ニューヨーク州のホーランド・ロッジNo.8でフリーメイソンに入会[60][61]
  • 1921年8月10日カナダカンポベロ島の別荘でポリオを発症する。その後遺症により下半身がほとんど麻痺し、日常生活では車椅子を常用していた。生前は車椅子姿を見られるのを非常に嫌ったため、訪問先の植木や立ち木をカムフラージュのために植え替えさせるなど、自身の障害を知られないよう事細かく指示した。また、マスコミもあえて積極的に報道しなかったため、ルーズベルトに障害のあったことは当時のアメリカ国民にはほとんど知られなかった。車椅子姿をとらえたメディアはほとんど無く、写真が2枚ほど残されているだけである。
    • ルーズベルトが実際に罹患したのはギラン・バレー症候群であったと推測する症状比較研究がある[62]。それによれば、彼の症状の8項目のうち6項目についてはギラン・バレー症候群の症状との整合性が高く、2項目についてはポリオとの整合性が高かったという。しかし、ルーズベルトの脳脊髄液は採取されなかったので、正確なことは分かっていない。
    • 2001年に米国の身障者協会の運動で、ワシントンに車いす姿のルーズベルトの銅像が立てられた[要出典]
  • 1944年9月23日、ワシントンD.C.大統領選挙戦を開始したスピーチは「ファラ・スピーチ」と呼ばれる。アリューシャン列島にアメリカ海軍の駆逐艦を派遣して愛犬のスコティッシュ・テリアファラを迎えに行かせたという批判に言及したため。
  • 肖像は、米国の10セント銀貨に採用されている。
  • 切手収集家としても有名であり、在任中に発行された多くの切手について、郵政当局に発行の要望を提案、実現させたのみならず、デザインの選定やシリーズの構成にまで関与した(歴代大統領肖像図案の普通切手、国立公園切手、枢軸国に占領された国の国旗切手など)。切手収集家のためのサービス向上にも熱心で、販売カタログに切手の一部しか載せないとした規制に柔軟に対応させるように法改正を進めた[要出典]ほか、切手発行初日に特別の消印を使用させるなど、様々な施策をとった。個人的な趣味が行政に影響を与えたが、関与した切手や導入させた施策は内外の切手収集家により、現在でも高く評価されている[要出典]。またモナコで戦後発行された追悼切手には切手を整理するルーズベルトの姿が描かれている。
  • 推理小説の大ファンでもあり、シャーロック・ホームズ愛好家の団体ベーカー・ストリート・イレギュラーズの会員であった。また、彼自身が思いついたプロットでS・S・ヴァン=ダインらが『大統領のミステリ』と題するリレー長編を執筆した[要出典]こともある。
  • ハーバート・フーヴァーは自著『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』においてルーズベルトについて「日本との戦争の全てが、戦争に入りたいという狂人(ルーズベルト)の欲望だった」と、手厳しく批判を重ねている。
  • 当時下院議員だったハミルトン・フィッシュは、戦後ハル・ノートの存在を知り、ルーズベルトを非難した[63]
  • 1938年の夏、ルーズベルト大統領とスミソニアン博物館が共同実施した調査航海[64]によって得られた標本を元に、ヨコエビNeomegamphopus roosevelti (Shoemaker 1942) という種が記載された[65]

マルチメディア編集

ルーズベルトの映像集

フランクリン・ルーズベルトが登場する作品編集

映画編集

参考文献編集

主な執筆者、編者の姓の50音順

  • 日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集』(pdf)日本国外務省・ロシア連邦外務省(編)、外務省、1992年。
  • 笠原十九司『南京事件』〈戦史叢書籍・支那事変陸軍作戦I〉、1997年、38頁。ISBN 4004305306
  • 『「日米激突」への半世紀』1、学研パブリッシング〈歴史群像シリーズ決定版太平洋戦争〉、2008年、70頁。
  • 『日本降伏』9、学研パブリッシング〈歴史群像シリーズ決定版太平洋戦争〉、2010年。
  • アンドレイ・グロムイコ (Gromyko, Andreĭ Andreevich)『グロムイコ回想録 : ソ連外交秘史』読売新聞社外報部、読売新聞社、1989年、[要ページ番号]ISBN 464389055X
  • 産経新聞「ルーズベルト秘録」取材班『ルーズベルト秘録』産経新聞社、2000年12月、[要ページ番号]『同』上巻、前田徹、佐々木類、スコット・スチュアート、31頁。
  • 杉田米行太平洋戦争期の米中関係におけるスティルウェル事件   (Microsoft Word.doc)」 『大阪外国語大学アジア太平洋論叢』第6号、大阪大学大学院杉田研究室、1996年、 113-130頁、2012年8月6日閲覧。
  • 滝田賢治F.D.ルーズベルトの中国政策 : 第2次大戦期を中心として」『一橋研究』第30巻、一橋大学大学院生自治会、1975年12月15日、 98-114頁、2020年1月18日閲覧。
  • ジョン・W・ダワー『容赦なき戦争』猿谷要、斉藤元一訳〈平凡社ライブラリー〉、2001年、205頁。ISBN 978-4582764192
  • 『チャーチル回顧録』[疑問点]
  • 中村粲『大東亜戦争への道』展転社、1990年、[要ページ番号]
  • 長谷川毅『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』上〈中公文庫〉、2011年、64-65頁。
  • ハミルトン・フィッシュ『ルーズベルトの戦争責任』草思社、[要ページ番号]
  • ハミルトン・フィッシュ『日米・開戦の悲劇』〈PHP文庫〉、1992年、[要ページ番号]
  • ウィリアム・ルクテンバーグ『ローズヴェルト』陸井三郎訳、紀伊國屋書店、1968年、180,200。
  • 渡辺惣樹『戦争を始めるのは誰か : 歴史修正主義の真実』〈文春新書 1113〉、2017年、[要ページ番号]NCID BB22868275

洋書(主な執筆者の姓のABC順)

  • Department of State, ed (1943). Peace and War: United States Foreign Policy, 1931-1941. Washington: United State Government Printing Office. pp. 387-388 
  • Freidel, Frank. Franklin D. Roosevelt. 4 1952-73  最も詳しく裏付けされたルーズベルトの伝記。1934年の記述で終わる。
  • Graff, Frank Warren (1988) (英語). Strategy of Involvement: A Diplomatic Biography of Sumner Welles. Garland Publishing. p. 206 
  • Hull, Cordell (1941) (英語). The Memoirs of Cordell Hull. 1. The Macmillan Company. p. 545 
  • McJimsey, George, ed (2002). Documentary History of the Franklin D. Roosevelt Presidency. 7. Bethesda: University Publications of America 
  • Morgan, pages=267, 269-272, 286-287[疑問点]
  • Rosenman, Samuel I., ed (1969) (英語). The Public Papers and Addresses of Franklin D. Roosevelt. 6. Russell and Russell. p. 410  Rosenman, Samuel I (1972) (英語). Working with Roosevelt. Da Capo Press. p. 166 
  • Ryan, R. (1988) (英語). Franklin D. Roosevelt’s Rhetorical Presidency. New York: Greenwood Press. p. 141 
  • Shoemaker, C.R. (1942). “Amphipod Crustaceans Collected On The Presidential Cruise Of 1938” (英語). Smithsonian Miscellaneous Collections 101 (11): 1–53. 
  • Smith, FDR, pp 51-98.[疑問点]
  • Thorne, Christopher G. (1979) (英語). Allies of a kind: the United States, Britain, and the war against Japan, 1941-1945. Oxford University Press. pp. 158-159,167-168. ISBN 0195201736 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 近年世界史の研究書や辞典類では、ローズヴェルトと表記するものが多い[1]。フランクリン自身も米国人一般も/ˈroʊzəvəlt/と二重母音で発音する。日本では、綴りに引かれて/ˈruːzəvɛlt/と長母音で発音してしまう例が多い。
  2. ^ もっとも、1943年6月9日に成立したen:Current Tax Payment Act of 1943という源泉徴収法は、有事法であったはずが、戦後も特に根拠がないまま現行法であり続けており、国内労働者から批判される。
  3. ^ ルーズベルト家のもともとの姓はRozenvelt ローゼンヴェルト、英語で 'field of roses'(バラの野原)の意。
  4. ^ ジェームズ・ルーズベルトはオイスター・ベイの一家の集いで妻に出会い、またフランクリンはセオドア・ルーズベルトの姪(この姪は後の妻・アナ・エレノア・ルーズベルトとは別人)と結婚する予定であった。
  5. ^ 母サラ・デラノの祖先は1621年にマサチューセッツに移住したフィリップ・デ・ラ・ノイ(フランス語: Philippe de Lannoy)であった。母方の祖母ライマンはアメリカの非常に古い家系の一つの出身。
  6. ^ フランクリンは後に友人に「生涯、母親を恐れていた」と語っている。
  7. ^
  8. ^ 1912年の州議会議員選挙で再選されたが、海軍次官の職を引き受けるため1913年3月17日に議員を辞職した[5]
  9. ^ 1914年、連邦上院議員選挙の民主党予備選挙でタマニー協会の候補ジェームズ・W・ジェラードに敗れる。
  10. ^ 1920年のルーズベルト手稿よりワシントン州スポケーン、カリフォルニア州サンフランシスコ、セントラリア(en:Centralia)の演説原稿を典拠としている。いささか譲歩しても演説の内容は無理に誇張した政治的発言であり、選挙運動に少なからぬ争議をかもした[6]
  11. ^ 記事を書き立てたプロヴィデンス・ジャーナル紙とニューヨーク・タイムズ紙の報道により職を辞する。
  12. ^ また1924年および1928年民主党全国大会でルーズベルトはスミスの指名推薦演説を行っている[9]
  13. ^ 知事として、フランシス・パーキンスハリー・ホプキンスから助言を受けた。
  14. ^ 「三つのR 」の原文。Three R's - relief, recovery and reform.
  15. ^ 「私は誓約します。私は、米国民のための新規まき直し政策を誓約します。」
    I pledge you, I pledge myself, to a new deal for the American people.
  16. ^ ただし、ルーズベルトが参戦を望んでいたのはアメリカの権益・領土に直接害が及ばないヨーロッパ戦線であり、ハワイフィリピンなどのアメリカ所有領土や植民地、中華民国内の租界などのアメリカの利権に直接被害が及ぶ可能性の高く、(ヨーロッパと太平洋の)2つの戦線で戦うことになる対日開戦には消極的であったとも言われている[要出典]
  17. ^ 中村粲(つね)訳では「不幸にも世界の無秩序という病気が広がっているようだ。身体の病気が広がり出したら、社会はその健康を守るため病人を隔離するものだ」としている[27]
  18. ^ ハミルトン・フィッシュen:Hamilton Fish III)は「非常な平和愛好者である首相の近衛公爵は、ワシントンホノルルに来てもよいからルーズベルト大統領と会談したいと、繰り返し要望していた。彼は、戦争を避けるためには、米国側の条件に暫定協定の形で同意する意志があったが、ルーズベルトは、すでに対日戦、およびその帰結としての対独戦を行うことを決意 していたというだけの理由で、日本首相との話し合いを拒否した」としている[37]
  19. ^ 国民に向けた演説の冒頭で「a date which will live in infamy」=屈辱の日の表現を用いた。このため、この演説は「屈辱演説」と呼ばれる。

出典編集

  1. ^ 帝国書院 | Q&A 変わる社会科 -歴史
  2. ^ 東久邇日記
  3. ^ Masonic Presidents”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年9月2日閲覧。
  4. ^ Holland Lodge website. "§ History" 節。
  5. ^ Smith, FDR, pp 51-98
  6. ^ Arthur Schlesinger. The Crisis of the Old Order. p. 364 
  7. ^ “Civitans Organize Here” (英語) (PDF). The New York Times. (1922年6月16日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9A06E7DC1231EF33A25755C1A9609C946395D6CF 2009年1月21日閲覧。 
  8. ^ “Franklin D. Roosevelt sees Davis a winner; Predicts also a Victory for Smith for Governor by a Decisive Majority” (英語). The New York Times: p. 3. (1924年10月28日) 
  9. ^ Morgan, pp. 267, 269-272, 286-287.
  10. ^ Whitman, Alden (1976年6月10日). “Farley, 'Jim' to Thousands, Was the Master Political Organizer and Salesman” (英語). The New York Times. p. 64 
  11. ^ 渡辺, pp. [要ページ番号].
  12. ^ Freidel.
  13. ^ a b U.S. Bureau of economic analysis>Interactive Data>National Economic Data>GDP & Personal Income>Bigin Using the Data>SECTION 1 - DOMESTIC PRODUCT AND INCOME>Table 1.1.6. Real Gross Domestic Product, Chained Dollars (A) (Q)>Options
  14. ^ “There could be trouble ahead”. The Economist. (2011年12月10日). ISSN 0013-0613. https://www.economist.com/briefing/2011/12/10/there-could-be-trouble-ahead 2020年12月4日閲覧。 
  15. ^ a b U.S. Bureau of economic analysis>Interactive Data>National Economic Data>GDP & Personal Income>Bigin Using the Data>SECTION 1 - DOMESTIC PRODUCT AND INCOME>Table 1.1.5. Gross Domestic Product (A) (Q)>Options
  16. ^ a b U.S. Bureau of Labor Statistics>Publications>Compensation from before World War I through the Great Depression
  17. ^ a b U.S. Bureau of Labor Statistics>cpsa2011>Employment status of the civilian noninstitutional population 1941 to date
  18. ^ “Fiscal Year 2014” (pdf). Historical Tables. White House > Office of Management and Budget. (2014). pp. 50-80. http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/budget/fy2014/assets/hist.pdf 
  19. ^ en:Executive Order 6102
  20. ^ Swanson, Claude A. (1933年12月7日). “The Fleet Marine Force”. SecNav General Order No. 241. Marine Corps History Division. 2010年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月8日閲覧。
  21. ^ Tierney, Elizabeth L. (1962年). “A Brief History of Marine Corps Aviation”. Marine Corps Historical Reference Series – Number 18. Historical Branch, Headquarters Marine Corps. 2007年2月12日閲覧。
  22. ^ Astor, Gerald (2005). Semper Fi in the Sky – The Marine Air Battles of World War II. New York City: Random House. p. 14. ISBN 0-89141-877-6 
  23. ^ 『「日米激突」への半世紀』1、学研パブリッシング〈歴史群像シリーズ決定版太平洋戦争〉、2008年、70頁。
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n 西川秀和 フランクリン・ローズヴェルト大統領の「隔離」演説
  25. ^ ルクテンバーグ 1968, p. 200.
  26. ^ Rosenman 1969, p. 410.
  27. ^ 中村 1990.
  28. ^ 笠原, p. 38.
  29. ^ Hull 1941, p. 545.
  30. ^ 中村 1990, pp. [要ページ番号].
  31. ^ Department of State 1943, pp. 387-388.
  32. ^ ルクテンバーグ 1968, p. 180.
  33. ^ 「「米大統領の諷刺演説に應酬―率直にわが眞意吐露‘戦争’も已むを得ず」「紛争國“隔離”を提唱―米大統領演説」」『毎日新聞』、1937年10月7日。
  34. ^ 「「米大統領獅子吼―平和確保に協力せん」」『朝日新聞』、1937年10月7日。
  35. ^ McJimsey 2002, pp. 7-8.
  36. ^ Rosenman 1972, p. 166.
  37. ^ a b フィッシュ 1992, pp. [要ページ番号].
  38. ^ Ryan 1988, p. 141.
  39. ^ Graff 1988, p. 206.
  40. ^ NHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第4回 開戦・リーダーたちの迷走」”. NHK. 2011年3月6日閲覧。
  41. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 8月17日の野村・ルーズベルト会談におけるアメリカ側回答の報告。
  42. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - ルーズベルト親電画像へのリンクあり。
  43. ^ 『チャーチル回顧』
  44. ^ 滝田 1975, pp. 98-114.
  45. ^ a b
  46. ^ 杉田 1996, pp. 113-130.
  47. ^ 産経新聞「ルーズベルト秘録」取材班 2000, pp. [要ページ番号].
  48. ^ a b c Thorne, Christopher G. (1979). Allies of a kind: the United States, Britain, and the war against Japan, 1941-1945. Oxford University Press. pp. 158-159,167-168. ISBN 0195201736 
  49. ^ ジョン・W・ダワー『容赦なき戦争』猿谷要、斉藤元一訳〈平凡社ライブラリー〉、2001年、205頁。ISBN 978-4582764192
  50. ^ 前田、佐々木、スチュアート 2000, p. 30.
  51. ^ 長谷川 2011, pp. 64-65.
  52. ^ グロムイコ 1989, pp. [要ページ番号].
  53. ^ 前田、佐々木、スチュアート 2000, p. 31.
  54. ^ 在米ソ連大使アンドレイ・グロムイコの『回顧録』の邦訳[52]による(原題は『Pami︠a︡tnoe』、英題はAndrei Gromyko著 (1990) Memoires。Harold Shukman(訳)、 Henry A. Kissinger(序)、Doubleday、c1989。ISBN 0385412886、NCID BA12431036。)。また伝記邦訳[53]による(同原書はHarriman, W. Averell (William Averell) ; Abel, Elie著(1975) Special envoy to Churchill and Stalin, 1941-1946。1st ed、Random House。ISBN 0394482964。NCID BA03830551。
  55. ^ 日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集 1992, p. 23.
  56. ^ 日露間領土問題の歴史に関する共同作成資料集 1992, pp. 24.
  57. ^
    • 「ヤルタ会議における米ソ首脳発言(1945年)」[55]
    • 「ヤルタ協定」[56]
  58. ^ 日本降伏 2010, p. 43.
  59. ^ 連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」第5回.『ルーズベルト米大統領を死に至らしめ、米ソ冷戦構造をつくった「迷信」とは?』 ヘルスプレス、2016年1月6日
  60. ^ http://www.lodgestpatrick.co.nz/famous2.php#M
  61. ^ FRANKLIN DELANO ROOSEVELT”. Masonic Presidents Of The United States. The Grand Lodge of Free and Accepted Masons of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  62. ^ "What was the cause of Franklin Delano Roosevelt's paralytic illness?". Journal of Medical Biography. 11 : 232-244 (2003).
  63. ^ ハミルトン 1992, pp. [要ページ番号].
  64. ^ Presidential Cruise of 1938”. 2018年11月4日閲覧。
  65. ^ Shoemaker 1942, pp. 1–53.
引用エラー: <references> で定義されている <ref> タグに、先行するテキスト内で使用されていない group 属性「」があります。

関連項目編集

ルーズベルトの主な政策

フランクリン・ルーズベルトの名がついたもの

 
台北市の羅斯福路の標識。


外部リンク編集

スピーチ編集

その他編集

公職
先代:
ハーバート・フーヴァー
 アメリカ合衆国大統領
1933年3月4日 - 1945年4月12日
次代:
ハリー・S・トルーマン
先代:
アルフレッド・E・スミス
ニューヨーク州知事
1929年 - 1932年
次代:
ハーバート・H・リーマン
官職
先代:
ビークマン・ウィンスロップ
アメリカ合衆国海軍次官
1913年3月17日 - 1920年8月26日
次代:
ゴードン・ウッドベリー
党職
先代:
アルフレッド・E・スミス
民主党大統領候補
1932年, 1936年, 1940年, 1944年
次代:
ハリー・S・トルーマン
先代:
アルフレッド・E・スミス
民主党ニューヨーク州知事候補
1928年, 1930年
次代:
ハーバート・H・リーマン
先代:
トーマス・R・マーシャル
民主党副大統領候補
1920年
次代:
チャールズ・W・ブライアン
受賞や功績
先代:
ルネ・ヴィヴィアニ
タイム誌の表紙を飾った人物
1923年5月28日
次代:
ジョン・L・ルイス
先代:
ドナルド・W・ダグラス
タイム誌の表紙を飾った人物
1943年11月29日
次代:
クレア・リー・シェンノート