メインメニューを開く

フランク・トーリFrank Joseph Torre, 1931年12月30日 - 2014年9月13日)はアメリカ合衆国のプロ野球選手。前ロサンゼルス・ドジャース監督ジョー・トーリの実兄。

フランク・トーリ
Frank Torre
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク
生年月日 (1931-12-30) 1931年12月30日
没年月日 (2014-09-13) 2014年9月13日(82歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1951年 アマチュアフリーエージェント、ボストン・ブレーブス
初出場 1956年4月20日
最終出場 1963年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1951年にボストン・ブレーブス(現アトランタ・ブレーブス)と契約。1956年にメジャーデビュー。レギュラー一塁手ジョー・アドコックの守備固めを中心に111試合に出場。

1957年にレギュラーとなり、ブレーブスはウォーレン・スパーンハンク・アーロンを擁しワールドシリーズに進出。ニューヨーク・ヤンキースを4勝3敗で破りワールドチャンピオンに輝いた。トーリも全7試合に出場し、2本塁打を記録した。

1958年に打率.309、6本塁打、55打点を記録。ブレーブスは2年連続でワールドシリーズに進出したが、ヤンキースに3勝4敗で破れ連覇はならなかった。

1961年オフにフィラデルフィア・フィリーズに移籍。1963年に引退。

三振が少なく、通算1482打数で三振はわずか64(23.2打数で1三振)だった。また守備も優れ、1957年と1958年ナショナルリーグ一塁手の守備率トップを記録した。通算守備率は.993。

1996年心臓移植手術、2006年には腎臓移植手術を行った。2014年9月13日に死去[1]

脚注編集

外部リンク編集