メインメニューを開く

フランク・ミルズ(Frank Mills、1942年6月27日 - )は、カナダピアニスト作曲家編曲家指揮者音楽プロデューサー

フランク・ミルズ
出生名 Frank Mills
生誕 (1942-06-27) 1942年6月27日(77歳)
カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
出身地 カナダの旗 カナダ
ジャンル イージーリスニング
職業 ピアニスト
作曲家
編曲家
指揮者
音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノ
シンセサイザー
活動期間 1974年 -
レーベル ポリグラム1974年 - 1986年
キャピトル1986年 - )
公式サイト フランク・ミルズ公式ウェブサイト

目次

人物・来歴編集

カナダオンタリオ州トロントの出身[1]

子供の時にピアノトロンボーンをマスターし、16歳で作曲もしたという[1]マギル大学卒業後、一度サラリーマンになったが、音楽の夢を捨てきれず、まず友人たちとロック・グループ「ザ・ベルズ」を結成[1]、1曲だけ全米大ヒットを生んだが、限界を感じたのと自分の望みを貫くため、グループを解散し独立した[1]

1974年に、最初のアルバム『The Poet And I』[2]を発表した。プロモーションのためにその中の1曲「愛のオルゴール」(Music Box Dancer)を1978年にDJ向けにシングル・カットし、これをオタワのDJデップ・ワッツが聴いて気に入り[1]、オンエアを重ねた結果[1]1979年に同曲がカナダ、アメリカなどで大ヒットし、1979年5月5日には、ビルボードの全米ヒットチャートで最高位3位を記録するまでになった[1]。これを機に、アルバム曲のタイトル曲「詩人と私」もドイツで大ヒットした。

1982年3月に来日した[1]。日本では来日記念アルバム『ベスト・コレクション』が発売され[1]、同アルバムおよび『The Poet And I』の1曲目に収録されている「街角のカフェ」が来日記念シングルとしてシングル・カットされた[1]

1986年に、ポリグラムからキャピトルにレコード会社を移籍した[1]。移籍して最初に発売したアルバム『愛の情景』(Transitions)では、ミルズはシンセサイザーを演奏している[1]

代表曲編集

全てミルズの自作曲である。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『The Poet And I』に封入されている音楽ライター宮本啓が執筆した解説文より。
  2. ^ 日本でこのアルバムが初めて発売されたのは1979年4月で、その時のアルバム名は「愛のオルゴール」だった。

外部リンク編集