フランコ・アンブロゼッティ

フランコ・アンブロゼッティFranco Ambrosetti1941年12月10日 - )は、ジャズ・トランペッター、フリューゲルホルン奏者、作曲家である。スイスルガーノ生まれ。父親のフラヴィオ・アンブロゼッティは、かつてチャーリー・パーカーの対をなすほどの演奏を行ったサックス奏者であった[1]。「Enja Records」からいくつかのアルバムをレコーディングし、ジョルジュ・グルンツを含むグループで父親とともにプロとして仕事を行った[2]

フランコ・アンブロゼッティ
Franco Ambrosetti
生誕 (1941-12-10) 1941年12月10日(80歳)
出身地 スイスの旗 スイス ルガーノ
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン作曲家
担当楽器 トランペットフリューゲルホルン
公式サイト 公式ウェブサイト

アンブロゼッティはクラシック・ピアノのトレーニングを受けており、独学のトランペッターでもある。アンブロゼッティは、ケニー・クラークデクスター・ゴードンフィル・ウッズキャノンボール・アダレイジョー・ヘンダーソンマイケル・ブレッカーマイク・スターンハル・ギャルパーロマーノ・ムッソリーニなど、数多のアメリカやヨーロッパのミュージシャンとレコーディングを行い、ジャズ・フェスティバルやコンサートに参加してきた。アンブロゼッティは、バーゼル大学で経済学の修士号も取得している。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ア・ジャズ・ポートレイト・オブ・フランコ・アンブロゼッティ・フィーチャリング・ジョルジオ・アンゾリーニ』 - A Jazz Portrait of Franco Ambrosetti (1965年、Durium)
  • 『ザ・ジャズ・ライブ・シチュエーション』 - The Jazz Live Situation (1973年、Dire)
  • Jazz a Confronto 11 (1974年、Horo)
  • Steppenwolf (1975年、PDU)
  • Franco Ambrosetti Quartet (1976年、PDU)
  • 『クローズ・エンカウンター』 - Close Encounter (1978年、Enja)
  • 『スリーピング・ジプシー』 - Sleeping Gypsy (1980年、Gryphon) ※with Don Sebesky
  • 『ハート・バップ』 - Heart Bop (1981年、Enja)
  • 『ウィングス』 - Wings (1984年、Enja)
  • 『テンテッツ』 - Tentets (1985年、Enja)
  • 『ムービーズ』 - Movies (1987年、Enja)
  • 『ムービーズ・トゥー』 - Movies Too (1988年、Enja)
  • Music for Symphony and Jazz Band (1991年、Enja)
  • 『ジン・アンド・ペンタトニック』 - Gin And Pentatonic (1992年、Enja)
  • 『ライヴ・アット・ブルーノート』 - Live at the Blue Note (1993年、Enja)
  • Light Breeze (1998年、Enja)
  • Grazie Italia (2000年、Enja)
  • European Legacy (2003年、Enja)
  • Liquid Gardens (2006年、Enja)
  • 『ザ・ウインド』 - The Wind (2007年、Enja)
  • 『ロコモーション』 - Locomotion (2007年、Sound Hills) ※with ミシェル・ボッザ
  • 『ライヴ・イン・ミラン デュオ、トリオ、クァルテット』 - Live In Milan, Duo, Trio, Quartet (2009年、Albore Jazz) ※with エンリーコ・イントラ
  • 『サイクラディック・ムード』 - Cycladic Moods (2012年、Enja)
  • 『アフター・ザ・レイン』 - After the Rain (2015年、Enja)
  • 『チアーズ』 - Cheers (2017年、Enja)
  • The Nearness of You (2018年、Unit)
  • Long Waves (2019年、Unit)

参加アルバム編集

ジョルジュ・グルンツ

  • Drums and Folklore (1967年、SABA)
  • For Flying Out Proud (1978年、MPS)
  • Living Transition (1988年、AMIGA)
  • Happening Now! (1988年、Hat ART)
  • 『ファースト・プライズ』 - First Prize (1989年、Enja)
  • 『シリアス・ファン』 - Serious Fun (1990年、Enja)
  • 『ブルースン・デュエット・エト・セトラ』 - Blues 'n' Dues Et Cetera (1991年、Enja)
  • Mock-Lo-Motion (1995年、TCB)
  • Renaissance Man (2002年、TCB)
  • Tiger by the Tail (2006年、TCB)

ミーナ

  • Uiallalla (1989年、PDU)
  • Ti Conosco Mascherina (1990年、PDU)
  • Caterpillar (1991年、PDU)
  • Sorelle Lumiere (1992年、PDU)
  • Mina Canta I Beatles (1993年、PDU)
  • Mazzini Canta Battisti (1994年、PDU)
  • Canarino Mannaro (1994年、PDU)
  • Pappa Di Latte (1995年、PDU)
  • Cremona (1996年、PDU)
  • Napoli (1996年、PDU)
  • Sconcerto (2001年、PDU)
  • Veleno (2002年、PDU)
  • Bula Bula (2005年、PDU/Sony)
  • L'Allieva (2005年、PDU/Sony)
  • Caramella (2014年、PDU)

その他

脚注編集

  1. ^ Carr, Ian; Fairweather, Digby and Priestley, Brian Rough Guide to Jazz Rough Guides, 2004 ISBN 1-84353-256-5, 978-1-84353-256-9 at Google Books
  2. ^ Cook, Richard (2005). Richard Cook's Jazz Encyclopedia. London: Penguin Books. pp. 11. ISBN 0-141-00646-3 

外部リンク編集