フランシスコ・エレーラ (父)

フランシスコ・エレーラ(Francisco de Herrera el Viejo、1576年1656年)はスペインの画家である。セビリアを拠点に活動し、教会や修道院の装飾画を描いた。画家となった同名の息子、フランシスコ・エレーラ (子)(Francisco de Herrera el Mozo: 1627-1685)と区別するために「el Viejo(the Elder)」を付けて呼ばれる。

フランシスコ・エレーラ(父)
Francisco de Herrera el Viejo
San Cosme o autorretrato de Francisco de Herrera el Viejo (Museo Lázaro Galdiano, Madrid).jpg
エレーラ作の殉教者聖San Cosme、自画像とする研究者もいる。
生誕1576年
スペイン、セビリア
死没1656年
スペイン、マドリード

略歴編集

セビリアでミニアチュール画家の息子に生まれた。兄弟に画家のフアン・エレーラがいる。イタリアのマニエリスムの影響を受けた画家、フランシスコ・パチェーコ(1564-1644)の弟子であったとされているが、すぐにパチェーコのスタイルを離れて独自のスタイルで活動するようになった。1617年にはアンダルシアウエルバの大聖堂の仕事を依頼されている。当時のセビリアはマドリードよりも人口が多く、スペインの美術の中心になっていて、多くの工房でセルビア近傍の教会、修道院だけでなく、アルゼンチンやメキシコ、ペルーなどの教会に送られる祭壇画などが制作していた。エレーラの工房も、その重要な一つであった。1620年代にはフランシスコ・デ・スルバランと協力してトレドの神学校(Collegio di San Buonaventura)の仕事もした。

セビリアでのペストの大流行のために、1650年にマドリードに移り、マドリードで1656年に亡くなった。

1610年頃、有名な画家になるディエゴ・ベラスケスの最初の教師となったとされるが、エレーラの妥協を許さない厳しい性格に我慢できず、数か月でベラスケスは、フランシスコ・パチェーコのもとに移ったとされている。

作品編集

参考文献編集

  • William B. Jordan: Juan van der Hamen y León & The Court of Madrid. Yale University Press, New Haven 2005. ISBN 0-300-11318-8. S. 51.
  • Wood, James, ed. (1907). "Herrera, Francisco". The Nuttall Encyclopædia. London and New York: Frederick Warne.

外部リンク編集