フランシスコ・カンポス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカンポス第二姓(母方の)はマチャドです。(Template:スペイン語圏の姓名

フランシスコ・カンポス・マチャドFrancisco Campos Machado1972年8月12日 - )はメキシコ合衆国ソノラ州出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

フランシスコ・カンポス
Francisco Campos
カンペチェ・パイレーツ 監督 #20
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州グアイマス英語版
生年月日 (1972-08-12) 1972年8月12日(49歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 アマチュアFA
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • カンペチェ・パイレーツ (2020 - )
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2006年2009年

来歴編集

1991年ヒューストン・アストロズに捕手として入団しプロ入り。

1993年メキシカンリーグ(LMB)のカンペチェ・パイレーツに移籍するも野手としては芽が出ず、1995年に投手に転向。

1996年から先発投手として定着し、2000年2001年は連続して二ケタ勝利を挙げた。また2002年から2004年まではメキシカンリーグと並行してマイナーリーグ(AAA級)でもプレーした。

春から秋にかけてはメキシカンリーグ、冬はリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ(LMP)でプレーし、47歳シーズンとなる2019年まで第一線で現役を続けた。

また2006年2009年ワールド・ベースボール・クラシックメキシコ代表として出場している。

LMBとLMPの両リーグで投手三冠を獲得した唯一の投手であり[1]、現役最終年となる2019年7月2日にはメキシカンリーグ通算200勝を達成している[1]。通算奪三振はリーグ4位となる2,181[1]

スペイン語で三振を意味する「ポンチェ」(Pancho Ponches)の愛称で呼ばれた、メキシコを代表する本格派投手であった[2]

2020年に古巣カンペチェ・パイレーツの監督に就任したが[3]、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大によりリーグが開催されなかったため、2021年から公式戦の指揮を執る[4]

脚注編集

  1. ^ a b c "La pelea por el título de la LMB será hasta el final": Francisco Campos” (スペイン語). MILENIO (2021年7月17日). 2021年8月13日閲覧。
  2. ^ Pancho Ponches: "Ya puedo decir adiós"” (スペイン語). Proceso (2018年3月25日). 2021年8月13日閲覧。
  3. ^ SE ABRIO EL CAMPAMENTO” (スペイン語). Piratas de Campeche (2020年3月2日). 2021年8月13日閲覧。
  4. ^ メキシコ野球リーグLMBが5月20日開幕 見どころ紹介”. WBSC (2021年5月19日). 2021年8月13日閲覧。

外部リンク編集