メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペゲーロ第二姓(母方の)はバエズです。

フランシスコ・ペゲーロ・バエズFrancisco Peguero Báez, 1988年6月1日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル州サン・グレゴリオ・デ・ニグア出身のプロ野球選手外野手)。千葉ロッテマリーンズでの登録名は「フランシスコ・ペゲーロ」。

フランシスコ・ペゲーロ
Francisco Peguero
モンクローバ・スティーラーズ #19
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州サン・グレゴリオ・デ・ニグア
生年月日 (1988-06-01) 1988年6月1日(31歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2005年8月
初出場 2012年8月25日
最終出場 2013年9月29日
年俸 640万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴編集

2012年8月25日にサンフランシスコ・ジャイアンツでメジャー初出場[1]。ジャイアンツには2年間在籍、左翼手および右翼手として35試合に出場し、45打数9安打の打率.200、1本塁打、1打点の成績であった[1]。オフにFAとなると、2014年はボルチモア・オリオールズでプレーしたが、メジャー昇格は果たせなかった。

その後はメキシカンリーグで2年を過ごした後、2017年ベースボール・チャレンジ・リーグ富山GRNサンダーバーズに入団した。

富山では、リーグ新記録となるシーズン115安打を放った(それまでの記録は富山に所属した野原祐也の113安打)[2]。打率は.387で、わずか1糸(0.00001)差で井野口祐介群馬ダイヤモンドペガサス)に及ばず[3]、首位打者を逃したが、指名打者部門でベストナインに選出された[4]

2018年1月25日、千葉ロッテマリーンズの石垣キャンプにテスト生として参加することが発表される[5]。2月16日、年俸640万円でロッテと契約し、入団することが発表された[6]。しかし2018年6月29日、「チームの力になれない」と退団を申し出て受理されたことが発表され[7]、7月6日にウェーバー公示された。

退団発表と同日、来日前に所属したメキシカンリーグのモンクローバ・スティーラーズと契約して復帰。ウィンターリーグリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコでは、ナランヘロス・デ・エルモシージョ英語版に加入、インタビューで「また日本に行きたい」と発言したと報じられている[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2012 SF 17 16 16 6 3 0 0 0 3 0 3 0 0 0 0 0 0 7 0 .188 .188 .188 .375
2013 18 30 29 4 6 1 0 1 10 1 2 0 0 0 1 0 0 2 2 .207 .233 .345 .578
MLB:2年 35 46 45 10 9 1 0 1 13 1 5 0 0 0 1 0 0 9 2 .200 .217 .289 .506
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



左翼(LF) 右翼(RF)
























2012 SF 8 7 0 0 0 1.000 2 7 1 0 0 1.000
2013 13 15 0 0 0 1.000 2 0 0 0 0 ----
MLB 21 22 0 0 0 1.000 4 7 1 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 57 (2012年)
  • 14 (2013年)
  • 23 (2017年)
  • 65 (2018年 - 2018年7月6日)
  • 19 (2018年7月7日 - )

登録名編集

  • フランシスコ・ペゲロ (2017年)
  • フランシスコ・ペゲーロ (2018年 - 2018年7月6日)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集