メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレス第二姓(母方の)はルフェテです。

フランシスコ・ホアキン・ペレス・ルフェテ(Francisco Joaquín Pérez Rufete, 1976年11月20日 - )は、スペインバレンシア州アリカンテ県出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

フランシスコ・ルフェテ Football pictogram.svg
Rufete2.jpg
名前
本名 フランシスコ・ホアキン・ペレス・ルフェテ
Francisco Joaquín Pérez Rufete
ラテン文字 Francisco RUFETE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1976-11-20) 1976年11月20日(42歳)
出身地 ベネフサル
身長 176cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1997
1996
1997-1998
1998
1999-2001
2001-2006
2006-2009
2009-2012
スペインの旗 バルセロナB
スペインの旗 バルセロナ
スペインの旗 トレド
スペインの旗 マジョルカ
スペインの旗 マラガ
スペインの旗 バレンシア
スペインの旗 エスパニョール
スペインの旗 エルクレス
45 (0)
1 (0)
38 (5)
0 (0)
85 (14)
132 (13)
57 (2)
46 (0)
代表歴
1992-1993
1993-1994
2000
スペインの旗 スペイン U-16
スペインの旗 スペイン U-18
スペインの旗 スペイン
19 (0)
9 (0)
3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年11月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

初期の経歴編集

FCバルセロナの下部組織出身で、1996年5月25日(シーズン最終節)のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-2)でトップチームデビューしたが、トップチームでの出場はこの1試合だけに終わった。1997-98シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)のCDトレドにレンタル移籍し、38試合に出場して5得点と活躍した。1998年夏にプリメーラ・ディビシオン(1部)のRCDマジョルカに完全移籍したが、1998-99シーズン前半戦はまったく試合に出場できず、1999年1月にセグンダ・ディビシオンのマラガCFに移籍した。マラガCFはセグンダ・ディビシオンB(3部)から昇格したばかりであったが、MFホセ・マリア・モビージャやFWカターニャとともにセグンダ・ディビシオン昇格に貢献し、1999-2000シーズンと2000-01シーズンもマラガCFでプレーした。

バレンシアCF編集

2001年夏にプリメーラ・ディビシオンのバレンシアCFに移籍した。2001-02シーズンは絶対的なレギュラーではなかったが、シーズンを通して良好なパフォーマンスで貢献し、リーグ優勝を果たした。2004年3月14日のセルタ・デ・ビーゴ戦(2-0)では1試合2得点し、2003-04シーズンには再びリーグ優勝を果たしたが、2006年夏にキケ・サンチェス・フローレス監督が就任するとルフェテは放出要員となった。

RCDエスパニョール編集

2006年7月にフリートランスファーでRCDエスパニョールに移籍し[1]、FCバルセロナの下部組織で一緒にプレーしたイバン・デ・ラ・ペーニャと再びチームメートになった。2006-07シーズンのUEFAカップでは11試合に出場し、決勝に進出したがセビージャFCに敗れた。2007-08シーズンは負傷で何度も戦線離脱した。

エルクレスCF編集

2009年7月中旬、RCDエスパニョールを放出され、故郷に近いエルクレスCFに2年契約(1年の延長オプション付き)移籍した。すでに32歳になっていたが、2009-10シーズンのセグンダ・ディビシオンでは2000分近い出場時間を記録し、13年ぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格に貢献した。11-12シーズンは、チームと契約が残っていたものの、出場選手登録から外れたため、出場機会を得られなかった。その後現役を引退し、指導者の道へ進んだ。

引退後編集

2013年夏から古巣バレンシアのカンテラの統括部長となり、セビージャBに所属していた指宿洋史の獲得に携わった[2]。同年11月25日にアマデオ・サルボCEOによってトップチームのスポーツディレクターに選任された[3]。12月にはミロスラヴ・ジュキッチを解任してフアン・アントニオ・ピッツィを招聘するなど改革を断行した。

2015年6月にはジョルジュ・メンデスを代理人とするロドリゴ・カイオ獲得を巡って同じくメンデスが代理人であるヌーノ・エスピーリト・サント監督との確執が表面化し、7月1日にサルボと共にSDを退任した[4][5]

代表経歴編集

2000年3月29日にバルセロナで行われたイタリアとの親善試合(2-0)で、後半途中にホセバ・エチェベリアと交代出場してスペイン代表デビューした。同年には2試合を加え、スペイン代表としては通算3試合に出場した。

タイトル編集

クラブ編集

代表編集

脚注編集

外部リンク編集