フランシス・ウィメット

フランシス・デサール・ウィメット(Francis DeSales Ouimet、1893年5月8日 - 1967年9月2日)は、米国人アマチュアゴルファーで、しばしば「アマチュアゴルフの父」と呼ばれる。1913年に全米オープンで優勝し、また、セントアンドリュースのロイヤルアンドエンシェントゴルフクラブ (R&A) のキャプテンに英国人以外から初めて選出された。1974年に世界ゴルフ殿堂入りした[1][2]

TransparentPlaceholder.svg {{{名前}}} Golf pictogram.svg
基本情報
配偶者
Stella Sullivan (m. 1918⁠–⁠1965)
子供 Janice, Barbara
経歴
status Amateur
プロ勝利数 3
メジャー選手権最高成績
(優勝: 3)
マスターズ WD: 1941
PGA選手権 DNP
全米オープン Won: 1913
全英オープン T56: 1914
全米アマ Won: 1914, 1931
全英アマ T3: 1923
受賞
世界ゴルフ殿堂 1974 (member page)
Bob Jones Award 1955
テンプレートを表示
1913年全米オープンのウイメット
プレーオフ参加者 左からハリー・バードン、ウィメット、テッド・レイ
肩に白いタオルを巻いた10歳のキャディ、エディ・ロワリーとの勝利を祝うウイメット(後方中央)

若年期編集

マサチューセッツ州ボストンの南西にあるブルックラインでフランス系カナダ人移民の父アーサー・ウィメットとアイルランド移民の末裔である母メアリー・エレン・バークの間に生まれた。4歳の時、ザカントリークラブ (The Country Club) の17番ホールの真向かいにあるクライドストリートに家族が家を購入し、そこに引っ越した。ウィメット家は最貧層に近い階層に属していて、そのころの米国ではゴルフをプレーするのは難しかった。当時は一般に、アマチュアゴルフは富裕層の贅沢な趣味であり、一方でプロゴルフは元キャディーらに競技の場と収入をもたらすものと考えられていた。実際、USGA はアマチュアという身分資格要件として16歳以降でキャディをすることを禁じており、これに違反するとアマチュア資格をはく奪された[3]

ウィメットは幼い頃からゴルフに興味を持ち、11歳でザカントリークラブのキャディを始めた。兄がくれたクラブセットと、コースで見つけたボールを使って、独学でゴルフを習得し、上達した。たちまち多くのクラブメンバーやキャディーマスターのダン・マクナマラの目に留まることになった。ハイスクール低学年の時、父から、学校を中退して人生でもっと「役に立つこと」をすべきだと言われた。ウィメットは乾物店でしばらく働いた後、のちの野球殿堂入り選手ジョージ・ライトが所有するスポーツ用品店に就職した[3][4]

ゴルフ歴編集

1913年全米オープン編集

1913年、ウィメットは20歳で最初の重要なゴルフ大会であるマサチューセッツアマチュアに優勝し、さらにその後もこの大会では5回優勝した。彼は9月上旬にニューヨーク州ロングアイランドにあるガーデンシティーゴルフクラブで開催された米アマチュアゴルフ選手権に参出場、準々決勝で、最終的にこの大会の優勝者となるジェローム・トラバーズに敗れたが、この対戦を見ていた当時の USGA 会長ロバート・ワトソンから、主としてプロが出場する大会である全米オープン選手権に出場しないかと個人的に誘われた。全米オープンは通常毎年6月に開催されるが、この年は9月中旬に変更されていた。著名な英国人ゴルファーであるハリー・バードンとテッド・レイを招待するためだった[5]。バードンは1900年の全米オープンの勝者で、全英オープンにはこのときまでに5回優勝していた。レイは前年(1912年)の全英オープン優勝者だった。1913年の全米オープンはウィメットが一番よく知っているブルックラインのザカントリークラブで開催される。ウィメットは当初は辞退した。仕事を休んで全米アマに出場して帰ったばかりだというのがその理由だった。だが雇用主の協力が得られ出場できることが決まった。

ウィメットにとって全米オープンに出場するのはこれが初めてだった。10歳のエディー・ロワリーがウィメットのキャディを務めた。72ホール(3ラウンド)を終了してウィメット、バードン、レイの3人が同スコアで並び、翌日、雨の降るなか18ホールのプレーオフが行われた。ウィメットはこのプレーオフを1アンダーで回り、バードンに5ストローク、レイに6ストロークの差をつけて優勝した[6]。この勝利は、世界のトップ2とみなされ、強い人気を誇った英国人を破ったという驚愕と動揺を広くもたらした。全米オープンに初めて優勝したアマチュアでもあり、プレーオフにはこれまでにない数のギャラリーがついた。ウィメットの優勝を国中の新聞がトップページで報道した。

ウィメットの全米オープン優勝により、ゴルフは米国の主要スポーツの一つとなった。この勝利まで、ゴルフ界は英国人に独占支配されており、また米国ではゴルフはプライベートなクラブに入会できる者だけがプレーできるものと考えられていた。公営のゴルフ場の数も少なかった(最初の公営コースはニューヨークシティのヴァンコートランドゴルフコースで、開設は1895年)。1913年のウィメットの優勝後10年間でゴルフ人口は3倍に増え、公営ゴルフ場を含む沢山のコースも開場した。

1963年、ボストンの公共テレビ局であるWGBH-TVは、1913年の全米オープンでの勝利50周年を記念して、マサチューセッツ州ブルックラインのザカントリークラブにおいてウィメットとのインタビュー収録を実施し、これを放送した。ウォルトディズニー映画 “The Greatest Game Ever Played” のDVD版にはそのインタビューシーンが付録されている。ディズニー映画社は「artistic license(詩的許容)」を取得しており、実際にはウィメットは2位に5ストロークのリードで優勝したが、映画では1ストローク差で勝利したと描写されている。

論争解決編集

ウィメットは決してプロゴルファーに転向しなかった[1]。全米オープンでの勝利以前の段階で、既にビジネスの世界に身を置きたいとの願望を持っていた。しかし、1916年に USGA はこの団体史上最も議論の余地のある決定の一つとして、ウィメットからアマチュア資格を剥奪した。その理由は、彼が高い知名度でもって彼自身のスポーツ用品ビジネスにこれを利用していた、すなわちゴルフで生計を立てているとみなされたことによる。当時、キャディは16歳になったらプロ宣言をしない限りはキャディ職を続けることができないとされたほどアマチュア資格には厳しかった。それでもこの決定はいかにも不合理なもので、ウィメットを支持するゴルファーからは相当な非難を受けた。1918年、ウィメットは米陸軍に入隊し第一次世界大戦を戦い、中尉に昇進した。戦後、USGA はウィメットのアマチュア資格を密かに回復させた。ウィメットは USGA に対して恨みを抱くこともなく、むしろいくつかの委員会の委員を務めるなど、USGAに協力的態度を示した。

1931年、2度目の全米アマチュア選手権優勝を果たした[1]。1920年代には当時のアマチュアゴルフ界で台頭していたボビー・ジョーンズと何度かマッチプレー対戦をしたが、接戦にはなるが負けることが多かった。

後年の成果編集

ウィメットは全米アマに2度優勝した(1914年と1931年)[7]。また、ウォーカーカップの初回から連続で8回にわたり選手として、またその後4回はキャプテンとして出場し、11勝1敗の成績を残している。1951年には英国人以外では初めてR&Aのキャプテンに選出された。また1955年にはゴルフにおける卓越したスポーツマンシップが認められ、USGAから最高の栄誉を称えるボブジョーンズ賞の初受賞者に選出された。彼の名前はあちこちのゴルフ殿堂で見ることができ、USGA 博物館には彼の名前が冠された部屋まである。

ウィメットは2つの重要な功績を残した。彼はクラブの握り方としてオーバーラッピンググリップを採用してトッププレーヤーとなった初めて人物だった。様々なグリップ法を開発したことで有名なバードンを模倣した可能性が高いが、このオーバーラッピンググリップはその後広く普及し多くのチャンピオンを生んだ。「オーバーラッピング」の名称は、左手人差し指と中指の間に右手の小指を重ねるところから名付けられたものである。また、後年偉大なプレーヤーの一人に成長したジーン・サラゼンを指導し勇気づけた[8]

フランシスウイメット奨学基金編集

1949年にウィメットの友人らが彼を称えた奨学基金を設立し、フランシスウィメット奨学基金(Francis Ouimet Scholarship Fund) と名付けた[1]。マサチューセッツ州内でキャディーとして働いている若者に大学奨学金を提供するもので、初年度には13名に対して総額4,600ドルが支払われた。これ以降5,100人以上の学生がウィメット奨学生に選ばれ、2,600万ドルを超える金額がニーズに応じて授業料として支払われている。現在の奨学金要件は、マサチューセッツ州内で最低2年間キャディーとしての仕事をしたか、プロショップやコース管理をして働いていた若者、とされている。

ウィメット奨学基金は全米でも2番目の規模を持つキャディを対象とした奨学金基金であり、マサチューセッツ州内では最大の独立奨学基金となっている。学生は厳しい書類審査と面接を経なければならないが、いったん選抜されると希望するどんな学校にでも通うことができる。これが全米最大のキャディ奨学基金であるエバンズ奨学金との相違点であり、ウィメット奨学金はニーズベースの奨学金であり、4年間にわたり数千ドルから3万ドル、あるいはそれ以上の支払いが行われる。

1997年にフランシス・ウィメット ゴルフ生涯貢献賞 (The Francis Ouimet Award for Lifelong Contributions to Golf) が創設され、奨学基金のバンケットで毎年授与式が行われる。過去の受賞者としてはアーノルド・パーマー(1997年)、ピーター・ヤコブセン(2006年)、ジャック・ニクラス(2007年)、アニカ・ソレンスタム(2010年)などが含まれる[9]

描写編集

1988年、彼の名誉を称えて25セントの記念切手にウィメットの肖像が登場した[10]

作家マーク・フロストはウィメットの全米オープン勝利を中心とした伝記小説、”The Greatest Game Ever Played” を出版した。直後にウォルトディズニースタジオ社から映画化を持ち掛けられ、この映画は2005年に封切りされた。ウィメット役はシャイア・ラブーフで監督はビル・パクストン、演出はラリー・ブレズナー。

“The Greatest Game” の表紙は、全米オープン優勝時に撮影された、10歳のキャディであるエディ・ロワリーと一緒のウィメットの写真で飾られている。この象徴的画像は米国のゴルフ界で最も有名なものの一つであり、USGA の100周年記念のロゴにも使用された。この写真を基にしたウィメットとエディ二人の像がマサチューセッツのブルックラインとフロリダ州オーガスティンの世界ゴルフ殿堂に飾られている。

私生活編集

ウィメットはビジネスマンになって中流に這い上がることを目指していた。当時は、プロゴルファーをやっていたのでは到底望めない目標だった。全米オープン優勝から10年経たないうちに銀行家として働き始め、ついにはずっとなりたいと思っていた株式ブローカーとなった。最終的にはブラウンブラザーズハリマンの顧客財務アドバイザーの職を得た。

第一次世界大戦中、彼はアメリカ陸軍に勤務した。[11]

1918年9月11日にステラ・M・サリバンと結婚し[12]、2人の娘をもうけた:ジャニス・サルヴィとバーバラ・マクリーン。

1967年9月2日、マサチューセッツ州ニュートンにおいて74歳で死亡した[13]

トーナメント勝利(27勝)編集

  • 1909 ボストンインタースコラスティクス
  • 1910 ボストンインタースコラスティクス、ウッドランドゴルフクラブオープン
  • 1911 ウッドランドゴルフクラブオープン
  • 1912 オールストンゴルフクラブオープンチャンピオンシップ、カントリークラブカップ
  • 1913 全米オープン、マサチューセッツ州アマチュア、メドウブルックゴルフクラブオープン
  • 1914 全米アマチュア、マサチューセッツ州アマチュア、フランス語アマチュア
  • 1915 マサチューセッツ州アマチュア、ボルチモアカントリークラブ春季インビテーショナル
  • 1917 ウェスタンアマチュア
  • 1919 マサチューセッツアマチュア
  • 1920 ノースアンドサウスアマチュア
  • 1922 マサチューセッツ州アマチュア、ヒューストンインビテーショナル
  • 1923 セントジョージチャレンジ
  • 1924 クランプメモリアル
  • 1925 マサチューセッツ州アマチュア、ゴールドマシートーナメント、バミューダハンディキャップトーナメントアットリドルズベイ
  • 1927 クランプメモリアル
  • 1931 全米アマチュア
  • 1932 マサチューセッツ州オープン
  • 1934 ボストンオープン

プロとアマチュアのメジャー勝利太字で表示。

メジャー大会(3勝)編集

プロの勝利(1)編集

大会 54ホール終了時 スコア 2位との打数差 準優勝
1913 全米オープン タイ +12(77-74-74-79 = 304 プレーオフ1 ハリー・バードン、テッド・レイ

1 18ホールのプレーオフでバードンとレイを破る - ウィメット 72(-1)、バードン 77(+4)、レイ78(+5)

アマチュアとしての勝利(2勝)編集

大会 スコア 準優勝
1914 全米アマ 6&5 ジェローム・トラバーズ
1931 全米アマ 6&5 ジャック・ウェストランド

結果のタイムライン編集

大会 1910 1911 1912 1913 1914 1915 1916 1917 1918 1919
全米オープン 1 LA T5 T35 NT NT T18
全英オープン T56 NT NT NT NT NT
全米アマ DNQ DNQ DNQ R16 1 R16 NT NT QF
全英アマ R128 NT NT NT NT NT
トーナメント 1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928 1929
全米オープン T29 T3
全英オープン
全米アマ 2 R16 M R16 SF SF DNQ SF SF R32 SF
全英アマ R128 SF R64
トーナメント 1930 1931 1932 1933 1934 1935 1936 1937 1938 1939
マスターズ NYF NYF NYF NYF
全米オープン
全英オープン
全米アマ R32 1 SF R256 R256 R64 WD DNQ
全英アマ R32 R256 R64
トーナメント 1940 1941 1942 1943年 1944 1945 1946 1947 1948 1949
マスターズ WD NT NT NT
全米オープン NT NT NT NT
全英オープン NT NT NT NT NT NT
全米アマ DNQ NT NT NT NT
全英アマ NT NT NT NT NT NT R32 R128
トーナメント 1950
マスターズ
全米オープン
全英オープン
全米アマ
全英アマ R128

アマチュア

  Win
  Top 10
  Did not play

M = メダリスト
LA = ローアマチュア
NYF = トーナメント未設立
NT = トーナメントなし
WD = 途中棄権
タイスコア
DNQ = マッチプレイまで進めず
R256、R128、R64、R32、R16、QF、SF = 試合でプレイヤーが負けたラウンド

概要編集

トーナメント 優勝 2位 3位 トップ5 トップ10 トップ25 出場回数 予選通過
マスターズトーナメント 0 0 0 0 0 0 1 -
全米オープン 1 0 1 3 3 4 6 -
全英オープン 0 0 0 0 0 0 1 -
全米アマチュア 2 1 6 10 14 16 26 19
全英アマチュア 0 0 1 1 1 3 10 -
合計 3 1 8 14 18 23 44 19
  • 連続予選通過 – 9(1913全米アマ – 1924全米アマ)
  • トップ10の連続回数 – 3(1921年全米アマ – 1923年全英アマ、1923年全米アマ – 1925年全米オープン)

米国代表チームでの出場数編集

  • ウォーカーカップ : 1922年 (勝者)、1923年 (勝者)、1924年(勝者)、1926年(勝者)、1928年 (勝者)、1930年 (勝者)、1932年 (勝者、キャプテン役)、1934年 (勝者、キャプテン役)、1936年 (勝者、プレーしていないキャプテン)、1938 (プレーしていないキャプテン)、1947 (勝者、プレーしていないキャプテン)、1949 (勝者、プレーしていないキャプテン)
  • キャディー殿堂入り者のリスト

参考文献編集

  • ギブソン、ネビン・H・ゴルフ百科事典 (AS Barnes&Company、1958)
  • マーク・フロスト、The Greatest Game Ever Played:ハリー・ヴァードン、フランシス・ウイメット、モダンゴルフの誕生 (Hyperion、2002)

参照資料編集

脚注編集

  1. ^ a b c d Kelley, Brent. “Francis Ouimet bio”. About.com. 2011年9月12日閲覧。
  2. ^ Duca, Rob. “America's triumph: Remembering a legend”. Cape Cod Times. オリジナルの2000年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20001215080700/http://www.capecodonline.com/cctimes/archives/1999/sept/21/ouimet21.htm 2007年12月12日閲覧. "The year was 1913. He was a young man of modest means, but he shook up the exclusive world of golf." 
  3. ^ a b Brookline Amateur Wins U.S. Open
  4. ^ Frost, Mark The Greatest Game Ever Played: Harry Vardon, Francis Ouimet, and the Birth of Modern Golf (Hyperion, 2002)
  5. ^ Francis D. Ouimet profile at www.hickoksports.com Archived 2009-06-07 at the Wayback Machine.
  6. ^ “Ouimet Ties Great English Golfers. Twenty-Year-Old Schoolboy's Wonderful Performance in National Open Golf”. New York Times. (1913年9月20日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FB0D15F63A5F13738DDDA90A94D1405B838DF1D3 2011年1月2日閲覧. "An American youth, Francis Ouimet, a stripling scarcely out of his teens, carved a niche for himself in international sporting history here to-day when he tied with England's famous professional golfers, Harry Vardon and Edward Ray, in the final round of the national open championship." 
  7. ^ “Ouimet's Aged Mother Is Happy, But His Health Is First Thought. New Golf Champion's 70-Year-Old Parent Hopeful That Her Son Did Not Tax His Strength--Tells How He Swang at Stones With Home-Made Clubs at 4”. New York Times. (1931年9月6日). https://www.nytimes.com/1931/09/06/archives/ouimets-aged-mother-is-happy-but-his-health-is-first-thought-new.html 2011年1月3日閲覧. "To the rest of the world Francis Ouimet is a battle-scarred veteran, who returned from a golfers' Valhalla to win another national amateur championship, but to his sweet-faced ..." 
  8. ^ The Greatest Game Ever Played: Harry Vardon, Francis Ouimet, and the Birth of Modern Golf, by Mark Frost, 2003; Gettin' to the Dance Floor: An Oral History of American Golf, chapter on Sarazen, by Al Barkow, 1986
  9. ^ Marblehead's Lynch tabbed for prestigious award”. North Shore Golf Blog (2010年4月10日). 2012年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月12日閲覧。
  10. ^ Scott catalog # 2377.
  11. ^ The Golfer's Progress, The Illustrated Sporting and Dramatic News, December 22, 1917, p504
  12. ^ “Francis Ouimet Marries”. New York Times. (1918年9月12日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=FB0E16F63F5D147A93C0A81782D85F4C8185F9 2011年1月3日閲覧. "Lieutenant Francis Ouimet, former amateur national golf champion, and Stella Sullivan were married in Boston ..." 
  13. ^ “Francis Ouimet, Golfer, Is Dead; First Amateur to Win U.S. Open; Gardener's Son Who Won in 1913 Showed Sport Wasn't Only for the Affluent”. United Press International. (1967年9月2日). https://www.nytimes.com/1967/09/03/archives/francis-ouimet-golfer-is-dead-first-amateur-to-win-us-open.html 2010年10月18日閲覧. "Francis D. Ouimet, who amazed the sports world 54 years ago by upsetting Britain's two greatest golfers to win the United States Open, died today. He was 74 years old." 

一般的な参考文献編集

外部リンク編集