フランシス・ウィラビー (第2代ミドルトン男爵)

第2代ミドルトン男爵フランシス・ウィラビー英語: Francis Willoughby, 2nd Baron Middleton1692年9月29日1758年7月31日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。

生涯編集

初代ミドルトン男爵トマス・ウィラビーとエリザベス・ロスウェル(Elizabeth Rothwell初代準男爵サー・リチャード・ロスウェル英語版の娘)の息子として、1692年9月29日に生まれた[1]。1706年から1707年までイートン・カレッジで教育を受けた後[1]、1709年4月9日にケンブリッジ大学ジーザス・カレッジに入学、1712年にM.A.の学位を修得した[2]

父は1712年にミドルトン男爵に叙されると、フランシスの政界入りを準備し、同年にフランシスがノッティンガムの市民権(freeman)を得るようにした上、次の総選挙までにフランシスが成人(21歳)にならず庶民院議員への被選挙権を得られないことを憂慮したが、フランシスは最終的には1713年イギリス総選挙では21歳になるまであと数週間あったにもかかわらずノッティンガムシャー選挙区英語版で無投票当選した[3]1715年イギリス総選挙で再び無投票当選した後[1]1722年イギリス総選挙ではノッティンガムシャー選挙区で得票数4位(1,257票)になり落選したが[4]タムワース選挙区英語版では得票数2位(144票)で当選した[5]1727年イギリス総選挙では立候補せず議員を退任した[1]。庶民院では活動的ではなかったという[3]

1729年4月2日に父が死去すると、ミドルトン男爵の爵位を継承した[6]

1758年7月31日にバースで死去、ウォラトン英語版で埋葬された[6]。息子フランシスが爵位を継承した[6]

家族編集

1723年7月25日、メアリー・エドワーズ(Mary Edwards、1703年頃 – 1762年3月11日、トマス・エドワーズの娘)と結婚、2男1女をもうけた[7]

  • フランシス(1726年 – 1774年) - 第3代ミドルトン男爵
  • トマス(1728年 – 1781年) - 第4代ミドルトン男爵
  • 女子

出典編集

  1. ^ a b c d Sedgwick, Romney R. (1970). "WILLOUGHBY, Hon. Francis (1692-1758), of Wollaton, Notts.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月30日閲覧
  2. ^ "Francis WILLOUGHBY (WLHY709F)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b Handley, Stuart (2002). "WILLOUGHBY, Hon. Francis (1692-1758), of Wollaton, Notts.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月30日閲覧
  4. ^ Sedgwick, Romney R. (1970). "Nottinghamshire". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月30日閲覧
  5. ^ Sedgwick, Romney R. (1970). "Tamworth". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年11月30日閲覧
  6. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 312.
  7. ^ "Middleton, Baron (GB, 1711/2)". Cracroft's Peerage (英語). 9 May 2012. 2019年11月30日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代
ハウ子爵
ウィリアム・レヴィンツ英語版
庶民院議員(ノッティンガムシャー選挙区英語版選出)
1713年 – 1722年
同職:ウィリアム・レヴィンツ英語版
次代
ロバート・サットン
ハウ子爵
先代
サミュエル・ブレイスブリッジ
ウィリアム・インジ
庶民院議員(タムワース選挙区英語版選出)
1722年 – 1727年
同職:サミュエル・ブレイスブリッジ 1722年 – 1723年
リチャード・スウィンフェン 1723年 – 1727年
ジョージ・コンプトン 1727年
次代
インチクィン伯爵
トマス・ウィラビー
名誉職
先代
ミドルトン男爵
サットン・コールドフィールド執事長英語版
1729年 – 1758年
次代
ミドルトン男爵
グレートブリテンの爵位
先代
トマス・ウィラビー
ミドルトン男爵
1729年 – 1758年
次代
フランシス・ウィラビー