フランシス・カニンガム (第2代カニンガム男爵)

第2代カニンガム男爵フランシス・ピアポント・カニンガム英語: Francis Pierpoint Conyngham, 2nd Baron Conyngham、出生名フランシス・ピアポント・バートンFrancis Pierpoint Burton)、1720年代[1]1787年5月22日)は、アイルランド王国の貴族、政治家。

生涯編集

フランシス・バートン英語版とメアリー・カニンガム(Mary Conynghamヘンリー・カニンガム英語版の娘)の息子として生まれた[2]

1750年3月19日、エリザベス・クレメンツ(Elizabeth Clements、1731年8月18日 – 1814年10月31日、ナサニエル・クレメンツ英語版の娘)と結婚[2]、2男をもうけた[3]

1753年から1760年までキリーベッグス選挙区英語版の、1761年から1776年までクレア選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた[1]

1781年4月3日に母方の叔父にあたる初代カニンガム伯爵ヘンリー・カニンガムが死去すると、カニンガム男爵位(第2期、1781年創設)を継承、同年5月3日に国王の許可を得て姓をカニンガムに改めた後1782年4月29日にアイルランド貴族院議員に就任した[2]

1787年5月22日にブリストルホットウェルズ英語版地区で死去、息子ヘンリーが爵位を継承した[2]

出典編集

  1. ^ a b "Biographies of Members of the Irish Parliament 1692-1800". Ulster Historical Foundation (英語). 2020年7月14日閲覧
  2. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 411.
  3. ^ "Conyngham, Baron (I, 1781)". Cracroft's Peerage (英語). 2020年7月14日閲覧
アイルランド議会
先代
ヘンリー・ゴア
ヘンリー・カニンガム
庶民院議員(キリーベッグス選挙区英語版選出)
1753年 – 1760年
同職:ヘンリー・ゴア
次代
リチャード・ジョーンズ
ウィリアム・ジェラード・ハミルトン英語版
先代
マーロー・オブライエン英語版
サー・エドワード・オブライエン準男爵英語版
庶民院議員(クレア選挙区英語版選出)
1761年 – 1776年
同職:サー・エドワード・オブライエン準男爵英語版 1761年 – 1765年
チャールズ・マクドネル 1765年 – 1768年
サー・ルーシャス・オブライエン準男爵英語版 1768年 – 1776年
次代
エドワード・フィッツジェラルド英語版
ヒュー・ディロン・マッシー英語版
アイルランドの爵位
先代
ヘンリー・カニンガム
カニンガム男爵
1781年 – 1787年
次代
ヘンリー・カニンガム