フランシス・スコット (第2代デロラン伯爵)

第2代デロラン伯爵フランシス・スコット英語: Francis Scott, 2nd Earl of Delorain[注釈 1]1710年10月5日1739年5月11日)は、スコットランド貴族。1710年から1730年までハーミテージ子爵儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

初代デロラン伯爵ヘンリー・スコットと1人目の妻アン(Anne、1720年10月22日没、旧姓ダンクーム(Duncombe)、ウィリアム・ダンクームの娘)の息子として、1710年10月5日に生まれ、11月3日にピカデリーの聖ジェームズ教会英語版で洗礼を受けた[1]

陸軍の騎兵部隊にコルネット英語版として入隊した[1]

1730年12月25日に父が死去すると、デロラン伯爵位を継承した[1]

1732年10月29日、メアリー・ハードソン(Mary Heardson、1704年11月4日洗礼 – 1737年6月16日、トマス・ハードソンの未亡人、マシュー・リスター(Matthew Lister)の娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[2]

1737年7月6日、メアリー・スクループ(Mary Scrope、1713年6月15日 – 1767年3月11日、ジャーヴァス・スクループの娘)と再婚したが、2人の間に子供はいなかった[2]

1739年5月11日にバースで死去、リンカンで埋葬された[1]。弟ヘンリーが爵位を継承した[1]

注釈編集

  1. ^ 爵位名の表記にはDelorain[1]Deloraine[2]の2通りがあるが、ロンドン・ガゼットでは前者を使用している[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (英語). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 168–169.
  2. ^ a b c "Deloraine, Earl of (S, 1706 - 1807)". Cracroft's Peerage (英語). 14 January 2004. 2020年12月22日閲覧
  3. ^ "No. 6610". The London Gazette (英語). 26 September 1727. p. 3.a.a.
スコットランドの爵位
先代:
ヘンリー・スコット
デロラン伯爵
1730年 – 1739年
次代:
ヘンリー・スコット