フランシス・ネイピア (第10代ネイピア卿)

第10代ネイピア卿フランシス・ネイピア(1866年、ジョージ・フレデリック・ワッツ画)

第10代ネイピア卿及び初代エトリック男爵フランシス・ネイピア: Francis Napier, 10th Lord Napier and 1st Baron Ettrick, KT, PC1819年9月15日 - 1898年12月19日)は、イギリスの外交官、政治家、貴族。

各国の大使・公使を経て植民地インドに赴任し、1866年から1872年にかけてマドラス総督英語版、1872年にインド総督代理を務めた。

1834年スコットランド貴族爵位第10代ネイピア卿を継承し、1872年連合王国貴族爵位エトリック男爵に叙された。

経歴編集

1819年9月15日スコットランド貴族の第9代ネイピア卿ウィリアム・ネイピア英語版とその妻エリザ(旧姓コクラン=ジョンストン)の長男としてスコットランドセルカークシャー英語版サールズテーン城英語版に生まれた[1][2][3]

1834年10月に父の死によりスコットランド貴族爵位の第10代ネイピア卿位を継承した。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ[1]

1840年に外務省に入省し、外交官となる。ウィーンコンスタンティノープルナポリサンクト・ペテルブルクの公使館に勤務した後、1857年から1859年にかけて駐アメリカ公使に就任。ついで1859年から1861年にかけて駐オランダ公使英語版1861年から1864年にかけて駐ロシア大使英語版1864年から1866年にかけて駐プロイセン大使英語版を務めた[3][2]。駐在先の各国から高い評価を受けていた[1]。1861年に枢密顧問官に列する[3]

1866年1月にイギリス植民地インドに赴任し、マドラス総督英語版に就任した。彼がマドラス総督に就任した頃、ガンジャム地区英語版で大飢饉があり、その対策に忙殺された。コンスタンティノープル勤務時代に知り合ったフローレンス・ナイティンゲールのインドでの活動を支援した[1]。また多くの灌漑計画を立てた[1]

1872年2月にインド総督の第6代メイヨー伯爵リチャード・バークが暗殺されると3ヶ月弱ほどインド総督代行に就任した。後任の総督に初代ノースブルック男爵トマス・ベアリングが決まるとイギリスへ帰国した[1]

帰国後の1872年7月に連合王国貴族エトリック男爵に叙された[1]

1898年12月19日に死去[1]。爵位は長男ウィリアム・ネイピア英語版が継承した[3][2]

栄典編集

爵位編集

1834年10月11日に父ウィリアム・ネイピア英語版から以下の爵位を継承[3][2]

1872年7月16日に以下の爵位を新規に叙される[3][2]

  • セルカーク州におけるエトリックの初代エトリック男爵 (1st Baron Ettrick, of Ettrick in the County of Selkirk)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

勲章編集

家族編集

1845年にアン・ロックウッドと結婚。彼女との間に以下の4子を儲ける[3][2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Arbuthnot, Alexander John (1901). "Napier, Francis (1819-1898)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (1st supplement) (英語). 3. London: Smith, Elder & Co.
  2. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Napier of Merchistoun, Lord (S, 1627)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “Francis Napier, 10th Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月22日閲覧。
外交職
先代:
サー・ジョン・クランプトン英語版
駐アメリカ公使
1857年–1859年
次代:
初代ライオンズ子爵英語版
先代:
サー・ラルフ・アバ―クロンビー英語版
駐オランダ公使英語版
1859-1860
次代:
サー・アンドリュー・ブキャナン英語版
先代:
サー・ジョン・クランプトン英語版
駐ロシア大使英語版
1861年–1864年
次代:
サー・アンドリュー・ブキャナン英語版
先代:
サー・アンドリュー・ブキャナン英語版
(公使)
駐プロイセン大使英語版
1864年–1866年
次代:
オーガスタス・ロフタス卿英語版
官職
先代:
サー・ウィリアム・デニソン英語版
マドラス総督英語版
1866年–1872年
次代:
アレグザンダー・アーバスノット英語版
先代:
サー・ジョン・ストレイチー
(代理)
インド総督代理
1872年
次代:
第2代ノースブルック男爵
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ネイピア英語版
第10代ネイピア卿
1834年–1898年
次代:
ウィリアム・ネイピア英語版
イギリスの爵位
爵位創設 初代エトリック男爵
1872年–1898年
次代:
ウィリアム・ネイピア英語版