フランシス・ピゴット

フランシス・スチュワート・ギルデロイ・ピゴット(Francis Stewart Gilderoy Piggott, CB, 1883年3月18日 - 1966年4月26日)は英国の軍人。東京の駐日英国大使館で駐在武官を4回、合計15年間務めた[1]知日派である。父も息子もフランシスという名前をもっているため、F. S. G. Piggottと記されることが多い。

目次

経歴編集

1883年3月18日ロンドン生まれ。父はサー・フランシス・テイラー・ピゴット英語版、祖父が英国議員のジャスパー・ウィルソン・ジョーンズ。父が伊藤博文の法律顧問となったため、1888年5歳で来日した。王立陸軍士官学校を卒業し、陸軍士官となった。

1921年から1926年まで、東京で駐在武官。このとき、当時皇太子であった昭和天皇訪英の際には接伴員をつとめた。1927年から1935年までは英国陸軍省(War Office)に勤務し、1936年から1939年まで再び東京で駐在武官を務めた。この間の1937年にはジョージ6世の戴冠を記念して、バス勲章(コンパニオン)を授与されている(1937 Coronation Honours)。最終階級は少将

1966年4月26日死去。83歳。

息子のフランシス・ジェームズ・クロード・ピゴット(Francis James Claude Piggott、1910 - 1996)も父と同様に東京で駐在武官を務めた。

人物編集

幼少期を日本で過ごしたためか、非常に親日的であった。1922年のワシントン会議において日英同盟が廃止され、日英関係に陰りが見られたが、当時の駐日英国大使(1919-1926年在任)のサー・チャールズ・エリオットが関係悪化を防ぐ努力をしていたのにたいし、後任のサー・ジョン・ティリー(1926-1931年在任)は十分のその努力をしていなかった、とピゴットは見ていた[2]

1936年に再び東京に派遣されたのは、陸軍省が日本との関係改善を期待してのものであったが、サー・ロバート・クライヴ大使(1934-1937年在任)はピゴットの日本陸軍に対する楽観的な分析をあまり信頼しておらず、もう一人の知日派である商務参事官のジョージ・サンソムの方を信頼していた[3]。大使がサー・ロバート・クレイギーに交代してもクライヴは外務省に依頼してサンソムを留任させ[4]、クレイギーがピゴットの分析に偏るのを防止しようとしたが、ピゴットとクレイギーは第一次世界大戦以来の旧知の間柄であり、クレイギー大使に対するピゴットの影響は少なくなかった[5][6]

著作編集

  • Broken thread: An autobiography, Gale & Polden; 1st Edition edition (1950). ASIN B0000CHOJQ
    • 長谷川才次訳 『斷たれたきずな 日英外交六十年』 時事通信社(1951年)。ASIN B000JAS84G
    • 新版 『断たれたきずな』 函入り新書版(全3巻)、時事通信社(1959年)

脚注編集

  1. ^ コータッツィ、Pg252
  2. ^ コータッツィ、pg238-239
  3. ^ コータッツィ、pg277
  4. ^ コータッツィ、pg278
  5. ^ 断たれたきずな、p193
  6. ^ ニッシュ、Pg352

参考文献編集