フランスのストライキ (2019年)

フランスのストライキ (2019年)、ここでは2019年にフランス国内で年金問題を中心として発生したストライキを扱う[1]

概要編集

フランスの年金制度は、40近くの制度が並立する複雑なものである。中には50歳代から年金が支給される極めて優遇された制度もあり政府の財政を圧迫、歴代政権にとって年金改革は課題となってきた[2]。2019年、エマニュエル・マクロン大統領は、従来の年金制度が不公正でコスト高であるとして、新たにポイント制度の導入を表明。年金制度を一本化することにより簡潔な制度を目指すこととしたが、従来から優遇された年金制度を享受してきた公務員を中心とした労働者が反発。同年12月5日以降、ストライキとデモを繰り広げた。ストライキの対象は鉄道のほか教育現場、看護師や病院職員、弁護士警察官、ごみ収集業者、郵便職員、ガス・電気関連の職員などにも及びゼネラル・ストライキの様相を呈した[3]

交通機関への影響編集

脚注編集

  1. ^ 大規模ストで仏全土がまひ 年金改革に抗議、大統領に試練”. AFPBB News (2019年12月5日). 2021年4月29日閲覧。
  2. ^ 大統領の社会改革案に猛反発、スト相次ぐ”. 独立行政法人労働政策研究・研修機構 (2007年11月). 2019年12月5日閲覧。
  3. ^ フランスで年金改革巡り大規模スト、交通機関など停止”. ロイター (2019年12月6日). 2019年12月9日閲覧。
  4. ^ フランス、5日にゼネストへ マクロン大統領の年金改革に抗議”. BBC (2019年12月5日). 2019年12月9日閲覧。

関連項目編集