フランス文化

高雅・寛容・創造を中核となる文化

フランス文化フランス語: Culture française)とは、フランス共和国フランス語圏における全ての精神活動を指称する。

フランス文化は主に個人主義を基づいて発展したものの、「自己の尊厳」と「他者の尊厳」を平等に敬愛することにも謳歌されている。国家的な法律には集団主義や独裁主義が厳しく禁じられ、人間・動物・自然・環境に対しての永い平等思想はフランス人の日常生活に深く刻み込み、ほかのヨーロッパの国と比べると人道主義の要素が非常に濃い。また、キリスト教から立ち上がった博愛精神はフランス人によって改造され、最終的に宗教の領域に超えて、フランス第五共和国の文化土台となる。物質の豊かより、意志の絶対自由こそ人生の一大事とされる国民性がここから伝承していた。その結果、古今のフランス文化全体は実存主義哲学の分野を積極的に追求していき、さらに極めている。

概要編集

フランス語の母語話者の精神世界描写するフランス文化は、様々な論理・形式・量的基準などのものを包容し、一言で言い切れない。今のフランス文化は、アカデミーフランセーズによる規範フランス標準語構築し、築かれ世界的基準となったメートル法をはじめ、その国際語となったフランス標準語によって生み出したものが主流になっている。フランス文化の分類において、政治学芸術哲学社会科学自然科学などがあり、その伝統を継承して現代に至ったフランス文化はフランス共和国のみに限定されるものでもなく、フランス語圏のすべてをも含む国際的文化である。

フランス文化とは人文科学・社会科学・自然科学のみに限定しないが、やはりこの三つの科学はフランス人にとって最も重要な概念である。歴史的な流れに見ると、フランス文化はギリシアローマの文化を基礎として成長し、そこから発展したのはフランス本土のカトリック教会の神学とラテン語文化だった。その後、教会もラテン語もフランス王国に受け継ぎ、フランス独自の文学・芸術・神学・小説・音楽・建築が中世に花開かせた。例えば、ミストラル(Frédéric Mistral (1830年-1914年))のような標準フランス語では無く、方言の文学も盛んでいた。

社会学では、コンドルセの「人間精神進歩の歴史」、エミール・デュルケームの社会学的心理学の教育論の著作活動に拠るフランス社会学の伝統がある。ピネルの伝統を受け継ぐ人道的な精神医療(精神医学は心理学から出発したものといえ、この二つの学問の密接なつながりはその後フランス文化の伝統の一つとなり、オーギュスト・コント以来の社会学心理学医学(福祉)との密接な連携は、現在の「国境なき医師団」等の医学全般の福祉的な人道的活動に承継されている。)と福祉的な人道的医学、キュリー夫妻の「放射能」「電気石・キュリー点・常磁性の研究」等の各論文の人道的(ラジウム治療法の開放)な無償の無体財産権(特許権)の開放、ヴルツの「化学はフランスの科学である」との豪語に裏づけられる「有機化学、放射線化学、物理化学(physicalchemistry)」の伝統、サルトルをはじめとする実存哲学の伝統、ベルクソンのうち立てた量子論的哲学、すなわち、自然科学と社会科学と人文科学の融合した自然科学に依拠した哲学、そして、TGVで代表される鉄道工学、ユーロトンネル開通で実証されたトンネル工学、そして、純粋数学解析学光学の伝統、そして、それらの基礎となったフランス文学の永い伝統の全ての精神活動をいう。最近では、フランスの生化学者「Henri Laborit : (1914年-1995年)」の1952年発明したクロルプロマジン(chlorpromazine)が、ピネルの理念を受け継ぐ「開放病棟」の理念に全世界で生かされていることも特筆に値すuh

脚註編集

関連項目編集