フランソワ・バロワン

フランソワ・バロワン(フランス語:François Baroin1965年6月21日 - )は、フランスの政治家。予算担当大臣、経済・産業・雇用大臣を歴任し、現在はトロワ市長を務めている。

フランソワ・バロワン
François Baroin
François Baroin.JPG
生年月日 (1965-06-21) 1965年6月21日(55歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
出身校 パンテオン・アサス大学
ブルゴーニュ大学
高等経営研究所
所属政党 国民運動連合
配偶者 ミシェル・ラロック
子女 3人

在任期間 2011年6月29日 - 2012年5月10日
大統領 ニコラ・サルコジ

その他の職歴
フランスの旗 フランス
第24代予算担当大臣

2010年3月21日 - 2011年6月29日
フランスの旗 フランス
第24代内務大臣

2007年3月26日 - 2007年5月18日
テンプレートを表示

経歴編集

1965年6月21日にパリに誕生する。フランスの政界においては、長年に渡りジャック・シラクを支持してきた。2007年フランス大統領選挙の有力候補であるニコラ・サルコジが大統領選挙に傾注することを理由に内務大臣の辞任を表明し、サルコジの後任として就任した。

サルコジが大統領に当選した事でフランソワ・フィヨン内閣が成立すると、ミシェル・アリヨマリ前国防大臣に内務大臣職を譲る。

ジャーナリストのマリー・ドラッカーと交際していたが別れ、2008年より女優ミシェル・ラロックと交際している。

外部リンク編集

先代:
ニコラ・サルコジ
  フランス内務大臣
第24代:2007年3月26日 - 2007年5月18日
次代:
ミシェル・アリヨマリ
先代:
エリック・ヴェルト英語版
  フランス予算担当大臣
第24代:2010年3月21日 - 2011年6月29日
次代:
ヴァレリー・ペクレス
先代:
クリスティーヌ・ラガルド
  フランス経済・産業・雇用大臣
第28代:2011年6月29日 - 2012年5月10日
次代:
ピエール・モスコビッシ英語版

その他のリンク編集