フランソワ・ペリエ (画家)

フランソワ・ペリエ(François Perrier、1594年頃 - 1649年11月2日)はフランスの画家、彫刻家である。1648年に設立されたフランスの王立絵画彫刻アカデミーの創立時のメンバーの一人である。

フランソワ・ペリエ
François Perrier
生誕 1594年頃
フランス,ポンタルリエ
死没 1649年11月2日
フランス,パリ

略歴編集

 
生贄にされたイーピゲネイア

スイスとの国境に近いポンタルリエに1594年頃生まれた。弟に画家になったギョーム・ペリエ(Guillaume Perrier)がいる。父親は銀細工師で父親から絵を学んだ。リヨンに移り、リヨンの画家ルブラン(Horace Le Blanc)のもとで修行した[1]

1624年にローマに移り、イタリア・バロック期を代表する画家のジョヴァンニ・ランフランコの工房で修行した。サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会の装飾の仕事に加わったとされる。ローマでは、シモン・ヴーエやシャルル・メラン、クロード・メランといったフランスの画家と交流した[1]

1629年にフランスに戻り、リヨンのルブランやジャック・サラザンのもとでシャルトリュー教会(Église Saint-Bruno-les-Chartreux de Lyon)などの装飾の仕事をした[2]。1630年の初めから、パリに移りシモン・ヴーエの助手となり、多くの建築の装飾画を手掛けた。シャルル・ルブランシャルル=アルフォンス・デュ・フレノワを弟子として育てた[1]

1634年か1635年に再び、ローマに移り、10年間、イタリアで働いた。1645年頃パリに戻り、人気のある画家となり。多くの祭壇画の注文を受け、パリ議事堂などの装飾画も描いた。

1648年に結婚した。同じ年に王立絵画彫刻アカデミーの創立時のメンバーの一人となった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c Alvin L. Clark Jr, François Perrier. Reflections on the earlier Works from Lanfranco to Vouet/ Les Premières Œuvres, de Lanfranco à Vouet, Paris, galerie Eric Coatalem, 2001.
  2. ^ Bibliothèque municipale de Lyon, Fonds Coste, Ms 265 : Description des tableaux peints à l'huile ou à fresque par François Perrier, dit le Bourguignon, dans la Chartreuse de Lyon, 8 dans l'église et 13 dans le cloître, 4 ff.

参考文献編集

  • Eric Schleier, « Quelques tableaux inconnus de François Perrier à Rome », Revue de l’art, no 18, 1972, p. 39-46.
  • Gilles Chomer, « Les Perrier à Lyon : nouvelles données », dans Simon Vouet (Actes du colloque international, Paris, Galeries nationales du Grand Palais, 5-7 février 1991), Paris, La Documentation française, 1992, p. 509-529
  • Jacques Thuillier, « Les dernières années de François Perrier (1646–1649) », Revue de l’art, no 99, 1993, p. 9-28 (lire en ligne [archive]).
  • Dominique Brême, « François Perrier, le plus romain des peintres classiques », L'Estampille-L'Objet d'Art, no 310, février 1997, p. 33-39.
  • Alvin L. Clark, Jr, François Perrier. Reflections on the earlier Works from Lanfranco to Vouet / Les Premières Œuvres, de Lanfranco à Vouet, Paris, galerie Eric Coatalem, 2001.
  • Sylvain Laveissière, « L’Antique selon François Perrier. Les “Segmenta nobilium signorum” et leurs modèles », in Poussin et la construction de l’antique, [actes du colloque, Rome, Académie de France, 2009], Paris, Somogy, 2011, p. 49-57.