フランチェスコ・アイエツ

フランチェスコ・アイエツ(Francesco Hayez, 1791年2月10日 - 1882年2月11日)は、イタリア画家19世紀ミラノの代表的なロマン主義画家。

フランチェスコ・アイエツ
Francesco Hayez
Autoritratto a 88 anni by Francesco Hayez - Venice.jpg
『88歳の時の自画像』
生誕 (1791-02-10) 1791年2月10日
ヴェネツィア
死没 1882年2月11日(1882-02-11)(91歳)
ミラノ
運動・動向 ロマン主義

目次

生涯編集

フランチェスコ・アイエツはヴェネツィアの貧しい家の出である。父親はフランス系、母親はムラーノの出身。フランチェスコは5人兄弟の末っ子で、母方の叔母夫婦に育てられたが、この叔母は裕福な船舶所有者また美術収集家の妻であった。叔父は、子供の頃から素描の才能を見せたフランチェスコを、ある美術修復家の元に弟子入りさせる。後にフランチェスコは画家の Francisco Magiotto の生徒となり、3年の間学ぶ。1806年には New Academy of Fine Arts の絵画コースに入学し、Teodoro Matteini の元で学ぶ。1809年、 アカデミア美術館主宰のコンペティションに入賞し、ローマアッカデミア・ディ・サン・ルーカで1年学ぶことになる。フランチェスコは1814年までローマに滞在し、次にジョアシャン・ミュラに任命されて『アルキノオスの法廷にいるユリシーズ』を制作するためにナポリに移る。1830年代半ばにはミラノのサロンに出席していたことが分かっている。1850年にブレラ美術館のディレクターに任命された。

フランチェスコ・アイエツに対する評価は、彼が自分の作品にサインや日付を入れなかったため、困難なものとなっている。更に彼はしばしば同じ構成で絵を描いたが、それらにはほとんど違いがないか、全く違いがないものがある。彼の初期の作品にはドミニク・アングルナザレ派の影響が見られる。後期の作品は古典復帰の傾向が見られる。

作品編集

『アルキノオスの法廷にいるユリシーズ』 (1813-15、381×535 cm、術館
『ロミオとジュリエット』 (1823、291×202 cm、カルロッタ邸、トレメッツォ) 
『入浴するバテシバ』 (1834、77×107 cm、個人蔵) 
アレッサンドロ・マンゾーニの肖像』 (1841、117×91 cm、ブレラ美術館
『Portrait of Antonietta Tarsis Basilico』 (1851、130×100 cm、個人蔵) 
『キス』 (1859、110×88 cm、ブレラ美術館) 
『オダリスク』 (1867、82×68 cm、ブレラ美術館) 
ジョアキーノ・ロッシーニの肖像』 (1870、109×87 cm、ブレラ美術館) 
ルツ[1] (1835、ボローニャ市庁舎) 

脚注編集

  1. ^ 旧約聖書からの絵画で姑のために馴れない落穂拾いをしている姿だが、ジャン=フランソワ・ミレー落穂拾いのモチーフとなっている。

外部リンク編集

  • The Kiss Zoomable reproduction (4 million pixels) of the masterpiece of Hayez