フランチェスコ・サヴェリオ・ニッティ

フランチェスコ・サヴェリオ・ニッティ(Francesco Saverio Nitti、1868年7月19日 - 1953年2月20日)はイタリアの政治家、経済学者。

フランチェスコ・サヴェリオ・ニッティ

1898年からナポリ大学で財政学を担当、1904年には自由党から議員に当選し、農商相と蔵相を得て、1919年から1920年には首相兼内相に就任したが、ベニート・ムッソリーニの政権掌握の翌年である1923年に亡命した。第二次世界大戦後には帰国して下院議員(1946年 - 1948年)、上院議員(1948年 - 1953年)に選ばれた。

1953年、死去。

先代:
ヴィットリオ・エマヌエーレ・オルランド
イタリアの首相
第35代:1919年 - 1920年
次代:
ジョヴァンニ・ジョリッティ