フランチェスコ・ソリメーナ

フランチェスコ・ソリメーナ(Francesco Solimena、1657年10月4日 - 1747年4月3日)はイタリアバロック時代の画家である。

フランチェスコ・ソリメーナ
Francesco Solimena
Francesco Solimena 001.jpg
自画像
生誕 1657年10月4日
イタリア,セリーノ
死没 1747年4月3日
イタリア,ナポリ

略歴編集

イタリア南部、カンパニア州セリーノの画家の家に生まれた。父親から絵を学んだ後、1674年ナポリに移り、フランチェスコ・ディ・マリア(Francesco di Maria)の工房で修業した[1]。後に教皇、ベネディクトゥス13世となる枢機卿ピエトロ・フランチェスコ・オルシーニの支援を受けた[1]

1680年になると、独立してフレスコ画の依頼を受けるようになった。ナポリ派の17世紀の巨匠ルカ・ジョルダーノや、17世紀のローマの画家、ジョヴァンニ・ランフランコや、マッティア・プレティのスタイルを継承した。彼の工房は、1690年代から18世紀の最初の40年間にわたって、ナポリの美術界を支配するようになった。ソリメーナの工房で修業した画家には、風俗画家のガスパーレ・トラヴェルシやセバスティアーノ・コンカ、フランチェスコ・デ・ムーラがいた。スペイン継承戦争(1701年 - 1714年)によって、1734年までナポリがオーストリアの支配を受けたことから、オーストラリア出身のダニエル・グランやパウル・トロガーもソリメーナの工房で学んだ。ソリメーナの作品の顧客はフランス国王ルイ14世やオーストリアの将軍、オイゲン・フォン・ザヴォイエンもいた。1723年から1728年までの間はウィーンで働いた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Pavone, Mario Alberto (2003, January 1). "Solimena family". Grove Art Online.

参考文献編集

  • Bologna, Ferdinando: Francesco Solimena. (Pubbl. in occasione del 3° centenario dalla nascita di Francesco Solimena: 1657—1957.) — Napoli: L’Arte tipografica (1958)
  • R. Kultzen, Artikel in Kindlers Malereilexikon
  • W. Vitzthum in den Katalogen der Ausstellungen Cento disegni napolitani. Secolo XVI—XVII, Uffizien 1967 und Nationalgalerie Neapel 1966