メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フランチェスコ・モロシーニ
  • フランチェスコ・モロシニ
フランチェスコ・モロジーニ

フランチェスコ・モロジーニイタリア語: Francesco Morosini1619年2月26日 - 1694年1月16日)は、大トルコ戦争(1683年 - 1699年)で絶頂期にいたヴェネツィア共和国ドージェ(在任:1688年 - 1694年)である。多くの元首・将軍を輩出した貴族モロジーニ家英語版の一員[1]

1687年、モレア戦争(第六次ヴェネツィア・オスマン戦争)中にオスマン帝国が武器庫としていたアテネパルテノン神殿を攻撃・略奪し、神殿を廃墟に変えたことで有名。

フランチェスコ・モロジーニを由来とするもの編集

 
モレア戦争(第六次ヴェネツィア・オスマン戦争)での栄誉を称え打刻されたコイン

出典編集

  1. ^   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Morosini" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.

関連項目編集

  • エルギン・マーブル - 1806年に焼け残ったパルテノン神殿遺跡からトルコの了承を得て、スコットランド貴族のエルギン伯が保管した彫刻類コレクション
公職
先代:
マルカントニオ・ジュスティニアン
ヴェネツィア共和国ドージェ
1688年 - 1694年
次代:
シルヴェストロ・ヴァリエル