メインメニューを開く

フランツ・フォン・ヴェチェイ

この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いヴェチェイ・フェレンツと表記することもあります。

フランツ・フォン・ヴェチェイ英語: Franz von Vecsey (ハンガリー語: Vecsey Ferenc ヴェチェイ・フェレンツ), 1893年3月23日 - 1935年4月5日 )はハンガリー人ヴァイオリニスト作曲家。姓の日本語表記は、ヴェチェーヴェッチーヴェッシーなどの例もある。

父ヴェチェー・ラヨシュの手解きでヴァイオリンを始め、8歳でブダペストにてイェネー・フバイに師事。2年後には10歳で、ベルリンヨーゼフ・ヨアヒムに入門し、その後は燦然たる神童ヴィルトゥオーソとして名を馳せるようになった。

1910年代1920年には、ヨーロッパ屈指のヴァイオリニストの一人に数えられ、一時はバルトーク・ベーラを伴奏者にして演奏旅行を行なった。ジャン・シベリウスからは《ヴァイオリン協奏曲ニ短調》を献呈されている。作曲も手懸け、超絶技巧を要するヴァイオリン用の数々のサロン小品を遺した。

第一次世界大戦後は、頻繁な演奏活動への倦怠感から、活動がやや滞りがちになった。指揮者への転向を望んではいたものの、果たせぬまま42歳で急死した。