フランツ・ヴュルナーFranz Wüllner, 1832年1月28日1902年9月7日 )は、ドイツ作曲家指揮者ピアニストリヒャルト・ワーグナーの『ラインの黄金』と『ワルキューレ』の初演を指揮した。ワーグナー自身はヴュルナーを気に入らず、ハンス・フォン・ビューローヘルマン・レーヴィの指揮を好んだ。父は古典文献学者のフランツ・ヴュルナードイツ語版で、弟に物理学者のアドルフ・ヴュルナー英語版、子にテノール歌手のルートヴィヒ・ヴュルナードイツ語版がいる[1]

フランツ・ヴュルナー
Franz Wüllner
Wuellner.jpg
基本情報
生誕 1832年1月28日
出身地 Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦
Flag of the Kingdom of Prussia (1803-1892).svg プロイセン王国 ミュンスター
死没 (1902-09-07) 1902年9月7日(70歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 ブラウンフェルス
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ピアニスト
作曲家
音楽講師
担当楽器 ピアノ

略歴編集

プロイセン王国ヴェストファーレン州英語版ミュンスターに生まれる。デュッセルドルフのギムナジウムの校長を務めていた父フランツが1842年に亡くなると一家はミュンスターに戻り、ヴュルナーはそこでカール・アルノルトドイツ語版にピアノと作曲を師事した[1]1846年から1850年までミュンスターとフランクフルトアントン・シンドラーに師事し[1][2]、フランクフルトで1852年までフェルディナント・ケスラーに音楽理論を師事している[3][4]。1850年から1854年まで行った演奏旅行ではルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの後期ピアノソナタを弾いた[1]。1850年から翌1851年にかけての冬にはベルリンエドゥアルト・グレル英語版ジークフリート・デーンカール・フリードリヒ・ルンゲンハーゲンとともに過ごし、演奏旅行で訪れたブリュッセルケルンブレーメンハノーファーライプツィヒでも研鑽を続けた[4]。1854年にはミュンヘンに移り、1856年ミュンヘン音楽大学のピアノ講師となった。1867年に創設されたミュンヘン音楽学校の合唱クラスを受け持ち、読譜と視唱、声楽の訓練のためのコールユーブンゲンソルフェージュ参照)を作成した[4]

1869年にビューローの後任でバイエルン国立管弦楽団の指揮者となった。彼は『ラインの黄金』(1869年)と『ワルキューレ』(1870年)初演の指揮を務めた。1876年、最初のバイロイト音楽祭ニーベルングの指環』全曲公演前のことだった。1877年ドレスデンカペルマイスターと芸術大学の音楽監督を務める。1884年ケルン音楽大学のディレクターとオーケストラの指揮。1864年からはニーダーライン音楽祭英語版で指揮を務めた。

ブラウンフェルスで没した。作曲家としても多くの作曲を残した。彼の門下生の中ではウィレム・メンゲルベルクエリー・ナイが知られている。

こんにち、日本で最もヴュルナーの名前を有名にしているのは、おそらくコールユーブンゲンであろう。視唱のための練習曲集であり、日本の音楽大学の多くはソルフェージュの入学試験でこれを取り入れている。

著作編集

  • 『コールユーブンゲン』ISBN 4943836011他(翻訳、出版社多数)

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集

先代:
フェルディナント・ヒラー
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
音楽監督
1884年 - 1892年
次代:
フリッツ・シュタインバッハ