メインメニューを開く

フランティシェク・クサヴェル・デュシェック

フランティシェク・クサヴェル・デュシェック(František Xaver Dušek, 1731年12月8日 ホチェボルキー - 1799年2月12日 プラハ)は、チェコ作曲家クラヴィーア奏者。モーツァルトの友人として歴史に名を残している。生前はフランツ・クサーヴァー・ドゥセック(Franz Xaver Dussek)というドイツ語名で有名だった。「ソナチネ・アルバム」でデュセック(またはデュシェック)と呼ばれて有名なヤン・ラディスラフ・ドゥシークと混同しやすい。

フランティシェク・クサヴェル・
デュシェック
František Xaver Dušek
生誕 1731年12月8日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国 ホチェボルキー
死没 (1799-02-12) 1799年2月12日(67歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国 プラハ
職業 作曲家、クラヴィーア奏者

ウィーンゲオルク・クリストフ・ヴァーゲンザイルチェンバロを師事し、1770年ごろプラハにおいて自らも鍵盤楽器教師として成功する。作品にクラヴィーアのための協奏曲ソナタ変奏曲のほか、交響曲弦楽四重奏曲などがある。

コシジェーの自宅はしばしばモーツァルトが訪れ、1787年歌劇ドン・ジョヴァンニ》を、1791年には《ティトゥス帝の慈悲》を完成させている。モーツァルトが滞在したことのあるプラハのデュシェック邸「ベルトラムカ」はいまなお残っており、デュシェックの記念館になっている。

デュシェック夫人ヨーゼファ・ハンバヒャー(1753年3月7日 プラハ - 1824年1月8日 同地)はもとはデュシェックの弟子であり、自らもピアニスト声楽家として名声を博した。彼女の祖父は《第一戒律の責務》の台本を書いた文筆家でザルツブルグ市長のイグナーツ・アントン・ヴァイザー(Ignaz Anton Weiser,1701-1785)である。