フランティシェック・ストラカ

チェコのサッカー選手

フランティシェク・"フランツ"・ストラカFrantišek "Franz" Straka, 1958年5月21日 - )は、チェコスロバキア(現チェコ)・チェスケー・ブジェヨヴィツェ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(スイーパー)。

フランティシェク・ストラカ Football pictogram.svg
František Straka.jpg
2011年のストラカ
名前
愛称 Franz
ラテン文字 František Straka
基本情報
国籍  チェコ
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1958-05-21) 1958年5月21日(62歳)
出身地 チェスケー・ブジェヨヴィツェ
身長 182cm
選手情報
ポジション DF (SW)
利き足 右足
ユース
1966-1977 チェコスロバキアの旗 ディナモ・チェスケー・ブジェヨヴィツェ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1979 チェコスロバキアの旗 タホフチェコ語版
1979-1988 チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ 233 (10)
1988-1991 西ドイツの旗 メンヒェングラートバッハ 81 (1)
1991-1992 ドイツの旗 ハンザ・ロストック 34 (0)
1992-1996 ドイツの旗 ヴッパーターラー 93 (7)
1996-1998 ドイツの旗 プロイセン・ケルンドイツ語版 35 (8)
代表歴
1983-1990 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 35 (0)
監督歴
1999-2001 ドイツの旗 ヴッパーターラー
2002-2003 チェコの旗 テプリツェ(アシスタント)
2003-2004 チェコの旗 テプリツェ
2004 チェコの旗 スパルタ・プラハ
2005 ドイツの旗 アーレン
2006 チェコの旗 ヴィクトリア・プルゼニ
2006-2007 オーストリアの旗 ヴァッカー・ティロール
2007-2008 チェコの旗 ディナモ・チェスケー・ブジェヨヴィツェ
2008 ギリシャの旗 OFI
2009 チェコの旗 チェコ
2009-2010 スロバキアの旗 ルジョムベロク
2010-2011 オーストラリアの旗 ノース・クイーンズランド・フューリー
2011 ポーランドの旗 アルカ・グディニャ
2011-2012 チェコの旗 スラヴィア・プラハ
2013 チェコの旗 プジーブラム
2014 スロバキアの旗 スロヴァン・ブラチスラヴァ
2016-2017 エジプトの旗 イスマイリー
2017 エジプトの旗 スムーハ英語版
2018 レバノンの旗 アル・アンサール
2019 チェコの旗 カルヴィナー
1. 国内リーグ戦に限る。2020年6月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2009年にチェコ代表の監督を務めた。

クラブ歴編集

1979年から1988年まで国内リーグの強豪ACスパルタ・プラハイヴァン・ハシェクユーリウス・ビエリクと共にプレー。守備の要として223試合に出場し10得点の結果を残した。

チェコスロバキアを含む共産圏では30歳になるまで国外への移籍は禁止されていた。そのため国際レベルのDFとしての実力を持ち、実際にドイツのクラブからオファーがあったのにも関わらず国外への移籍を実現できずにいた。満30歳となった1988年から1994年までドイツ・ブンデスリーガ同2部でプレー。所属したクラブはボルシア・メンヒェングラートバッハ1.FCケルンハンザ・ロストックヴッパーターラーSVボルシア。ドイツでは計179試合出場4得点を記録した。

代表歴編集

チェコスロバキア代表の守備の中心選手として1983年から1990年までプレー[1]ヨゼフ・ヴェングロシュ監督の下、1990年のイタリア・ワールドカップにも主力選手として出場。準々決勝まで進出するが、その後優勝を果たすドイツを相手に0-1で敗戦を喫した。本大会での背番号は6番。

指導歴編集

国内での指揮編集

現役引退後は指導者の道へ進む。2002-03シーズンよりFKテプリツェのアシスタントコーチを務めると、9月には監督へ昇格。初年度から国内カップ優勝に導いた。これにより出場権を得た翌シーズンのUEFAカップでは1.FCカイザースラウテルンフェイエノールトなどの強豪を破り本大会3回戦に進出し、テプリツェの奇跡と称された[要出典]

2004年3月30日からはACスパルタ・プラハの監督に就任。2004-05シーズンのリーグ戦では2位と9ポイント差で首位を走るが、「UEFAチャンピオンズリーグ本大会で勝利を挙げることが出来なかったこと」(クラブ発表)との理由から解雇された。しかし実際の理由はサポーターの間で非常に人気が高かったストラカをクラブ会長が嫉んだためと言われている[要出典]。ストラカの解任後、熱狂的なサポーター2000人がクラブハウスの前で抗議デモを起こした。

アーレン編集

2005年3月、LRアーレンの監督に就任する[2]2部リーグ最下位のクラブを13位に引き上げ残留に導くと、シーズンいっぱいまでとなっていた契約を延長[3]。翌シーズンは開幕10試合で未勝利に終わり、10月25日に辞任することを表明した[4]

ヴィクトリア・プルゼニ編集

2006年4月1日、FCヴィクトリア・プルゼニの会長の要請により短期的に監督を引き受ける。降格圏に沈んでいたクラブを数週間で立て直し、最終節アウェーでの古巣スパルタ・プラハ戦で3-1の勝利を収め1部リーグ残留を果たす。クラブの財政的な事情によりシーズンを終えると退団した[5]

ヴァッカー・ティロール編集

アルバニア代表監督就任がほぼ確定していたが、オーストリアFCヴァッカー・ティロールからオファーを受けたことにより代表監督を辞退した。2006年6月1日から正式にヴァッカーの指揮官となる。昨シーズンにリーグ9位と残留争いをしていたクラブを数ヶ月間で立て直し、多くの地元出身の若手選手を抜擢。同時にチェコのネットワークを利用し数人のベテランチェコ人選手を格安の移籍金で獲得、リーグ上位を狙えるチームを作り上げた。2006年11月12日、ヴァッカー・ティロールと比較し12倍の年間予算を誇るレッドブル・ザルツブルクを2-1で破り、クラブのファンを熱狂させた。しかし翌年3月から5連敗を喫すると、4月19日にクラブとの双方合意に基づき契約を解除した[6]

ディナモ・チェスケー・ブジェヨヴィツェ編集

2007-08シーズンは、かつてユース時代を過ごしたSKディナモ・チェスケー・ブジェヨヴィツェを率いる[7]

OFI編集

翌シーズンはギリシャOFIクレタに招聘されるが、成績不振により11月7日に解任となった[8]

チェコ代表編集

2009年5月11日、チェコ代表の監督に就任した[9]。短期的な契約であり、唯一指揮したマルタ代表との親善試合を1-0の勝利で終えると[10]イヴァン・ハシェクにその座を譲った[11]

ルジョムベロク編集

2009-10シーズン、開幕から8試合を終えてスロバキアリーグで最下位に喘ぐMFKルジョムベロクからのオファーを受諾[12]。最終的にリーグ5位に引き上げたが、クラブの財政難によりシーズン限りで契約満了となった[13]

ノース・クイーンズランド・フューリー編集

2010年6月、Aリーグノース・クイーンズランド・フューリーFCの監督に就任[14]。翌シーズンも指揮を続ける意向を示していたが、2011年3月にクラブが破産し退団した[15]。引き続きオーストラリアに留まる意向を示しメルボルン・ヴィクトリーFCの監督候補として手を挙げたが[16]、契約には至らなかった。

アルカ・グディニャ編集

2011年3月23日より、エクストラクラサアルカ・グディニャの指揮官に就任[17]。リーグ15位と降格圏に沈む中で任を受けたが、順位を浮上させることはできずシーズンいっぱいで契約満了となる[18]

スラヴィア・プラハ編集

2011年10月4日にSKスラヴィア・プラハの監督に招聘されるが、ライバルクラブであるスパルタ・プラハのレジェンドとして知られていたためスラヴィアのサポーターが反発。さらにはスパルタのフーリガンからも裏切り者として扱われ、自宅に侵入され落書きされるといった被害を受ける[19]。ボディガードを雇うなどの措置をとったが、家族への危害を恐れ2012年3月8日に辞任した[20]

プジーブラム編集

2013年3月11日に1. FKプジーブラムと2年契約を締結[21]。最下位にあったクラブを最終的にリーグ11位に導いた。翌2012-13シーズンは開幕10試合で2勝と低迷し、MOLカップFKデュクラ・プラハに0-4で大敗すると10月7日に契約解除となった[22]

スロヴァン・ブラティスラヴァ編集

2014-15シーズンよりSKスロヴァン・ブラティスラヴァの指揮官となるが、直近10試合で1勝という中で2014年10月6日に解任された[23]

中東時代編集

2016年12月28日にイスマイリーSCと1年半の契約を締結したが、4か月経たずに解任となった[24]。7月からはスムーハSCに招聘され、再びエジプト・プレミアリーグのクラブを率いた[25]

2018年はレバノンアル・アンサール・ベイルートを指揮[26]

カルヴィナー編集

2019年3月13日にMFK OKDカルヴィナーに招聘されたが、翌2019-20シーズンはリーグ下位に沈み11月11日に解任された[27]

人物編集

10年間プレーしたドイツの国籍も保有しており、ファーストネームはドイツ語風にフランツ (Franz) とも称される。

相手の分析や選手とのコミュニケーション及びモチベーション能力が高く、選手達のポテンシャルを引き出し、短期的に結果を残すことが出来る監督として知られている[要出典]。選手からの人望も厚くEURO2008後のチェコ代表監督最有力候補として名前が挙がっていた。ドイツの名将クリストフ・ダウムとは旧知の仲である[28]

ヴァッカー・ティロールでは「熱い魂を持つ監督」としてサポーターの間で「ここ20年間で最も人気の高い監督」に選ばれた[要出典]

ノーザン・フューリー時代にはそのキャラクターやファッションセンスからサポーターの人気を集めた[29]

タイトル編集

テプリツェ
スパルタ・プラハ
スロヴァン・ブラティスラヴァ

脚注編集

  1. ^ František Straka”. チェコサッカー協会. 2020年6月28日閲覧。
  2. ^ Frantisek Straka trainiert LR”. kicker (2005年3月7日). 2020年6月28日閲覧。
  3. ^ Alles klar mit Frantisek Straka”. kicker (2005年5月27日). 2020年6月28日閲覧。
  4. ^ Straka skončil u německého Ahlenu”. iDNES.cz (2005年10月25日). 2020年6月28日閲覧。
  5. ^ Fotbalový trenér Straka v Plzni skončil”. Sport.cz (2006年5月19日). 2020年6月28日閲覧。
  6. ^ Wacker trennt sich von Straka”. UEFA.com (2007年4月19日). 2020年6月28日閲覧。
  7. ^ Straka sice končí, ale ještě změní styl, tým má hrát ofenzivně”. iDNES.cz (2008年5月17日). 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ Fotbalový kouč Straka v řeckém OFI Kréta skončil”. iDNES.cz (2008年11月7日). 2020年6月28日閲覧。
  9. ^ チェコ代表監督にストラカ氏”. ゲキサカ (2009年5月13日). 2020年6月28日閲覧。
  10. ^ Interim Czech coach Straka axed”. Sky Sports (2009年6月30日). 2020年6月28日閲覧。
  11. ^ ハシェック氏がチェコ代表監督に、協会会長と兼務”. AFPBB (2009年7月8日). 2020年6月28日閲覧。
  12. ^ Fotbalový trenér Straka nastupuje ve slovenském Ružomberku”. iDNES.cz (2009年9月10日). 2020年6月28日閲覧。
  13. ^ Kouč Straka: Znám svou cenu. Z Ružomberku ho vyhání finanční krize”. iDNES.cz (2009年5月10日). 2020年6月28日閲覧。
  14. ^ Czech-Mate for Fury as Franz Straka named Head Coach”. A-League (2010年6月9日). 2020年6月28日閲覧。
  15. ^ Třetí Strakův australský šok: tým zkrachoval, český fotbalový kouč končí”. iDNES.cz (2011年3月1日). 2020年6月28日閲覧。
  16. ^ Straka vows to rescue Victory”. The World Game (2011年3月21日). 2020年6月28日閲覧。
  17. ^ Franciszek Straka zastąpi Dariusza Pasiekę.”. Arka Gdynia (2011年3月23日). 2020年6月28日閲覧。
  18. ^ Arka: Straka nie będzie trenerem, budżet 8-milionowy”. Gdynia Nasze Miasto (2011年6月7日). 2020年6月28日閲覧。
  19. ^ Sparťanští chuligáni útočí na Straku: Jsi zrádce, napsali na jeho dům”. iDNES.cz (2011年10月14日). 2020年6月28日閲覧。
  20. ^ Straka: I Was Hounded Out”. FTBL (2012年7月31日). 2020年6月28日閲覧。
  21. ^ Jdu do toho s obrovskou vervou, říká nový příbramský kouč Straka”. iDNES.cz (2013年3月11日). 2020年6月28日閲覧。
  22. ^ Trenér Straka skončil ve fotbalové Příbrami. Nahradí ho Čuhel”. iDNES.cz (2013年10月7日). 2020年6月28日閲覧。
  23. ^ Slovan cut coach Straka adrift”. UEFA.com (2014年10月7日). 2020年6月28日閲覧。
  24. ^ Trenér Straka po čtyřech měsících skončil v egyptském angažmá”. iDNES.cz (2017年4月22日). 2020年6月28日閲覧。
  25. ^ Straka po pěti měsících končí v dalším egyptském týmu, v zemi chce zůstat”. iDNES.cz (2017年12月4日). 2020年6月28日閲覧。
  26. ^ Špatné výsledky i hra. Vedení Karviné odvolalo Hrnčára. Přijde Straka?”. iDNES.cz (2019年3月12日). 2020年6月28日閲覧。
  27. ^ Trenér Straka je bez práce. Karviná ho kvůli špatným výsledkům odvolala”. iDNES.cz (2019年11月11日). 2020年6月28日閲覧。
  28. ^ Straka jde zdolat přikázání svého vzoru”. iDNES.cz (2004年9月15日). 2020年6月28日閲覧。
  29. ^ Where are they now? Hyundai A-League managers special”. A-League (2018年1月29日). 2020年6月28日閲覧。

外部リンク編集