メインメニューを開く

フリッツ・ハーバー研究所

フリッツ・ハーバー研究所(フリッツ・ハーバーけんきゅうしょ、Fritz-Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft)はマックス・プランク協会傘下のベルリンに位置する学術研究機関である。1911年に創立されたカイザー・ヴィルヘルム物理化学研究所を前身としており、1953年にマックス・プランク協会の所属となった際に初代所長であるフリッツ・ハーバーにちなんで現在の名称に変更された。

Fritz-Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft
正式名称 Fritz-Haber-Institut der Max-Planck-Gesellschaft
略称 FHI
所在地 ドイツの旗 ドイツ
ウェブサイト http://www.fhi-berlin.mpg.de/
テンプレートを表示

かつては反応動力学反応機構コロイド化学などを主な研究分野としてきたが、現在は表面科学触媒化学の理論、実験の両面から総合的な研究に注進しており、これらの分野の一大拠点となっている。

この研究機関と強い関係をもつノーベル賞受賞者にマックス・フォン・ラウエ (1914)、フリッツ・ハーバー (1918)、オットー・ハーン (1944)、エルンスト・ルスカ (1986)、ゲルハルト・エルトル (2007) らがいる。

日本の科学者高良和武は、1955年9月から1957年12月までの2年間、客員教授として研究生活を送った[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 追悼 機智と決断力に富んだ大賀さんCROSST&T −第39号、一般財団法人総合科学研究機構、平成23年10月31日

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集