フリッツ・レーバー

フリッツ・レーバー(Fritz Roeber、1851年10月15日 - 1924年5月15日)はドイツの画家である。歴史画を描いた。1908年から1924年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーの校長を務めた。

フリッツ・レーバー
Fritz Roeber
Fr. Roeber.jpg
生誕 1851年10月15日
ドイツ,ヴッパータール
死没 1924年5月15日
ドイツ,デュッセルドルフ

略歴編集

現在はノルトライン=ヴェストファーレン州ヴッパータールの一部であるエルバーフェルト(Elberfeld)で生まれた。地元の高校で学んだ後、エドゥアルド・ベンデマンの弟子になった。普仏戦争に参加したため画家の修行は中断されたが、1870年代に宗教的テーマの版画の大作で知られるようになっていて[1]、1881年のドイツ帝国皇太子のヴィルヘルムの結婚を祝う工芸品のデザインも依頼された。

「Königlich-Preußischen Kunstakademie Düsseldorf」と名前が変わったデュッセルドルフ美術アカデミーで. 1893年から教え始め、20世紀になってからデュッセルドルフの国際美術展や園芸展の開催に貢献した[2]

1908年から1921年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーの校長を務めたが、その運営は保守的であり、1900年頃の美術アカデミーは、ドイツ皇帝、ヴィルヘルム2世の保守的な芸術の好みを反映したものになったとされている[3]。1909年に教会美術やステンド・グラスの技術を教える教室が作られた。1919年にデュッセルドルフ美術アカデミーは工芸学校(Kunstgewerbeschule Düsseldor)を統合した。

1905年に「Kommandeurskreuz II. Klasse」と「 Lippischen Hausorden II. Klasse」を受勲し[4]、1921年にデュッセルドルフの名誉市民の称号を得た。

作品編集

参考文献編集

Allgemeines Künstlerlexikon. Bio-bibliographischer Index A–Z. K. G. Saur Verlag, München 1999/2000, Band 8, ISBN 3-598-23918-1, S. 464

  • Friedrich Schaarschmidt: Zur Geschichte der Düsseldorfer Kunst; insbesondere im XIX. Jahrhundert. Kunstverein für die Rheinlande und * Westfalen, Düsseldorf 1902, S. 326 ff

脚注編集

  1. ^ Friedrich Schaarschmidt: Zur Geschichte der Düsseldorfer Kunst, insbesondere im XIX. Jahrhundert. Kunstverein für die Rheinlande und Westfalen, Düsseldorf 1902, S. 241
  2. ^ Gedenktafel für Fritz Roeber, in Rhein und Düssel (Nr. 14), vom 3. April 1904, S. 8
  3. ^ Kristina Kratz-Kessemeier: Kunst für die Republik. Die Kunstpolitik des preußischen Kultusministeriums 1918 bis 1932. Akademie Verlag, Berlin 2008, ISBN 978-3-05-004371-5, S. 101 (Google Books)
  4. ^ Internationale Kunstausstellung, Kunsthistorische Ausstellung, Grosse Gartenbau-Ausstellung, Düsseldorf, 1904, in III. Abwicklungsgeschäfte nach Schluss der Ausstellung vom 24. Oktober 1904 bis zum 31. März 1905, Bagel, Düsseldorf, 1905, S. 40