フリースタイルスキー・ワールドカップ 2000-2001

フリースタイルスキー・ワールドカップ 2000-20012000年8月12日から2001年3月11日まで開催された22シーズン目となるフリースタイルスキー・ワールドカップである。

競技種目編集

アクロ(AC)が廃止され、エアリアル(AE)、モーグル(MO)、デュアルモーグル(DM)の3種目が行なわれた。ただし、デュアルモーグルは3戦に満たない為、総合順位は未決定である。また、ニュースクール系のビッグエア(BA)とクォーターパイプ(NS)の種目も将来的に加える予定として、エキシビジョン戦が行われた。

日程編集

月日 種目 開催地 優勝者
男子 女子
2000年 8月12日 AE   マウント・ブラー   エリック・ベルゴースト   ジャッキー・クーパー
8月13日 AE   エリック・ベルゴースト   ジャッキー・クーパー
12月2日 AE   ブラッコム   ジョー・パック   アラ・チュペール
12月3日 BA
12月14日 MO   ティーニュ   ヤンネ・ラハテラ   カーリー・トロー
12月15日 NS
2001年 1月6日 AE   ディアバレー   ニコラス・フォンティーン   エベリネ・ルー
1月7日 MO   ミッコ・ロンカイネン   ハンナ・ハーダウェイ
1月12日 MO   モントランブラン   ヤンネ・ラハテラ   カーリー・トロー
1月13日 AE   ニコラス・フォンティーン   アラ・チュペール
NS
1月16日から1月21日 世界選手権ウィスラー大会
1月27日 AE   サンデーリバー   ドミトリー・ダシンスキー   ジャッキー・クーパー
NS
1月28日 MO   トラビス・ラモス   カーリー・トロー
2月3日 MO   猪苗代町   ヤンネ・ラハテラ   カーリー・トロー
NS
2月10日 DM   飯綱高原   ステファン・ローション   タミ・ブラッドリー
2月11日 MO   ミッコ・ロンカイネン   カーリー・トロー
3月8日 BA   ヒモス
3月10日 AE   アレクセイ・グリチン   徐囡囡
3月11日 DM 中止
MO   トビー・ドーソン   ハンナ・ハーダウェイ

総合成績編集

オーバーオール編集

男子

順位 名前 ポイント
1位   ミッコ・ロンカイネン 92
2位   エリック・ベルゴースト 91
3位   ジョー・パック 90

女子

順位 名前 ポイント
1位   ジャッキー・クーパー 98
2位   カーリー・トロー 97
3位   アラ・チュペール 94

エアリアル編集

全7戦が行なわれた。有効ポイント制により7戦中の5戦(75%)が有効で、ポイントは500点満点となる。男子は6年ぶりにアメリカの選手が総合優勝した。女子はジャッキー・クーパーが史上2人目の3連覇を果たした。

男子

順位 名前 ポイント
1位   エリック・ベルゴースト 456
2位   ジョー・パック 452
3位   ドミトリー・ダシンスキー 444

女子

順位 名前 ポイント
1位   ジャッキー・クーパー 492
2位   アラ・チュペール 468
3位   徐囡囡 444

モーグル編集

全7戦が行なわれた。有効ポイント制により7戦中の5戦が有効で、ポイントは500点満点となる。男子はミッコ・ロンカイネンが総合優勝してフィンランド勢の3連覇となった。女子は8年ぶりにノルウェーの選手が総合優勝した。

男子

順位 名前 ポイント
1位   ミッコ・ロンカイネン 460
2位   ヤンネ・ラハテラ 448
3位   ピエール=アレキサンダー・ルソー 440

女子

順位 名前 ポイント
1位   カーリー・トロー 484
2位   上村愛子 444
3位   ハンナ・ハーダウェイ 440

外部リンク編集