フリードリヒ・ミヒャエル・フォン・プファルツ=ビルケンフェルト

フリードリヒ・ミヒャエル・フォン・プファルツ=ビルケンフェルト(Friedrich Michael von Pfalz-Birkenfeld, 1724年2月27日 - 1767年8月15日)は、18世紀オーストリアの軍人で、ヴィッテルスバッハ家プファルツ系の傍流プファルツ=ビルケンフェルト家の公子。父はプファルツ=ツヴァイブリュッケンクリスティアン3世、母はナッサウ=ザールブリュッケン伯ルートヴィヒ・クラートの娘カロリーネである。兄にプファルツ=ツヴァイブリュッケン公クリスティアン4世、姉にヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世ヘンリエッテ・カロリーネがいる。バイエルン国王マクシミリアン1世の父である。

フリードリヒ・ミヒャエル・フォン・プファルツ=ビルケンフェルト
Friedrich Michael von Pfalz-Birkenfeld
FriedrichMichaelZweibr.jpg

出生 (1724-02-27) 1724年2月27日
死去 (1767-08-15) 1767年8月15日(43歳没)
配偶者 マリア・フランツィスカ・フォン・プファルツ=ズルツバッハ
子女 カール3世アウグスト・クリスティアン
クレメンス・アウグスト・ヨーゼフ・フリードリヒ
アマーリエ
マリア・アンナ
マクシミリアン1世
家名 プファルツ=ビルケンフェルト家
父親 プファルツ=ツヴァイブリュッケンクリスティアン3世
母親 カロリーネ・フォン・ナッサウ=ザールブリュッケン
役職 プファルツ選帝侯国元帥
テンプレートを表示

生涯編集

プファルツ家宗家の臣としてプファルツ選帝侯国の元帥およびマンハイムの知事を務めた後、1758年にオーストリア軍の指揮官となり、プロイセン王フリードリヒ2世七年戦争を戦った。

1767年に43歳で急死し、2人の息子は兄クリスティアン4世に引き取られた。

1746年プファルツ=ズルツバッハ公子ヨーゼフ・カールの娘マリア・フランツィスカと結婚した。マリア・フランツィスカはプファルツ選帝侯カール3世フィリップの外孫で、姉エリーザベト・アウグステはプファルツ選帝侯(後にバイエルン選帝侯カール・テオドールの妃であった。2人は5人の子を儲けた。

  1. カール・アウグスト・クリスティアン(1746年 - 1795年) - プファルツ=ツヴァイブリュッケン公
  2. クレメンス・アウグスト・ヨーゼフ・フリードリヒ(1749年 - 1750年)
  3. アマーリエ(1752年 - 1828年) - ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト3世(後にザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世となる)と結婚。
  4. マリア・アンナ(1753年 - 1824年) - バイエルン公ヴィルヘルムと結婚。
  5. マクシミリアン・ヨーゼフ(1756年 - 1825年) - プファルツ=ツヴァイブリュッケン公、バイエルン選帝侯、バイエルン王

また、庶子カール・フリードリヒ・シュテファン(1767年 - 1834年)があり、後にシェーンフェルト男爵、オッティング伯爵に叙爵された。