フリードリヒ・ヴェルヴィッチュ

Friedrich Welwitsch

フリードリヒ・ヴェルヴィッチュドイツ語: Friedrich Martin Josef Welwitsch1806年2月25日1872年10月20日)は、オーストリア植物学者、探検家である。アンゴラの砂漠で、珍奇植物のウェルウィッチア(乾燥に適応するために、2枚だけの葉の気孔から大気中の湿気を吸収し、長い根によって地下水を吸い上げる植物)を発見したことで知られる。

略歴編集

ケルンテン公国のマリア・ザールの豊かな家に生まれた。父親はスロヴェニア系で、スロヴェニア語での姓はVelbičであるとされ、母親はドイツ系であることが知られている。父親は法律家で、息子に法律を学ぶことを望んだが、ウィーンで医学と植物学を学び、カルニオラ(現在のスロヴェニア地域)モラヴィアで医師として働くが、植物学に専念するために1839年に医師をやめ、オーストリアをでた。当時珍しい植物を取引するヴュルテンベルク植物協会の植物標本交換会(Unio Itineraria)があり、ポルトガルへ赴き、植物標本交換会にカナリア諸島マデイラ諸島などで採集した植物を送ることにより収入を得た。ポルトガル政府もヴェルヴィッチュに興味を持ち、1853年に当時、ポルトガル領のアンゴラへ派遣された。アンゴラのナミブ砂漠でウェルウィッチアを発見した。さらに、アメリカ大陸以外で初めて発見されたサボテンである、リプサリス(Rhipsalis baccifera)も発見した。

8年間のアンゴラにおける探検と採集を終えて1861年にポルトガルに戻ると、1863年によりよい研究環境を求めてイギリスに渡り、自然史博物館や王立植物園(キューガーデン)の援助を受けて採集した膨大な標本の分類作業を行った。著書に『アンゴラの菌類』("Fungi angolense":1868)と 『アンゴラの花環』("Sertum Angolense":1870年)がある。膨大な標本の大部分が火災で失われた後、ロンドンで没した。残された標本はポルトガル政府とイギリス自然史博物館で所有権が争われ、分け合う形で保有された。

著作編集

  • Beiträge zur kryptogamischen Flora Unterösterreichs. In: Beiträge zur Landeskunde Österreichs, vol.4, 1834.
  • Synopsis Nostochinearum Austriae inferioris. PhD Thesis, Vienna, 1836.
  • Genera Phycearum Lusitanae. (=Actas da Academia das Ciências de Lisboa), Lisbon 1850.
  • Apontamentos Fito-geograficos sobre a Flora da Província de Angola na Africa Equinocial. In: Anais do Conselho do Ultramarino de oct. 1858, Lisbon 1858.
  • Sinopse explicativa das amostras de Madeiras e drogas medicinais (...) coligidos na provincia de Angola, e enviados a Exposição Internacional de Londres 1862. Lisbon, 1862.
  • Sertum Angolense. In: Transactions of the Linnean Societyvol. XXII, London 1869.
  • Notizen über die Bryologie von Portugal. In: Flora, 1872.

参考文献編集

  • JSTORの記述
  • Strlič, Matija. "Dr. Friderik Velbič, 1806–1872". Proteus, the journal of the Natural Sciences Society of Slovenia. Year 61, No. 9/10 (pp. 396-404). ISSN 0033-1805.COBISS 11592237
  • Lloyd CG. (1907). "New notes on the Geasters". Mycological Notes 25: 315.
  • Wraber, Tone. "Prvi odkritelj Blagayevega volčina je bil (slovenski?) Korošec" [The first discoverer of Daphne blagayana was a (Slovene?) Carinthian]. Proteus, the journal of the Natural Sciences Society of Slovenia. Year 61, No. 9/10 (pp. 391). ISSN 0033-1805.COBISS 11588653
  • Hermann Th. Schneider, Streets and Squares in Klagenfurt, Klagenfurt, no year, p.253