フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)

ヴュルテンベルク王国初代国王

フリードリヒ1世Friedrich I. Wilhelm Karl von Württemberg1754年11月6日 - 1816年10月30日)は、ヴュルテンベルク王国初代国王(在位:1805年 - 1816年)。ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンとその妃フリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの長男としてリガ近郊で生まれた。

フリードリヒ1世
Friedrich I.
ヴュルテンベルク王
Seele-Friedrich I..jpg
フリードリヒ1世(ゼーレ画)
在位 ヴュルテンベルク公:
1797年12月23日 - 1803年2月25日
ヴュルテンベルク選帝侯:
1803年2月25日 - 1805年12月26日
ヴュルテンベルク王:
1805年12月26日 - 1816年10月30日
別号 ヴュルテンベルク公フリードリヒ3世
ヴュルテンベルク選帝侯

全名 フリードリヒ・ヴィルヘルム・カール・フォン・ヴュルテンベルク
出生 1754年11月6日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国トレプトウ
死去 (1816-10-30) 1816年10月30日(61歳没)
ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
埋葬 ヴュルテンベルク王国の旗 ヴュルテンベルク王国ルートヴィヒスブルクルートヴィヒスブルク宮殿
配偶者 アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
  シャルロッテ・アウグステ・フォン・グロスブリタニエン
子女 ヴィルヘルム1世
カタリーナ
ゾフィア
パウル
家名 Wuerttemberg Arms.svg ヴュルテンベルク家
父親 フリードリヒ2世オイゲン
母親 フリーデリケ・ドロテア・ゾフィア・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート
テンプレートを表示

家族編集

1780年10月15日アウグステブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの長女、1764年 - 1788年)と結婚。4子をもうけた。

アウグステと死別後、1797年イギリス王女シャーロットと再婚した。アウグステの母オーガスタ・オブ・ウェールズとシャーロットの父ジョージ3世は姉弟であり、2人の妃たちは従姉妹同士であった。子供はなかった。

フリードリヒ1世 (ヴュルテンベルク王)

1754年11月6日 - 1816年10月30日

ドイツの君主
先代
フリードリヒ2世オイゲン
ヴュルテンベルク公
1797年12月23日 – 1803年2月25日
空位
ヴュルテンベルク選帝侯国への昇格による称号の廃止
次代の在位者
空位
ヴュルテンベルク選帝侯国への昇格による称号の新設
最後の在位者
ヴュルテンベルク選帝侯
1803年2月25日 – 1805年12月26日
空位
ヴュルテンベルク王国への昇格による称号の廃止
次代の在位者
空位
ヴュルテンベルク王国への昇格による称号の新設
最後の在位者
ヴュルテンベルク王
1805年12月26日 – 1816年10月30日
次代
ヴィルヘルム1世