フリードリヒ2世 (マイセン辺境伯)

フリードリヒ2世Friedrich II., 1310年11月30日 - 1349年11月18日)は、マイセン辺境伯(在位:1323年 - 1349年)、テューリンゲン方伯(在位:同)。深刻伯der Ernsthafte)、痩身伯der Magere)とも呼ばれる。フリードリヒ1世とエリーザベト・フォン・アルンスハウクの子。

フリードリヒ2世
Friedrich II.
マイセン辺境伯
テューリンゲン方伯
Dresden Fürstenzug 084.JPG
マイセン辺境伯フリードリヒ1世、フリードリヒ2世、およびフリードリヒ3世
在位 1323年 - 1349年

出生 (1310-11-30) 1310年11月30日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
チューリンゲン方伯領、ゴータ
死去 (1349-11-18) 1349年11月18日(38歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
チューリンゲン方伯領、ヴァルトブルク
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Generieke vlag van Vlaanderen.svg マイセン辺境伯領、アルトツェラ修道院
配偶者 マティルデ・フォン・バイエルン
子女 一覧参照
家名 ヴェッティン家
父親 マイセン辺境伯フリードリヒ1世
母親 エリーザベト・フォン・アルンスハウク
テンプレートを表示

生涯編集

1323年に亡くなった父の後継者としてマイセン辺境伯とテューリンゲン方伯を母の後見の下で単独相続した。1329年の成人後は、家臣や親近者らと共に長年にわたりヴァイマール=オーラミュンデ伯やシュヴァルツブルク伯との戦い(テューリンゲン伯戦争)を展開した。

バイエルン公でもあった舅の神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の死後、義弟のバイエルン公ルートヴィヒ5世らバイエルン派はローマ王への推戴を示唆するが、フリードリヒ2世はその煮え切らない提案に不信感を覚えてこれを拒絶し、ルクセンブルク家カール4世に利する結果となった。フリードリヒ2世は領主権を強化し、カール4世はこれに危機感を募らせた。1348年の会談で両者は互いの領土資産を承認しあった。翌1349年11月18日にヴァルトブルクで亡くなった。

子女編集

1328年ニュルンベルクで結婚したルートヴィヒ4世の娘マティルデ(1309年 - 1346年)との間には、以下の9人の子供が生まれた。

先代:
フリードリヒ1世
マイセン辺境伯
1323年 - 1349年
次代:
フリードリヒ3世