フリードリヒ3世 (ドイツ王)

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1289年 - 1330年1月13日)は、ルドルフ1世から続く神聖ローマ帝国の5代目の非世襲ローマ王(ドイツ王:1314年 - 1330年[注釈 1]ハプスブルク家では3人目、ヴィッテルスバッハ家皇帝ルートヴィヒ4世の対立王、のち共治王。フリードリヒ美王(Friedrich der Schöne)と呼ばれる。オーストリア公としてフリードリヒ1世。ローマ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの次男。オーストリア公ルドルフ3世の弟、レオポルト1世アルブレヒト2世オットーの兄。

フリードリヒ3世
Friedrich III.
ローマ王
Friedrich der Schöne.jpg
在位 1314年 - 1330年(ローマ王)
戴冠式 1314年11月25日ボン
別号 オーストリア公

出生 1289年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ウィーン
死去 1330年1月13日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国、グーテンシュタイン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ウィーン
配偶者 エリーザベト・フォン・アラゴン
子女 フリードリヒ
エリーザベト
アンナ
家名 ハプスブルク家
王朝 ハプスブルク朝
父親 アルブレヒト1世
母親 エリーザベト・フォン・ケルンテン
テンプレートを表示

生涯編集

1313年ルクセンブルク家ハインリヒ7世が死んだ後、ヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ4世ルドルフ1世の外孫でフリードリヒの従兄にあたる)と皇帝位を争ったが、選挙でルートヴィヒ4世に敗れた。その後数年間、弟レオポルトの助けを得てルートヴィヒ4世と戦い、勝利を目前としたが、1322年9月、ミュールドルフ近辺の戦いで大敗し、多くの貴族と共に捕虜となった。1325年まで捕囚の身だったが、妥協が成立し、ルートヴィヒ4世がローマ皇帝およびイタリア王としてイタリアを治め、フリードリヒ3世がローマ王としてドイツを治めることになった。

1330年にフリードリヒが死去した後は、ルートヴィヒ4世の単独統治となった。以後、1438年に弟アルブレヒトの曾孫アルブレヒト5世がローマ王に選出されるまで100年余りの間、ハプスブルク家は王位から遠ざかることになった。

子女編集

1314年アラゴン王ハイメ2世の娘イサベル(エリーザベト)と結婚、1男2女をもうけた。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ローマ王は帝位の前提となった東フランク王位から改称された王号。現代から見れば実質ドイツ王だが、当時国家・地域・民族としてのドイツは成立途上である。またイタリアブルグントへの宗主権を備える。
先代:
アルブレヒト1世
オーストリア公
シュタイアーマルク公
1308年 - 1330年
レオポルト1世と共同統治
(1326年まで)
次代:
アルブレヒト2世
オットー