フリードリヒ (モーゼルガウ伯)

モーゼルガウ伯フリードリヒ(Friedrich von Luxemburg, Graf im Moselgau, 965年 - 1019年10月6日)は、ルクセンブルク伯ジークフリートとヘートヴィヒ・フォン・ノルトガウ(ノルトガウ伯エーバーハルト4世の娘)の間の息子[1]

フリードリヒ・フォン・ルクセンブルク
Friedrich von Loxemburg
モーゼルガウ伯

出生 965年
死去 1019年10月6日
配偶者 グライベルク女伯イルムトルート?
子女 ハインリヒ2世
フリードリヒ2世
ギゼルベルト
アダルベロ3世
ディートリヒ
ヘルマン
オトギファ
イミツァ
オダ
ギーゼラ
家名 アルデンヌ=ルクセンブルク家
父親 ルクセンブルク伯ジークフリート
母親 ヘートヴィヒ・フォン・ノルトガウ
テンプレートを表示

妻の名は不詳であるが、一説にはグライベルク女伯イルムトルート(コンラディン家のヴェッテラウ伯ヘリベルトの娘)ともいわれている。以下の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Jackman 2012, p. 27.
  2. ^ a b Robinson 2004, p. 102.
  3. ^ Nicholas 2013, p. 440.
  4. ^ Jackman 2012a, p. 4.
  5. ^ Freed 2016, p. 13.

参考文献編集

  • Freed, John B. (2016). Frederick Barbarossa: The Prince and the Myth. Yale University Press.
  • Jackman, Donald C. (2012). Studia Luxembourgensia. Editions Enplage.
  • Jackman, Donald C. (2012a). The Kleeberg Fragment of the Gleiberg County. Editions Enplage.
  • Nicholas, David M (2013). Medieval Flanders. Routledge.
  • Robinson, Ian, ed. (2004). The Papal Reform of the Eleventh Century: Lives of Pope Leo IX and Pope Gregory VII. Manchester University Press.