メインメニューを開く

フルオロカーボン (: fluorocarbon) とは、炭素-フッ素結合を持つ有機化合物の総称。化学反応がおきにくく、温度を変化させても安定である。炭化水素の水素原子を全てフッ素原子で置き換えたものはパーフルオロカーボンと呼ばれる。

冷蔵庫エアコンにおける冷媒や、精密電子部品の洗浄剤などとして用いられる。

家庭用冷蔵庫の冷媒として、1928年米国で開発された[1]

フルオロカーボンの2016年度日本国内生産量は 58,748 t、工業消費量は 55,245 t である[2]

主なフルオロカーボン編集

脚注編集

関連項目編集