メインメニューを開く
フルダーバードの門

フルダーバードマラーティー語:खुलताबाद, 英語:Khuldabad)は、インドマハーラーシュトラ州アウランガーバード県の都市。ムガル帝国の皇帝アウラングゼーブをはじめとする著名人、ならびにスーフィー聖者の墓が多数存在するから、「聖者の谷」とも呼ばれている。

目次

歴史編集

この地は数々のスーフィー聖者の墓が建てられ、言うなればイスラームの聖地ともいえる存在であった。

17世紀ムガル帝国の皇帝アウラングゼーブが「フルド・マカン」(Khuld-makan)という公文書を作成した。それにより、この地はフルダーバードと呼ばれるようになった。

1707年3月3日、アウラングゼーブがアフマドナガルで死亡すると、翌日にその遺体はフルダーバードにあるザイヌッディーン・シーラーズィーの墓のそばへと埋葬された。その墓は屋根のない白大理石の非常に質素なものである。

その数か月後、争いに敗れて死亡したアウラングゼーブの息子アーザム・シャーもまた、フルダーバードへと埋葬された。

1714年マラーター王国の王シャーフーは帝国への恭順の意を示すためにフルダーバードへ訪れ、アウラングゼーブの墓の前に膝眞づいた。

地理編集

ギャラリー編集

出典・脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集