フルンオランダ語: Groen)は、ベルギー政党。オランダ語(フラマン語)圏であるフランデレン地域を基盤とする環境政党緑の党)である。党名は「」の意味。

ベルギーの旗 ベルギー政党
フルン
Groen
Meyrem-almaci-1349265092.jpg
メイレム・アルマジ党首
党首 メイレム・アルマジ英語版
成立年月日 1982年(アハレフ)
2003年(フルン!)
2012年(フルン)
代議院議席数
8 / 150   (5%)
2019年5月26日
元老院議席数
4 / 60   (7%)
2019年5月26日
政治的思想・立場 緑の政治
国際組織 グローバルグリーンズ
欧州緑の党
公式サイト www.groen.be
テンプレートを表示

概要編集

1970年代の環境保護運動 アハレフAgalev)を源流とする。運動名は当初「別の生活を始める」(Anders Gaan Leven)の意味だったが、政党化するにあたって「別の仕事に行き、生活し、愛する」(Anders Gaan Arbeiden, Leven, En Vrijen)との意味になった。

1981年ベルギー連邦総選挙英語版で初めて国会入りした。その後、社会運動と区別するため1982年に独自に政党化した。1999年にはフラームス自由民主ヒー・フェルホフスタットが率いる連立政権第1次フェルホフスタット内閣英語版)に加わり、2名の大臣(消費者問題・公衆衛生・環境大臣、開発協力閣外大臣)を輩出した。

しかし2003年ベルギー連邦総選挙英語版では全議席を失う結果となった。これを機に党名を「フルン!Groen!)」に改めるなど党内改革を進め、2007年ベルギー連邦総選挙英語版では下院である代議院では150議席のうち4議席を獲得し、上院である元老院では71議席(王族を含まない)のうち2議席を確保した。

2009年には社会自由党英語版(Sociaal-Liberale Partij: SLP)を吸収合併した。

2010年ベルギー連邦総選挙英語版においては代議院で5議席を獲得した。各党は連立政権をなかなか形成できず(2010~2011年のベルギー政府英語版)、政局は混迷、ワロン系社会党のエリオ・ディルポ首相となるまで、535日を要したが、ディルポ政権には参加せず、野党となった。その後、2012年に党名から「!」を外し、現在の党名となった。

2014年ベルギー連邦総選挙英語版では代議院で6議席を獲得した。その後の政党間協議によってシャルル・ミシェルによる連立政権(ミシェル内閣)が誕生したが、フルンはこれに加わらず、野党に留まった。

2019年ベルギー連邦総選挙英語版では代議員で8議席を獲得した。その後の政党間協議は難航したが、選挙から16か月後にアレクサンダー・デ・クローを首班とするデ・クロー内閣が成立すると、連立与党(7党)に加わり、公共サービス・国営企業・電気通信・郵政大臣とエネルギー大臣を輩出した。

フランス語圏であるベルギー南部のワロン地域の環境政党「エコロ」とは密接な関係を保っており、代議院では統一会派を組んでいる。またヨーロッパ規模では欧州緑の党の、世界規模ではグローバルグリーンズのメンバーとなっている。

歴代党首編集

元々は党首を置いておらず、権限の弱い代表(Political Secretary)しかいなかったが、2003年の総選挙敗北後の党内改革で党首職を設置するようになった。

氏名 就任日 退任日
1 Vera Dua 2003年11月15日 2007年11月10日
2 Mieke Vogels 2007年11月10日 2009年10月25日
3 Wouter Van Besien 2009年10月25日 2014年11月15日
4 メイレム・アルマジ英語版(Meyrem_Almaci) 2014年11月15日

外部リンク編集